• ポートフォリオ機能


ポートフォリオを新規に作成して保存
既存のポートフォリオに追加保存

  • この表をプリントする
PDF PDFをダウンロード
審決分類 審判 査定不服 2項進歩性 特許、登録しない。 G02B
管理番号 1376396
審判番号 不服2020-12159  
総通号数 261 
発行国 日本国特許庁(JP) 
公報種別 特許審決公報 
発行日 2021-09-24 
種別 拒絶査定不服の審決 
審判請求日 2020-08-31 
確定日 2021-07-29 
事件の表示 特願2019- 43261「円偏光板および屈曲可能な表示装置」拒絶査定不服審判事件〔令和 1年 6月13日出願公開、特開2019- 91091〕について、次のとおり審決する。 
結論 本件審判の請求は、成り立たない。 
理由 第1 事案の概要
1 手続等の経緯
特願2019-43261号(以下「本件出願」という。)は、平成26年1月21日(先の出願に基づく優先権主張 平成25年2月7日)に出願された特願2014-8568号の一部を平成31年3月11日に新たな特許出願としたものであって、その手続等の経緯の概要は、以下のとおりである。

令和2年 3月 4日付け:拒絶理由通知書
令和2年 4月30日付け:意見書
令和2年 4月30日付け:手続補正書
令和2年 5月21日付け:拒絶査定(以下「原査定」という。)
令和2年 8月31日付け:審判請求書
令和2年 8月31日付け:手続補正書

2 本願発明
本件出願の請求項1?請求項3に係る発明は、令和2年8月31日にした手続補正後の特許請求の範囲の請求項1?請求項3に記載された事項によって特定されるとおりのものであるところ、その請求項1に係る発明(以下「本願発明」という。)、次のものである。

「 円偏光板を備える屈曲可能な表示装置であって、該円偏光板は、
偏光子と、該偏光子の一方の側に配置された位相差フィルムとを備え、
該位相差フィルムの面内位相差が、Re(450)<Re(550)<Re(650)の関係を満たし、
該位相差フィルムの遅相軸方向が該表示装置の屈曲方向に対して20°?70°の角度を規定するように調整されており、
該位相差フィルムが、ポリカーボネート樹脂またはポリビニルアセタール樹脂から形成され、
該位相差フィルムの光弾性係数の絶対値が、2×10^(-12)(m^(2)/N)以上であり、
表示装置の屈曲方向が、長手方向または長手方向に直交する方向であり、
屈曲状態に拘束する状態が解かれた状態において、曲率半径5mm?15mmのいずれかの曲率半径で屈曲させ、25℃、湿度50%の環境で24時間保持した後の屈曲部分と平坦部分の面内位相差値の差が2nm以下である、
表示装置。」
(当合議体注:令和2年8月31日付け手続き補正書による補正は、特許法第17条の2第5項第1号に規定する「請求項の削除」を目的とするものである。)

3 原査定の理由
原査定の拒絶の理由は、概略、本願発明は、先の出願前に日本国内又は外国において、頒布された刊行物に記載された発明又は電気通信回線を通じて公衆に利用可能となった発明に基づいて、先の出願前にその発明の属する技術の分野における通常の知識を有する者(以下「当業者」という。)が容易に発明をすることができたものであるから、特許法29条2項の規定により特許を受けることができない、という理由を含む。
引用文献2:米国特許出願公開第2012/0037928号明細書
引用文献3:特開2012-134117号公報
引用文献4:国際公開第2012/077663号
(当合議体注:引用文献2が主引用例である。引用文献3及び引用文献4は、周知技術を示すために例示されたものである。)

第2 当合議体の判断
1 引用文献の記載及び引用発明
(1) 引用文献2の記載
原査定の拒絶の理由において引用された米国特許出願公開第2012/0037928号明細書(引用文献2)は、先の出願前に日本国内又は外国において頒布された刊行物であるところ、そこには、以下の記載がある。なお、下線は当合議体が付したものであり、引用発明の認定や判断等に活用した箇所を示す。

ア 「[0002] 1. Field
[0003] Provided are anti-reflection films for a foldable display device and foldable display devices employing the same, and more particularly, anti-reflection films that are sufficiently flexible to be applied to a foldable display device and foldable display devices employing the same.」
(日本語訳)
「[0002] 1.技術分野
[0003] 折り畳み可能な表示装置のための反射防止フィルム、及びそれを使用する折り畳み可能な表示装置、並びに、より具体的には、折り畳み可能な表示装置に適用されるように、十分に可撓性を有する反射防止フィルム、及びそれを使用する折り畳み可能な表示装置が提供される。」

イ 「[0004] 2. Description of the Related Art
[0005] Generally, when there is external light, the external light is reflected or scattered on an image displaying surface of a general display device, and thus visibility of an image displayed on the display device decreases. Therefore, such a problem of scattering or reflection needs to be resolved. Especially, along with the developments in mobile devices, such as mobile phones, personal digital assistants ("PDAs"), laptops, or the like, display devices are more frequently used in the outside environment with abundant external light. Therefore, a need to resolve such a problem is increasing.
[0006] Various suggestions have been made to resolve scattering/reflection of external light as stated above. For example, in the case of an organic light-emitting diode ("OLED") display device, a method of attaching an anti-reflection film on the image displaying surface of the OLED display device is generally used. Anti-reflection films of various structures are being developed. Such an anti-reflection films may absorb light reflected/scattered on the image displaying surface of a display device and transmit only the image displayed on the display device. Therefore, images displayed by a display device may be viewed more clearly.
[0007] Along with the developments in organic light emitting materials and bendable organic transistors, portable display devices that may be folded or rolled are being commercialized. For example, various foldable display devices mainly employing an OLED are being developed. It is necessary to attach anti-reflection films as stated above to the foldable display devices. However, materials for anti-reflection films developed hitherto are relatively weak to bending, and thus anti-reflection films may be damaged by repeatedly folding and unfolding the foldable display devices. For example, anti-reflection films generally employ tri-acetyl cellulose for a protective film and elongated polycarbonate ("PC") for a light phase delay film, where such materials are hard materials and are easily broken when bent.
(日本語訳)
「[0004] 2.関連技術の説明
[0005] 一般に、外光がある場合、一般的な表示装置の画像表示面では、外光が反射または散乱して、表示装置に表示される画像の視認性が低下する。したがって、このような散乱や反射の問題を解決する必要がある。特に、携帯電話、携帯情報端末(「PDAs」)、ラップトップ等のモバイルデバイスの発展に伴い、表示装置は、外光の多い屋外環境で使用されることが多くなってきている。そのため、このような問題を解決する必要性が高まっている。
[0006] 上記のような外光の散乱/反射を解消するために、様々な提案がなされている。例えば、有機発光ダイオード(「OELD」)表示装置の場合、OELD表示装置の画像表示面に反射防止フィルムを貼り付ける方法が一般的に用いられている。様々な構造の反射防止フィルムが開発されている。このような反射防止フィルムは、表示装置の画像表示面で反射/散乱された光を吸収し、表示装置に表示された画像のみを透過させることができる。したがって、表示装置により表示された画像をより鮮明に見ることができる。
[0007] 有機発光材料や折り曲げ可能な有機トランジスタの開発に伴い、折り畳み可能またはロール状にできる携帯型表示装置が実用化されている。例えば、OLEDを主に用いた様々な折り畳み可能な表示装置が開発されている。このような折り畳み可能な表示装置には、上述したような反射防止フィルムを貼り付ける必要がある。しかしながら、これまでに開発された反射防止フィルムの材料は、比較的曲げに弱いため、折り畳み可能な表示装置の折り畳みと展開を繰り返すことにより、反射防止フィルムが破損する可能性がある。例えば、反射防止フィルムは、保護フィルムにはトリアセチルセルロース、光位相遅延フィルムには延伸されたポリカーボネート(「PC」)を採用するのが一般的であるが、このような材料は硬い材料であり、折り曲げたときに破損しやすい。」

ウ 「 SUMMARY
[0008] Provided are anti-reflection films that are sufficiently flexible to be applied to a foldable display device.
[0009] Provided are foldable display devices employing the same.
・・・略・・・
[0011] Provided is an anti-reflection film including a light phase delay film which changes phase of incident light, a polarizing film which is arranged on the light phase delay film and only transmits light with a polarization component in a particular direction, and a protective film which is arranged on the polarizing film to protect the polarizing film. The light phase delay film, the polarizing film, and the protective film include flexible materials.
・・・略・・・
[0015] In an embodiment, it may be possible to bend or curve the anti-reflection film around a folding axis, and the elongation direction of the PVA film may be perpendicular to an elongation direction of the folding axis.
・・・略・・・
[0019] Provided is a foldable display device includes a foldable display panel, and an anti-reflection film which is attached on an image displaying surface of the foldable display panel and prevents scattering/reflection of external light. The anti-reflection film includes a light phase delay film which changes phase of incident light, a polarizing film which is arranged on the light phase delay film and only transmits light with a polarization component in a particular direction, and a protective film which is arranged on the polarizing film to protect the polarizing film. The light phase delay film, the polarizing film, and the protective film include flexible materials.
[0020] In an embodiment, the foldable display panel may be an organic light-emitting diode ("OLED") panel.
[0021] In an embodiment, the light phase delay film of the anti-reflection film may be arranged close to the image displaying surface of the foldable display panel, and the protective film may be arranged away from the image displaying surface of the foldable display panel.」
(日本語訳)
「 概要
[0008] 折り畳み可能な表示装置に適用可能な十分な可撓性を有する反射防止フィルムが提供される。
[0009] 上記反射防止フィルムを採用した折り畳み可能な表示装置が提供される。
・・・略・・・
[0011] 入射光の位相を変化させる光位相遅延フィルムと、光位相遅延フィルム上に配置され、偏光成分を有する光を特定の方向にのみ透過させる偏光フィルムと、偏光フィルム上に配置され、偏光フィルムを保護する保護フィルムとを含む、反射防止フィルムが提供される。光位相遅延フィルム、偏光フィルム、保護フィルムは可撓性材料を含んでいる。
・・・略・・・
[0015] 一実施形態では、折り曲げ軸を中心に、反射防止フィルムを折り曲げまたは湾曲させることが可能な場合があり、PVAフィルムの延伸方向は、折り曲げ軸の伸長方向に対して垂直であってもよい。
・・・略・・・
[0019] 折り畳み可能な表示装置であって、折り畳み可能な表示パネルと、折り畳み可能な表示パネルの画像表示面に貼り付けられ、外光の散乱/反射を防止する反射防止フィルムとを含んでいる、折り畳み可能な表示装置が提供される。反射防止フィルムは、入射光の位相を変化させる光位相遅延フィルムと、光位相遅延フィルム上に配置され、偏光成分を有する光を特定の方向にのみ透過させるに偏光フィルムと、偏光フィルム上に配置され、偏光フィルムを保護する保護フィルムとを含んでいる。光位相遅延フィルム、偏光フィルム及び保護フィルムは可撓性材料を含んでいる。
[0020] 一実施形態では、折り畳み可能な表示パネルは、有機発光ダイオード(「OLED」)パネルであってもよい。
[0021] 一実施形態では、反射防止フィルムの光位相遅延フィルムは、折り畳み可能な表示パネルの画像表示面に近接して配置されてもよく、保護フィルムは、折り畳み可能な表示パネルの画像表示面から離れて配置されていてもよい。」

エ 「 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS
[0022]
・・・略・・・
[0023] FIG. 1 schematically shows an embodiment of an anti-reflection film according to the present invention;
[0024] FIG. 2 shows an embodiment where the anti-reflection film shown in FIG. 1 is applied to a foldable display device;
[0025] FIG. 3 is a diagram for describing the principle that scattered/reflected lights are blocked when the anti-reflection film shown in FIG. 1 according to the present invention, is attached to the foldable display device as shown in FIG. 2;
[0026] FIG. 4 shows an example of relationships between directions of elongating a material of a polarizing film of the anti-reflection film as shown in FIG. 1, and a folding axis of the anti-reflection film」
(日本語訳)
「 図面の簡単な説明
[0022]
・・・略・・・
[0023] 図1は、本発明による反射防止フィルムの実施形態を概略的に示す。
[0024] 図2は、図1に示した反射防止フィルムを折り畳み可能な表示装置に適用した一実施形態を示す。
[0025] 図3は、本発明に従って図1に示した反射防止フィルムを図2に示した折り畳み可能な表示装置に貼り付けた場合に、散乱光/反射光が遮断される原理を説明するための概略図である。
[0026] 図4は、図1に示す反射防止フィルムの偏光フィルムの材料を延伸する方向と反射防止フィルムの折り曲げ軸との関係の一例を示す。」

オ 「 DETAILED DESCRIPTION
[0029] Reference will now be made in detail to embodiments, examples of which are illustrated in the accompanying drawings, wherein like reference numerals refer to the like elements throughout.
・・・略・・・
[0032] ・・・略・・・The device may be otherwise oriented (rotated 90 degrees or at other orientations) and the spatially relative descriptors used herein interpreted accordingly.
[0033]
・・・略・・・
[0036] ・・・略・・・The use of any and all examples, or exemplary language (e.g., "such as"), is intended merely to better illustrate the invention and does not pose a limitation on the scope of the invention unless otherwise claimed. No language in the specification should be construed as indicating any non-claimed element as essential to the practice of the invention as used herein.
[0037] Hereinafter, the invention will be described in detail with reference to the accompanying drawings.
[0038] FIG. 1 schematically shows an embodiment of an anti-reflection film 30 according to an embodiment of the present invention. Referring to FIG. 1, the anti-reflection film 30 according to the present invention may include a light phase delay film 31, a polarizing film 32, and a protective film 33 directly on a release film 20 in the order stated. The release film 20 includes a resin material, such as a tetrafluoroethylene ("TFE"). The release film 20 may effectively function as a substrate. When the completed anti-reflection film 30 is attached to an image displaying surface of a display device, the release film 20 may be removed. Alternatively, if the release film 20 includes a material with light transmittance and flexibility, the release film 20 may remain attached to the image displaying surface of a display device.
[0039] The light phase delay film 31 may be formed by elongating a soft material, such as cyclo-olefin polymer ("COP"), in a direction, for example. When a COP film is elongated in a direction, polymers therein acquire directivity, and thus the elongated COP film has optical characteristics similar to that of a double refractive crystal. In other words, from light incident to the elongated COP film, light with a first polarization component, which is parallel to the direction in which the polymers are aligned, and light with a second polarization component, which is perpendicular to the direction in which the polymers are aligned, travel within the elongated COP film at different velocities. Therefore, the phase of the light with a first polarization component and the phase of the light with a second polarization component gradually differ from each other as the lights travel within the elongated COP film.
[0040] As a result of the phase of the light with a first polarization component and the phase of the light with a second polarization component gradually differing from each other as the lights travel within the elongated COP film, when the lights escape from the elongated COP film, there is a phase difference formed between the phase of the light with a first polarization component and the phase of the light with a second polarization component. Therefore, when light polarized in a direction at an angle to the direction in which the polymers are aligned (that is, the direction in which the COP film is elongated) travels in the COP film and escapes from the COP film, the polarization state of the light may be changed from the original state.
[0041] The phase difference between the light with the first polarization component and the light with the second polarization component may determined by a thickness and a degree of elongation of the light phase delay film 31. According to embodiments of the present invention, the thickness and the degree of elongation of the light phase delay film 31 may be selected such that the phase difference is λ/4 (λ is the wavelength of incident light), for example. Therefore, the light phase delay film 31 may function as a quarter-wave plate.
[0042] The polarizing film 32 may be formed by elongating a soft material, such as polyvinyl alcohol ("PVA"), in a direction. In one embodiment, for example, when a PVA film is sufficiently elongated in an iodine solution, iodine molecules may be aligned on the surfaces of the PVA film in the direction in which the PVA film is elongated. Since iodine molecules are dichroic, the iodine molecules may absorb light with a polarization component oscillating in the direction at which the PVA film is elongated and may transmit light with a polarization component oscillating in a direction perpendicular to the direction at which the PVA film is elongated. The surfaces of the PVA film may be dyed with other dichroic dyes instead of iodine.
[0043] Since PVA is water-soluble and flammable, PVA may be easily deteriorated by moisture and oxygen in the air. Furthermore, since PVA has relatively weak mechanical strength, PVA may be easily damaged by external impact. Therefore, to protect the polarizing film 32, the protective film 33 may further be disposed directly on the polarizing film 32. In one embodiment, for example, the protective film 33 may include a flexible material with excellent water resistance and light transmittance and no double refractivity, e.g., a COP film or a polyethylene terephthalate ("PET") film that is not elongated. The reason of using a material with no double refractivity is that changes in polarization due to double refractivity may affect the performance of the antireflection film 30. Any of various materials having properties as stated above may be used to form the protective film 33, excluding a COP film or a PET film.
[0044] As described above, in the embodiment of the antireflection film 30 according to the present invention, all of the light phase delay film 31, the polarizing film 32, and the protective film 33 include materials with flexibility and softness. As a result, the anti-reflection film 30 shown in FIG. 1 receives a relatively small amount stress from repetitive folding and unfolding, and thus the anti-reflection film 30 is not easily damaged and no mark of folding the anti-reflection film 30 may remain. Therefore, the anti-reflection film 30 may be used for anti-reflection of a foldable display device that may be folded or rolled.
[0045] FIG. 2 shows an embodiment where the anti-reflection film 30 shown in FIG. 1 is applied to a foldable display device 100. Referring to FIG. 2, the foldable display device 100 may include a foldable display panel 50, such as an organic light-emitting diode ("OLED") panel, and the antireflection film 30, which is directly attached to an image displaying surface of the foldable display panel 50. According to an embodiment of the present invention, with respect to the image displaying surface of the foldable display panel 50, the light phase delay film 31 is close to the image displaying surface of the foldable display panel 50, and the protective film 33 is far from the image displaying surface of the foldable display panel 50. That is, the light phase delay film 31 is directly on and contacting the image displaying surface of the foldable display panel 50.
[0046] ・・・略・・・As described above, by using the anti-reflection film 30 which may be folded without being damaged, the foldable display device 100 may display clear images even in an outside environment with abundant external light. Furthermore, the foldable display device 10 may be bent or folded without risk of damaging the anti-reflection film 30.
(日本語訳)
「 【発明の詳細な説明】
[0029] ここで、添付の図面にその実施例が示されている実施形態を詳細に参照する。ここでは、同様の参照数字は、全体を通して同様の要素を指している。
・・・略・・・・
[0032]・・・略・・・装置は、他の配向(90度回転または他の向き)であってもよく、本明細書で使用される空間的に相対的な記述子は、それに応じて解釈してもよい。
[0033]
・・・略・・・
[0036]・・・略・・・任意の及び全ての具体例、または例示的な文言(例えば、「など」)の使用は、単に本発明をより良く例示することを意図しており、別段の主張がない限り、本発明の範囲に制限を与えるものではない。明細書中のいかなる文言も、本明細書で使用される本発明の実施に不可欠なものとして、特許請求されていない要素を示すものと解釈されるべきではない。
[0037] 以下、添付図面を参照して本発明を詳細に説明する。
[0038] 図1は、本発明の一実施形態による反射防止フィルム30の一実施形態を概略的に示す。図1を参照すると、本発明による反射防止フィルム30は、光位相遅延フィルム31、偏光フィルム32及び保護フィルム33を、この順序で、離型フィルム20上に直接含んでもよい。離型フィルム20は、例えばテトラフルオロエチレン(「TFE」)などの樹脂材料を含んでいる。離型フィルム20は、効率的に基板として機能することができる。完成した反射防止フィルム30が表示装置の画像表示面に貼り付けられる時、離型フィルム20は除去されてもよい。あるいは、離型フィルム20が光透過性及び可撓性を有する材料を含む場合、離型フィルム20は、表示装置の画像表示面に貼り付けられたままであってもよい。
[0039] 光位相遅延フィルム31は、例えば、軟質材料、例えばシクロオレフィンポリマー(「COP」)など、を1つの方向に延伸させて形成してもよい。COPフィルムが1方向に延伸されると、そこに含まれるポリマーは配向性を獲得するため、延伸されたCOPフィルムは、複屈折性結晶と同様の光学特性を有する。すなわち、延伸されたCOPフィルムに入射した光から、ポリマーが配向する方向に平行な第1の偏光成分を持つ光と、ポリマーが配向する方向に垂直な第2の偏光成分を持つ光は、異なる速度で延伸されたCOPフィルム内を移動する。したがって、第1の偏光成分を有する光の位相と第2の偏光成分を有する光の位相は、光が延伸されたCOPフィルム内を移動するにつれて、互いに徐々に異なっていく。
[0040] 第1の偏光成分を有する光の位相と第2の偏光成分を有する光の位相が、光が延伸されたCOPフィルム内を移動するにつれて徐々に互いに異なることとなる結果として、光が延伸されたCOPフィルムから脱出する際には、第1の偏光成分を有する光の位相と第2の偏光成分を有する光の位相との間に位相差が形成される。そのため、ポリマーが配向される方向(すなわち、COPフィルムが伸長する方向)に対してある角度をなして1つの方向に偏光した光が、COPフィルム内を進行し、COPフィルムから脱出する際に、光の偏光状態が最初の状態から変化する場合がある。
[0041] 第1の偏光成分を有する光と第2の偏光成分を有する光との位相差は、光位相遅延フィルム31の厚さと延伸の程度によって決定されてもよい。本発明の実施形態によれば、光位相遅延フィルム31の厚さ及び延伸の程度は、位相差がλ/4(λは入射光の波長)となるように選択されてもよい。したがって、光位相遅延フィルム31は、1/4波長板として機能してもよい。
[0042] 偏光フィルム32は、軟質材料、例えばポリビニルアルコール(「PVA」)など、を1つの方向に延伸することによって形成されてもよい。一実施形態では、例えば、PVAフィルムがヨウ素溶液中で十分に延伸されると、ヨウ素分子は、PVAフィルムが延伸される方向にPVAフィルムの表面上に整列する場合がある。ヨウ素分子は二色性であるため、ヨウ素分子は、PVAフィルムが延伸される方向に振動する偏光成分により光を吸収し、PVAフィルムが延伸される方向と直交する方向に振動する偏光成分により光を透過してもよい。PVAフィルムの表面は、ヨウ素の代わりに他の二色性染料で染色されていてもよい。
[0043] PVAは水溶性で可燃性であるため、空気中の水分や酸素によって劣化しやすい。さらに、PVAは機械的強度が比較的弱いため、外部からの衝撃により破損しやすい場合がある。したがって、偏光フィルム32を保護するために、保護フィルム33が、さらに、偏光フィルム32上に直接配置されてもよい。一実施形態では、例えば、保護フィルム33は、耐水性及び光透過性に優れ、かつ複屈折性を有さない可撓性材料、例えば、COPフィルムまたはポリエチレンテレフタレート(「PET」)フィルムであって、延伸されていないもの、を含んでもよい。複屈折性のない材料を用いる理由は、複屈折性による偏光の変化が反射防止フィルム30の性能に影響を与える可能性があるためである。COPフィルムまたはPETフィルム以外の上述の特性を有する様々な材料のいずれも保護フィルム33を形成するのに使用してもよい。
[0044] 以上のように、本発明による反射防止フィルム30の実施形態では、光位相遅延フィルム31、偏光フィルム32、保護フィルム33の全てが可撓性と軟質性とを有する材料を含んでいる。その結果として、図1に示す反射防止フィルム30は、折り畳みと展開とを繰り返すことに伴い、比較的少量の応力を受け、反射防止フィルム30が破損しにくく、反射防止フィルム30を折り畳んだ跡が残らないであろう。したがって、反射防止フィルム30は、折り畳み可能またはロール状にできる折り畳み可能な表示装置の反射防止に用いることができる。
[0045] 図2は、図1に示した反射防止フィルム30が折り畳み可能な表示装置100に適用される実施形態を示す。図2を参照すると、折り畳み可能な表示装置100は、有機発光ダイオード(OLED)パネルのような折り畳み可能な表示パネル50と、折り畳み可能な表示パネル50の画像表示面に直接貼り付けられる反射防止フィルム30とを含んでいてもよい。本発明の一実施形態によれば、折り畳み可能な表示パネル50の画像表示面に対して、光位相遅延フィルム31は折り畳み可能な表示パネル50の画像表示面に近く、保護フィルム33は折り畳み可能な表示パネル50の画像表示面から離れている。すなわち、光位相遅延フィルム31は、折り畳み可能な表示パネル50の画像表示面に直接、接触している。
[0046] ・・・略・・・以上のように、破損することなく折り畳むことができる反射防止フィルム30を用いることで、折り畳み可能な表示装置100は、外光の多い屋外環境であっても鮮明な画像を表示することができる。さらに、折り畳み可能な表示装置100は、反射防止フィルム30を破損するおそれなく折り曲げや折り畳みが可能である。」

カ 「[0047] FIG. 3 is a diagram for describing the principle that scattered/reflected lights are blocked when the anti-reflection film 30 shown in FIG. 1 according to the present invention, is attached to the foldable display device 100 as shown in FIG. 2. FIG. 3 only shows the light phase delay film 31 and the polarizing film 32 of the anti-reflection film 30 for convenience of description. Referring to FIG. 3, external light, which is externally incident to the anti-reflection film 30 (indicated by the downward outlined arrow), becomes a linearly polarized light ( double headed horizontal arrow) having a polarization component in a particular direction as the light passes through the polarizing film 32. Next, the linearly polarized light passes through the light phase delay film 31. As described above, the light phase delay film 31 functions as a ? wavelength plate. Therefore, linear polarization is changed to circular polarization as the light passes through the light phase delay film 31. Next, as the circularly polarized light is reflected by a reflection plate 10 (indicated by the upward outlined arrow), the direction of polarization is reversed (double headed vertical arrow). In embodiments, for example, left-circular polarization is changed to right-circular polarization, or vice versa. Although simply shown as the reflection plate 10 in FIG. 3, the reflection plate 10 may be equivalent to the image displaying surface of the foldable display panel 50 or a reflective electrode (not shown) within the foldable display panel 50.
[0048] The circularly polarized light, of which the direction of polarization is reversed as the circularly polarized light is reflected by the reflection plate 10, is changed to a linearly polarized light as the circularly polarized light passes through the light phase delay film 31 again. Here, the direction of polarization of the linearly polarized light is perpendicular to the direction in which the light was initially polarized after the light has passed through the polarizing film 32. Therefore, light, which is reflected by the reflection plate 10 and has passed through the light phase delay film 31, cannot pass through the polarizing film 32 and is absorbed thereby. As a result, light externally incident to the anti-reflection film 30 cannot escape to the outside through the anti-reflection film 30. On the contrary, light incident to the anti-reflection film 30 from a display panel below the anti-reflection film 30 may pass through the anti-reflection film 30. Therefore, a viewer may view clear images from which an external light component is removed.」
(日本語訳)
「[0047] 図3は、本発明に従って図1に示した反射防止フィルム30を図2に示した折り畳み可能な表示装置100に貼り付けた場合に、散乱光/反射光が遮断される原理を説明するための概略図である。なお、図3では、説明の便宜上、反射防止フィルム30の光位相遅延フィルム31と偏光フィルム32のみを示している。図3を参照して、反射防止フィルム30に外部から入射した外光(下向きの概略矢印で示す)は、その光が偏光フィルム32を通過することにより、特定の方向に偏光成分を有する直線偏光(横方向の二重頭矢印)となる。次に、直線偏光は、光位相遅延フィルム31を通過する。上述したように、光位相遅延フィルム31は、1/4波長板として機能する。したがって、光が光位相遅延フィルム31を通過することにより、直線偏光が円偏光に変化する。次に、円偏光した光が反射板10で反射されると(上向きのアウトライン矢印で示される)、偏光の方向が逆になる(二重頭の縦方向矢印)。実施形態では、例えば、左円偏光が右円偏光に変更されるか、またはその逆である。次に、円偏光した光が反射板10で反射されると(上向きのアウトライン矢印で示される)、偏光の方向が逆になる(縦方向の二重頭矢印)。実施形態では、例えば、左円偏光が右円偏光に変更されるか、またはその逆である。図3では単に反射板10として示されているが、反射板10は、折り畳み可能な表示パネル50の画像表示面に相当するものであってもよいし、折り畳み可能な表示パネル50内の反射電極(図示せず)に相当するものであってもよい。
[0048] 円偏光が反射板10で反射されることにより偏光方向が逆になる円偏光は、円偏光が再び光位相遅延フィルム31を通過することにより、直線偏光に変化する。ここで、直線偏光光の偏光方向は、光が偏光フィルム32を通過した後、光が最初に偏光していた方向と直交する。したがって、反射板10で反射されて光位相遅延フィルム31を通過した光は、偏光フィルム32を通過することができず、それによって吸収される。その結果、反射防止フィルム30に外部から入射した光は、反射防止フィルム30を介して外部に脱出することができない。逆に、反射防止フィルム30の下方の表示パネルから反射防止フィルム30に入射した光は、反射防止フィルム30を透過することができる。したがって、視聴者は、外光成分が除去された鮮明な画像を見ることができる。」

キ 「[0049] Also, according to an embodiment of the present invention, the possibilities that the polarizing film 32 is damaged or deformed may further be reduced by suitably selecting a direction of elongating a material of the polarizing film 32, such as PVA. FIG. 4 shows an example of relationships between directions of elongating a material of the polarizing film 32 and a folding axis of the anti-reflection film 30 ( or, the folding axis of the foldable display device 100). The left side of FIG. 4 shows a folding axis of the anti-reflection film 30 in a vertical direction. As shown in the left side of FIG. 4, the anti-reflection film 30 employed in the foldable display device 100 may be bent or curved around the vertical folding axis. Furthermore, the right side of FIG. 4 shows that the direction of elongating a material of the polarizing film 32 is a horizontal direction.
[0050] As shown in FIG. 4, in the case where the direction of the folding axis of the anti-reflection film 30 and the direction in which the material of the polarizing film 32 is elongated are perpendicular to each other, stress on the polarizing film 32 when the polarizing film 32 is folded is further reduced. Therefore, the polarizing film 32 may perform its functions without being damaged or deformed even if the polarizing film 32 is repeatedly folded and unfolded for a long period of time. According to an experiment, in the case where the direction of the folding axis of the anti-reflection film 30 and the direction in which the material of the polarizing film 32 is elongated are perpendicular to each other, the polarizing film 32 was not damaged after the polarizing film 32 was folded and unfolded for about 60,000 times.」
(日本語訳)
「[0049] さらに、本発明の一実施形態によれば、偏光フィルム32の材料、例えばPVAを延伸する方向を好適に選択することにより、偏光フィルム32が破損または変形する可能性をさらに低減することができる。図4は、偏光フィルム32の材料を延伸する方向と、反射防止フィルム30の折り曲げ軸(すなわち、折り畳み可能な表示装置100の折り曲げ軸)との関係の一例を示す図である。図4の左側には、反射防止フィルム30の折り曲げ軸を垂直方向に示している。図4の左側に示すように、折り畳み可能な表示装置100に採用される反射防止フィルム30は、垂直方向の折り曲げ軸を中心に折り曲げまたは湾曲可能である。さらに、図4の右側に示すように、偏光フィルム32の材料を延伸する方向は、水平方向である。
[0050] 図4に示すように、反射防止フィルム30の折り曲げ軸の方向と偏光フィルム32の材料が延伸される方向が互いに直交する場合には、偏光フィルム32が折り畳まれる際に偏光フィルム32にかかる応力がさらに低減される。したがって、偏光フィルム32の折り畳みと展開とを長期間繰り返しても、偏光フィルム32が破損したり変形したりすることなく、偏光フィルム32の機能を発揮することができる。また、実験によれば、反射防止フィルム30の折り曲げ軸の方向と偏光フィルム32の材料が延伸される方向が互いに直交する場合には、偏光フィルム32の折り曲げと展開とを約6万回繰り返しても、偏光フィルム32は破損しなかった。」

ク 「 What is claimed is:
1. An anti-reflection film comprising:
a light phase delay film which changes a phase of incident light;
a polarizing film on the light phase delay film, wherein the polarizing film only transmits light with a polarization component in a particular direction; and
a protective film on the polarizing film, wherein the protective film protects the polarizing film,
wherein the light phase delay film, the polarizing film, and the protective film comprise flexible materials.
2. The anti-reflection film of claim 1, wherein the light phase delay film comprises an elongated cyclo-olefin polymer film with an elongation direction.
・・・略・・・
9. A foldable display device comprising:
a foldable display panel; and
an anti-reflection film on an image displaying surface of the foldable display panel, wherein the anti-reflection film prevents scattering/reflection of external light,
wherein the anti-reflection film comprises:
a light phase delay film which changes a phase of incident light;
a polarizing film on the light phase delay film, wherein the polarizing film only transmits light with a polarization component in a particular direction; and
a protective film on the polarizing film, wherein the protective film protects the polarizing film, and the light phase delay film, the polarizing film, and the protective film comprise flexible materials.
・・・略・・・
12. The foldable display device of claim 9, wherein the light phase delay film comprises an elongated cyclo-olefin polymer film with an elongation direction.」
(日本語訳)
「 特許請求の範囲
1. 反射防止フィルムであって、
入射光の位相を変化させる光位相遅延フィルムと、前記光位相遅延フィルム上に偏光フィルムとを備え、前記偏光フィルムは、偏光成分を有する光を特定の方向にのみ透過させ、前記反射防止フィルムは、さらに前記偏光フィルム上に保護フィルムを備え、前記保護フィルムは前記偏光フィルムを保護し、前記光位相遅延フィルム、前記偏光フィルム及び前記保護フィルムは可撓性材料を備えている、反射防止フィルム。
2. 請求項1に記載の反射防止フィルムであって、前記光位相遅延フィルムは、延伸方向に延伸されたシクロオレフィンポリマーフィルムを備えている、フィルム。
・・・略・・・
9. 折り畳み可能な表示装置であって、折り畳み可能な表示パネルと、前記折り畳み可能な表示パネルの画像表示面上の反射防止フィルムとを備え、前記反射防止フィルムは、外光の散乱/反射を防止し、前記反射防止フィルムは、入射光の位相を変化させる光位相遅延フィルムと、前記光位相遅延フィルム上の偏光フィルムとを備え、前記偏光フィルムは、偏光成分を有する光を特定の方向にのみ透過させ、前記反射防止フィルムは、さらに前記偏光フィルム上に保護フィルムを備え、前記保護フィルムは前記偏光フィルムを保護し、前記光位相遅延フィルム、前記偏光フィルム及び前記保護フィルムは可撓性材料を備えている、表示装置。
・・・略・・・
12. 請求項9に記載の折り畳み可能な表示装置であって、前記光位相遅延フィルムは、延伸方向に延伸させたシクロオレフィンポリマーフィルムを備えている、表示装置。」

ケ 「FIG.1



コ 「FIG.2



サ 「FIG.3



シ 「FIG.4



(2) 引用発明
ア 引用文献2でいう「発明」は、「折り畳み可能な表示装置に適用されるように、十分に可撓性を有する反射防止フィルム」及び「それを使用する折り畳み可能な表示装置」である([0003]、[0008]及び[0009]等)。

イ 引用文献2の[0038]には、「図1」とともに、「本発明の一実施形態による反射防止フィルム30」として、「反射防止フィルム30」が「光位相遅延フィルム31、偏光フィルム32及び保護フィルム33を、この順序で、離型フィルム20上に直接含」むものが記載されている。
また、引用文献2の[0039]?[0041]、[0043]及び[0044]には、「光位相遅延フィルム31、偏光フィルム32及び保護フィルム33」が、それぞれ記載・説明され、[0044]には、「本発明による反射防止フィルム30の実施形態では、光位相遅延フィルム31、偏光フィルム32、保護フィルム33の全てが可撓性と軟質性とを有する材料を含」み、「その結果として、図1に示す反射防止フィルム30は、折り畳みと展開とを繰り返すことに伴い、比較的少量の応力を受け、反射防止フィルム30が破損しにくく、反射防止フィルム30を折り畳んだ跡が残らない」ことが記載されている。

ウ 引用文献2の[0045]には、「図1に示した反射防止フィルム30が折り畳み可能な表示装置100に適用される実施形態を示す」「図2」とともに、「折り畳み可能な表示装置100」が記載されている。
また、引用文献2の[0049]?[0050]には、「図1に示す反射防止フィルムの偏光フィルムの材料を延伸する方向と反射防止フィルムの折り曲げ軸との関係の一例を示す」「図4」とともに、「反射防止フィルム30の折り曲げ軸(すなわち、折り畳み可能な表示装置100の折り曲げ軸)」([0049])「の方向と偏光フィルム32の材料が延伸される方向が互いに直交する場合」、「偏光フィルム32が折り畳まれる際に偏光フィルム32にかかる応力がさらに低減され」、「偏光フィルム32の折り畳みと展開とを長期間繰り返しても、偏光フィルム32が破損したり変形したりすることなく、偏光フィルム32の機能を発揮することができる」([0050])ことが記載されている。

エ 以上勘案すると、引用文献2には、「図1に示した反射防止フィルム30が折り畳み可能な表示装置100に適用される実施形態」の「折り畳み可能な表示装置100」であって、「図4」に示されたように「反射防止フィルム30の折り曲げ軸(すなわち、折り畳み可能な表示装置100の折り曲げ軸)」「の方向と偏光フィルム32の材料が延伸される方向が互いに直交する」関係とした、「折り畳み可能な表示装置100」の発明(以下「引用発明」という。)として、次の発明が記載されていると認められる。
「 有機発光ダイオードパネルのような折り畳み可能な表示パネル50と、折り畳み可能な表示パネル50の画像表示面に直接貼り付けられる反射防止フィルム30とを含む、折り畳み可能な表示装置100であって、
反射防止フィルム30は、光位相遅延フィルム31、偏光フィルム32及び保護フィルム33を、この順序で、離型フィルム20上に直接含み、ここで、完成した反射防止フィルム30が表示装置100の画像表示面に貼り付けられる時、離型フィルム20は除去されるものであり、
光位相遅延フィルム31は、軟質材料、例えばシクロオレフィンポリマーなど、を1つの方向に延伸させて形成され、光位相遅延フィルム31の厚さ及び延伸の程度は、位相差がλ/4(λは入射光の波長)となるように選択され、1/4波長板として機能し、
偏光フィルム32は、軟質材料、例えばポリビニルアルコールなど、を1つの方向に延伸することによって形成され、
保護フィルム33は、耐水性及び光透過性に優れ、かつ複屈折性を有さない可撓性材料、例えば、シクロオレフィンポリマーフィルムまたはポリエチレンテレフタレートフィルムであって、延伸されていないもの、を含み、
反射防止フィルム30は、光位相遅延フィルム31、偏光フィルム32及び保護フィルム33の全てが可撓性と軟質性とを有する材料を含み、その結果として、折り畳みと展開とを繰り返すことに伴い、比較的少量の応力を受け、反射防止フィルム30が破損しにくく、反射防止フィルム30を折り畳んだ跡が残らないものであり、
折り畳み可能な表示パネル50の画像表示面に対して、光位相遅延フィルム31は折り畳み可能な表示パネル50の画像表示面に近く、保護フィルム33は折り畳み可能な表示パネル50の画像表示面から離れており、光位相遅延フィルム31は、折り畳み可能な表示パネル50の画像表示面に直接、接触し、
反射防止フィルム30の折り曲げ軸(すなわち、折り畳み可能な表示装置100の折り曲げ軸)の方向と偏光フィルム32の材料が延伸される方向が互いに直交する関係とし、偏光フィルム32が折り畳まれる際に偏光フィルム32にかかる応力がさらに低減され、偏光フィルム32の折り畳みと展開とを長期間繰り返しても、偏光フィルム32が破損したり変形したりすることなく、偏光フィルム32の機能を発揮することができる、
折り畳み可能な表示装置100。」
(当合議体注:「表示装置100」及び「表示装置」との記載を、「表示装置100」に統一した。また、「シクロオレフィンポリマー」及び「COP」との記載を、「シクロオレフィンポリマー」に統一した。)

2 対比及び判断
(1) 対比
本願発明と引用発明を対比すると,以下のとおりである。
ア 偏光子
引用発明の「偏光フィルム32」は、「軟質材料、例えばポリビニルアルコールなど、を1つの方向に延伸することによって形成され」たものである。
「偏光フィルム32」の「偏光」機能及び上記形成工程からみて、引用発明の「偏光フィルム32」は、本願発明の「偏光子」に相当する。

イ 位相差フィルム、円偏光板
(ア) 引用発明の「光位相遅延フィルム31」は、「位相差がλ/4(λは入射光の波長)となるように選択され、1/4波長板として機能」するものである。
そうすると、引用発明の「光位相遅延フィルム31」は、本願発明の「位相差フィルム」に相当する。

(イ) 引用発明の「反射防止フィルム30」は、「折り畳み可能な表示装置50の画像表示面に直接貼り付けられる」ものであり、「光位相遅延フィルム31、偏光フィルム32及び保護フィルム33を、この順序で」「含」む。
また、引用発明の「反射防止フィルム30」の「光位相遅延フィルム31は、折り畳み可能な表示パネル50の画像表示面に直接、接触」する。

(ウ) 上記(イ)の「反射防止フィルム30」の各フィルムの順序、「折り畳み可能な表示パネル50」と「光位相遅延フィルム31」との「接触」関係、上記(ア)の「光位相遅延フィルム31」の機能、及び、反射防止技術に係る技術常識から、引用発明の「反射防止フィルム30」は、円偏光板として機能し、その円偏光機能を利用して反射を防止していると理解できる(当合議体注:引用文献2の[0047]、[0048]の下線の記載、及び、「図1に示した反射防止フィルムを図2に示した折り畳み可能な表示装置に貼り付けた場合に、散乱光/反射光が遮断される原理を説明するための概略図である」図3の記載からも理解できることである。)。
そうすると、引用発明の「反射防止フィルム30」は、本願発明の「円偏光板」に相当する。また、上記アより、引用発明は、本願発明の、「円偏光板は」、「偏光子と、該偏光子の一方の側に配置された位相差フィルムとを備え」との要件を具備する。

ウ 表示装置
(ア) 引用発明の「折り畳み可能な表示装置100」は、その文言のとおり、「折り畳み可能」なものである。また、引用発明の「折り畳み可能な表示装置100」は、「反射防止フィルム30」「を含む」。
そうすると、上記ア及びイより、引用発明の「折り畳み可能な表示装置100」は、本願発明の、「円偏光板を備える」及び「屈曲可能な」とされる、「表示装置」に相当する。

(2) 一致点及び相違点
ア 一致点
本願発明と引用発明は、次の構成で一致する。
「 円偏光板を備える屈曲可能な表示装置であって、該円偏光板は、
偏光子と、該偏光子の一方の側に配置された位相差フィルムとを備えた、
表示装置。」

イ 相違点
本願発明と引用発明は、次の点で相違する。
(相違点1)
「位相差フィルム」が、本願発明は、「面内位相差が、Re(450)<Re(550)<Re(650)の関係を満たし」、「遅相軸方向が該表示装置の屈曲方向に対して20°?70°の角度を規定するように調整されており」、「該位相差フィルムが、ポリカーボネート樹脂またはポリビニルアセタール樹脂から形成され」、「光弾性係数の絶対値が、2×10^(-12)(m^(2)/N)以上であ」るのに対して、引用発明は、そのようなものであるかどうか不明である点。

(相違点2)
「円偏光板」が、本願発明は、「屈曲状態に拘束する状態が解かれた状態において、曲率半径5mm?15mmのいずれかの曲率半径で屈曲させ、25℃、湿度50%の環境で24時間保持した後の屈曲部分と平坦部分の面内位相差値の差が2nm以下である」のに対して、引用発明は、そのようなものであるかどうか不明である点。

(相違点3)
「表示装置の屈曲方向」が、本願発明は、「長手方向または長手方向に直交する方向であ」るのに対して、引用発明は、そのようなものであるかどうか不明である点。

(3) 判断
ア 相違点1及び相違点2について
事案に鑑み、相違点1と相違点2をまとめて検討する。
(ア) 引用発明の「偏光フィルム32」は、「軟質材料」「を1つの方向に延伸することによって形成され」るものであるところ、一軸延伸により形成される「偏光フィルム」においては、延伸方向が「偏光フィルム」の吸収軸方向となることは技術常識である。そうすると、「反射防止フィルム30の折り曲げ軸(すなわち、折り畳み可能な表示装置100の折り曲げ軸)の方向と偏光フィルム32の材料が延伸される方向が互いに直交する関係」としている引用発明においては、「折り畳み可能な表示装置100」の折り曲げ軸の方向と、「偏光フィルム」の吸収軸方向が互いに直交しているといえる。
また、引用発明の「反射防止フィルム30」は、円偏光板として機能するものであるから、「光位相遅延フィルム31」(「1/4波長板」)の遅相軸方向と、「偏光フィルム32」の吸収軸方向が45度となるよう配置されていることは、原理上、明らかである。そうすると、引用発明においては、「光位相遅延フィルム31」の遅相軸方向は、「折り畳み可能な表示装置100」の折り曲げ軸の方向と45度をなすと理解できる。
ここで、本件出願の明細書の【0014】の「図2(a)?図2(d)に示すように、第1の位相差フィルム20の遅相軸方向は、表示装置の屈曲方向に対して角度αを規定するよう調整されている。」との記載から理解される図2(a)?図2(d)の「表示装置の屈曲方向」(点線の矢印の方向に対応する)と、引用文献2の図4から理解される「折り畳み可能な表示装置100」の折り曲げ軸(FOLDING)の方向を比較すると、両者は直交する関係にあると理解できる。そうしてみると、引用発明においては、「光位相遅延フィルム31」の遅相軸方向は、「表示装置の屈曲方向」に対応する、「折り畳み可能な表示装置100」の折り曲げ軸の方向と直交する方向と同じく45度をなしていると理解できる。
してみると、相違点1のうち、「円偏光板」の「位相差フィルム」の「遅相軸方向が該表示装置の屈曲方向に対して20°?70°の角度を規定するように調整されており」とのことは相違点とはならない。

(イ) また、[A0]1/4波長板及び偏光子から成る円偏光板(円偏光機能)の広帯域化が求められること、[A1]従来の1/4波長板の波長分散特性とは異なり、長波長になるほど複屈折が大きくなる逆波長分散特性を有する、ポリカーボネートフィルム(例えば、2001年に上市された帝人株式会社製「ピュアエース^((R)) WR」(当合議体注:登録商標を示す「上付き」の丸囲み「R」を、「(R)」で代替して表記することとする。))あるいはポリビニルアセタールフィルムなどからなる広帯域1/4波長板が開発されたこと、[A2]この広帯域1/4波長板を用いて円偏光板の広帯域化を行うことは、いずれも先の出願前の当業者の技術常識、あるいは周知の技術である。また、上記[A2]の円偏光板の広帯域化技術は、1/4波長板に1/2波長板を特定角度で貼り合わせて積層する従来の円偏光板の広帯域化技術に比較して、製造工程の煩雑化の解消、歩留まりの向上、貼合角度ずれ、光学軸ずれによるコントラスト等の低下、円偏光板の品質・性能のバラツキなどの点で優れることも、先の出願前の当業者の技術常識である(例えば、下記の(c)の63頁左欄を参照。)。
上記技術常識を示す文献として、例えば、上記[A0]?[A2]について、(a)原査定の拒絶の理由において引用された特開2012-134117号公報(引用文献3)の【0033】、【0146】及び【0147】等、(b)同国際公開第2012/077663号公報(引用文献4)の請求項1、[0008]、[0044]、[0072]?[0080]、[0084]、[0094]?[0113](特に、[0097][表1]の実施例1?10の波長分散性)、[0118]?[0119]等、(c)内山 昭彦 他,ディスプレイの最新光学設計技術 LCD用広帯域位相差フィルム「ピュアエース^((R)) WR」,月刊ディスプレイ,株式会社テクノタイムズ社,2003年1月1日,第9巻,第1号,87?95頁(特に、62?64頁、67頁)等、(d)月刊ディスプレイ,株式会社テクノタイムズ,2005年7月1日,第11巻,第7号,「資料請求番号 016」頁等、(e)特開2006-350291号公報の【0048】等を参照。

(ウ) 引用発明の「折り畳み可能な表示装置100」に関し、引用文献2の[0007]には、「これまでに開発された反射防止フィルムの材料は、比較的曲げに弱いため、折り畳み可能な表示装置の折り畳みと展開を繰り返すことにより、反射防止フィルムが破損する可能性がある。例えば、反射防止フィルムは、保護フィルムにはトリアセチルセルロース、光位相遅延フィルムには延伸されたポリカーボネート(「PC」)を採用するのが一般的であるが、このような材料は硬い材料であり、折り曲げたときに破損しやすい。」との記載がある。
引用文献2の[0007]の記載に接した当業者は、引用発明の「光位相遅延フィルム31」として、「硬い材料であり、折り曲げたときに破損しやすい」ポリカーボネートフィルムを用いることは適切でないと一応理解する。
しかしながら、ポリカーボネートからなる「ピュアエース^((R)) WR」フィルムが可撓性を有することは、先の出願前の当業者に周知の事項である。
上記周知の事項を示す文献として、例えば、(f)国際公開第2006/019184号の1頁5?24行、4頁1?3行、7頁12?8頁3行、31頁13?20行(6mmΦのステンレス製ロッドを用いた「耐屈曲性試験法」について)、33頁16行?35頁12行(実施例1において、高分子フィルムとして、帝人化成株式会社製「ピュアエース WR」を用い、耐屈曲性試験を実施すること)、(g)特開2007-233215号公報の【0007】、【0013】、【0115】(3mmφのスチール製の棒を用いた「可撓性試験」について)、【0143】(実施例3として、偏光子Pの一面に、Re(450)/Re(550)が0.86のポリカーボネートフィルム(帝人社製 商品名「ピュアエース WR-W」を、偏光子の透過軸とポリカーボネートフィルムの遅相軸の交差角が45度になるように重ね、観察者側偏光板FP3を作製し、可撓性試験を行うこと)、【0154】【表1】、(h)特開2006-282679号公報の【0063】(可撓性を有する基材として、ポリカーボネート(PC)誘導体である、「帝人(株):WRF-5、ピュアエース」があること)等を参照。また、「ピュアエース^((R)) WR」フィルムは一軸延伸により作製されるものである(例えば、上記(e)の【0048】参照。)。
引用発明の「折り畳み可能な表示装置100」において、表示品質の点から、円偏光板として機能する「反射防止フィルム30」の広帯域化は好ましいことである。そうしてみると、引用文献2の[0007]の記載に拘わらず、引用発明において、「軟質材料」「を1つの方向に延伸させて形成され」、「1/4波長板として機能し」、「可撓性と軟質性とを有する材料を含み」とされる「光位相遅延フィルム31」として、優れた広帯域円偏光板を構成でき、広帯域1/4波長板として周知・市販の「ピュアエース^((R)) WR」を採用することは、上記(イ)の技術常識を備えた先の出願前の当業者が考えることである。

(エ) 以上勘案すると、引用発明において、「反射防止フィルム30」の「光位相遅延フィルム31」として、先の出願前に周知の、逆分散特性を有し、広帯域1/4波長板として機能する「ピュアエース^((R)) WR」を採用することは、当業者が容易になし得たことである。そして、引用発明においてこのような設計変更を施してなるものにおいては、相違点1のうち、「面内位相差が、Re(450)<Re(550)<Re(650)の関係を満たし」、「位相差フィルムが、ポリカーボネート樹脂」「から形成され」、「光弾性係数の絶対値が、2×10^(-12)(m^(2)/N)以上であ」るとの事項を具備することとなる(当合議体注:「ピュアエース^((R)) WR」の光弾性係数については、上記(c)の67頁表1、(d)の「資料請求番号 016」頁「ピュアエース^((R))光学物性表」等を参照。)。
また、引用発明においてこのような設計変更を施してなるものにおいては、相違点2に係る、「円偏光板」が、「屈曲状態に拘束する状態が解かれた状態において、曲率半径5mm?15mmのいずれかの曲率半径で屈曲させ、25℃、湿度50%の環境で24時間保持した後の屈曲部分と平坦部分の面内位相差値の差が2nm以下である」との事項を満足する蓋然性が高い(当合議体注:「光位相遅延フィルム31」(「ピュアエース^((R)) WR」)、「偏光フィルム32」及び「保護フィルム33」の全てが可撓性、軟質性を有する材料を含むこと、また、「光位相遅延フィルム31」の遅相軸方向が「折り畳み可能な表示装置100」の折り曲げ軸の方向と45度をなすとの配置を考慮すれば、「屈曲状態に拘束する状態が解かれた状態において」、少なくとも「曲率半径」「15mm」「の曲率半径で屈曲させ、25℃、湿度50%の環境で24時間保持した後の屈曲部分と平坦部分の面内位相差値の差が2nm以下」となる、あるいは、「曲率半径5mm?15mmのいずれかの曲率半径で屈曲させ、25℃、湿度50%の環境で24時間保持した後の屈曲部分と平坦部分の面内位相差値の差が2nm以下」となる蓋然性が高い。)。

イ 相違点3について
引用発明において、「折り畳み可能な表示装置100の折り曲げ軸」の方向を、「折り畳み可能な表示装置100」の長手方向又は長手方向に直交する方向とすることは、当業者の任意である(当合議体注:引用文献2の図4には、折り畳み可能な表示装置100の折り曲げ軸の方向を、長手方向に直交する(短手)方向とする、すなわち、「折り畳み可能な表示装置100」の屈曲方向を、長手方向とすることが示唆されているといえる。)。
相違点1?相違点3をまとめて検討したとしても同様である。

ウ 発明の効果について
(ア) 本件出願明細書の【0007】には、【発明の効果】として、「本発明によれば、屈曲可能な表示装置に用いられる円偏光板において、位相差フィルムとして逆分散の波長依存性(逆分散波長特性)を示す位相差フィルムを用い、かつ、当該位相差フィルムの遅相軸方向を表示装置の屈曲方向に対して所定方向となるように調整することにより、優れた反射色相が得られ、かつ、屈曲による色変化が抑制された、屈曲可能な表示装置を実現し得る円偏光板を得ることができる。」ことが記載されている。

(イ) しかしながら、上記(ア)の各効果は、「反射防止フィルム30は、光位相遅延フィルム31、偏光フィルム32及び保護フィルム33の全てが可撓性と軟質性とを有する材料を含み、その結果として、折り畳みと展開とを繰り返すことに伴い、比較的少量の応力を受け、反射防止フィルム30が破損しにくく、反射防止フィルム30を折り畳んだ跡が残らない」とされる引用発明の「光位相遅延フィルム31」として、逆波長分散特性を有し、広帯域1/4波長板として機能する「ピュアエース^((R)) WR」を採用してなるものも奏する効果である。あるいは、上記(ア)の各効果は、引用文献2の記載に接した当業者が期待する効果にすぎない。

エ 審判請求人の主張について
(ア) 請求人は、審判請求書において、引用文献2に基づく拒絶理由(進歩性)について、「逆波長分散特性を示す位相差フィルムは、光弾性係数の絶対値が大きいものが多く、小さな曲率半径で表示装置を屈曲させた場合の色変化が顕著です。本願発明においては、位相差フィルムに、色変化が大きい逆分散材料を選択しながらも、小さな厚みでも十分な位相差の確保しつつ、表示装置の屈曲性を維持し、かつ、屈曲時の応力による色変化が抑制された円偏光板が得られます([0024])。」、「一方、引用文献2は、位相差フィルムの材料としてシクロオレフィンポリマーを開示するのみです。引用文献2においては、位相差フィルムの材料に逆分散特性を示す樹脂を選択する動機付けがありません。さらに、本願発明のように、色変化の大きく、光弾性係数が一定値以上の逆分散材料をあえて選択し、十分な位相差の確保、表示装置の屈曲性の維持および屈曲時の応力による色変化の抑制という効果の両立を行う動機付けはありません。したがって、本願発明は、引用文献2に対して進歩性を有します。」と主張する。

(イ) しかしながら、引用発明において、「シクロオレフィンポリマー」は、「光位相遅延フィルム31」の軟質材料として例示のもの(引用文献2の[0036])にすぎず、必須の材料ではない(当合議体注:シクロオレフィンからなる「光位相遅延フィルム31」が、引用文献2でいう発明の「反射防止フィルム」及び「折り畳み可能な表示装置」の必須な構成でないことは、引用文献2の特許請求の範囲の請求項1及び請求項9の記載からも理解できる。)。
また、1/4波長板及び円偏光板の広帯域化は、先の出願前に周知の技術的課題であるところ、引用発明の折り畳み可能な表示装置においても、表示品質の観点から、1/4波長板及び円偏光板の広帯域化が好ましいことはいうまでもない。そうすると、引用発明の「光位相遅延フィルム31」として、逆波長分散特性を示す材料・フィルムを採用・選択する動機付けがあるということができるし、当業者は、容易に入手できる市販の「ピュアエース^((R)) WR」の採用をまず検討する。

オ まとめ
以上のとおりであるから、本願発明は、引用発明及び周知技術に基づいて、先の出願前に当業者が容易に発明をすることができたものである。

第3 まとめ
本願発明は,引用文献2に記載された発明及び周知技術に基づいて、先の出願前に当業者が容易に発明をすることができたものであるから、特許法29条2項の規定により特許を受けることができない。
したがって、他の請求項に係る発明について検討するまでもなく、本件出願は拒絶すべきものである。
よって、結論のとおり審決する。
 
審理終結日 2021-05-06 
結審通知日 2021-05-11 
審決日 2021-06-10 
出願番号 特願2019-43261(P2019-43261)
審決分類 P 1 8・ 121- Z (G02B)
最終処分 不成立  
前審関与審査官 吉川 陽吾  
特許庁審判長 樋口 信宏
特許庁審判官 下村 一石
河原 正
発明の名称 円偏光板および屈曲可能な表示装置  
代理人 籾井 孝文  
  • この表をプリントする

プライバシーポリシー   セキュリティーポリシー   運営会社概要   サービスに関しての問い合わせ