• ポートフォリオ機能


ポートフォリオを新規に作成して保存
既存のポートフォリオに追加保存

  • この表をプリントする
PDF PDFをダウンロード
審決分類 審判 全部申し立て 2項進歩性  G01N
審判 全部申し立て 特36条6項1、2号及び3号 請求の範囲の記載不備  G01N
管理番号 1384238
総通号数
発行国 JP 
公報種別 特許決定公報 
発行日 2022-05-27 
種別 異議の決定 
異議申立日 2021-11-02 
確定日 2022-03-18 
異議申立件数
事件の表示 特許第6876983号発明「樹脂判定方法及び装置」の特許異議申立事件について、次のとおり決定する。 
結論 特許第6876983号の請求項1ないし6に係る特許を維持する。 
理由 第1 手続の経緯
特許第6876983号の請求項1ないし6に係る特許についての出願は、平成30年11月7日に出願され、令和3年4月30日にその特許権の設定登録がされ、同年5月26日に特許掲載公報が発行された。その後、その特許に対し、令和3年11月2日に特許異議申立人 市東勇(以下「申立人」という。)により、特許異議の申立てがされたものである。

第2 本件発明
本件特許の請求項1ないし6に係る発明(以下、それぞれ「本件発明1」ないし「本件発明6」という。)は、特許請求の範囲の請求項1ないし6に記載された次の事項により特定されるとおりのものである。

「【請求項1】
選別対象物における判定対象面として載置面もしくは載置面反対側の面の粗さを処理部で処理して、前記選別対象物の前記判定対象面の面積の50%以上が、算術平均粗さRaが0.025以上の領域とし、
前記処理部で処理済みの前記選別対象物を載置部の対象物載置面上に載置し、
前記載置部の前記載置面に載置された前記選別対象物に赤外光を照射部から照射し、
前記赤外光が照射された前記選別対象物からの反射光を受光部で受光し、
前記受光部により受光された前記反射光によって得られた反射又は吸収スペクトルによって、前記選別対象物の樹脂種を演算処理部で判定する、樹脂判定方法。
【請求項2】
前記赤外光の有効波長領域は1μm以上でかつ3μm以下である、請求項1に記載の樹脂判定方法。
【請求項3】
前記処理部での前記選別対象物の前記処理は、前記処理部として算術平均粗さRaが1.6以上でかつ160以下の粗面部を、前記選別対象物の前記載置面もしくは前記載置面反対側の面に3秒以上接触させる、請求項1または2に記載の樹脂判定方法。
【請求項4】
選別対象物における判定対象面として載置面もしくは載置面反対側の面が、当該面の面積の50%以上が、算術平均粗さRaが0.025以上の領域となるように処理する処理部と、
前記処理部で処理済みの前記選別対象物が載置される対象物載置面を有する載置部と、
前記載置部の前記載置面に載置された前記選別対象物に赤外光を照射する照射部と、
前記載置部の前記載置面の上方に配置されて、前記照射部から前記赤外光が照射された前記選別対象物からの反射光を前記選別対象物の上方で受光する受光部と、
前記受光部により受光された前記反射光に基づく前記選別対象物の反射又は吸収スペクトルから、前記選別対象物の樹脂種を判定する演算処理部と、を備える樹脂判定装置。
【請求項5】
前記赤外光の有効波長領域は1μm以上でかつ3μm以下である、請求項4に記載の樹脂判定装置。
【請求項6】
前記処理部は、算術平均粗さRaが1.6以上でかつ160以下の粗面部を有し、前記粗面部を前記選別対象物の前記載置面もしくは前記載置面反対側の面に3秒以上接触させて前記処理を行う、請求項4または5に記載の樹脂判定装置。」

第3 特許異議の申立について

1 申立理由の概要
申立人は、証拠として下記2に示す甲第1号証ないし甲第8号証(以下、それぞれ「甲1」ないし「甲8」という。)を提出し、以下の申立理由により、請求項1ないし6に係る特許は取り消すべきものである旨主張している。

理由1(進歩性
請求項1ないし6に係る発明は、甲1に記載された発明、又は、甲1に記載された発明及び甲2に記載された技術的事項に基づいて、当業者が容易に発明をすることができたものであるから、請求項1ないし6に係る特許は、特許法第29条第2項の規定に違反してされたものである。

理由2(サポート要件)
請求項1ないし6に係る発明は、発明の詳細な説明に記載したものでないから、請求項1ないし6に係る特許は、特許法第36条第6項第1号に規定する要件を満たしていない特許出願に対してされたものである。

理由3(明確性要件)
請求項1ないし6に係る発明は、明確でないから、請求項1ないし6に係る特許は、特許法第36条第6項第2号に規定する要件を満たしていない特許出願に対してされたものである。

2 証拠方法

甲1:国際公開第01/86267号
甲2:特開平6−294734号公報
甲3:「表面粗さ(JIS B 0601:1994, JIS B 0031:1994)より抜粋」MiSUMi-VONA技術情報|製造現場の設計、加工、保全技術から工具豆知識まで
https://jp.misumi-ec.com/tech-info/categories/technical_data/td01/a0185.html
甲4:「表面粗さ ●JIS B 0601(1994)・JIS B 0031(1994)より抜粋」iwata技術資料|761
https://www.iwata-fa.jp/html/technicaldata/tec_other_21.pdf
甲5:「面粗度の記号と加工方法| Knowledge」超硬加工.COM 株式会社キンコー
https://www.micro-and-precision-products.com/knowledge/面粗度の記号と加工方法/
甲6:「研磨加工に用いられる記号」Fine Polish TDC
https://mirror-polish.com/service/polishing/mark/
甲7:特開2009−34934号公報
甲8:「工業用顕微鏡 表面粗さ測定−用語解説・その他資料」オリンパス株式会社
https://www.olympus-ims.com/ja/metrology/surface-roughness-measurement-portal/terms-and-standards/

第4 各甲号証の記載
申立人が提出した各甲号証(甲1〜8)の記載事項は次のとおりである。

1 甲1について

(1)甲1の記載
甲1には、以下の事項が記載されている。原文に続き当審訳を示す。下線は当審で付与した。以下、同様。

(甲1ア)1頁32行〜34行
「It is an object of the invention to provide a process in which articles having a polymer surface, can be effectively identified as to the type of polymer, using a transport system.」
「本発明の目的は、輸送システムを用いて、ポリマー表面を有する物品のポリマーの種類を効果的に識別することができる方法を提供することである。」

(甲1イ)2頁32行〜4頁19行
「Preferably a reference object is used having a surface of a known material and/or of a material having surface properties which do not substantially change over time. Examples of suitable reference materials having surface properties which do not substantially change over time include ceramic materials, metals which do not substantially oxidize in the atmosphere, such as for instance, copper, brass, metals having a protective oxide layer, such as for instance stainless steel or aluminum. Polymer reference materials having surface properties which do not substantially change over time may also be used, such as for instance Teflon or polystyrene. Preferably, the surface properties of the reference object are such that diffuse reflection is achieved upon irradiation. This improves the accuracy of the measurement. Such surface properties may for instance be achieved by roughening the surface, for instance by grinding and/or sand blasting.
The measured response of the irradiated reference object is used for the analysis of step b), i.e. for the analysis of the response of the irradiated articles to identify the articles as to the type of polymer. In a preferred embodiment, the response of the irradiated reference object is used for correction of background signals. In this embodiment the measured response of the reference object may be used for the calculation of the absorption according to formula 1.

where Aλ is the absorption at wavelength λ and lλ is the light intensity of the reflected light at wavelength λ. The calculated absorption may then be further analyzed to identify the articles as to the type of polymer. For said analysis the data are preferably subjected to a pre-treatment, such as for instance smoothing, taking a derivative or normalization. Said pre-treated data may subsequently be subjected to classification and/or qualification. Methods known in the art, such as for instance a principle component analysis, partial least square analysis, or multilinear regression may advantageously be used.・・・
In another preferred embodiment, the response of the irradiated reference object is used for correction for drift. This embodiment further improves the accuracy of the identification. In this embodiment, the reference object has preferably a surface made from a known polymer, said known polymer being one of the polymers to be identified. By at least periodically irradiating and measuring the response of said surface, the drift, i.e. the change of the response over time for a polymer, may be determined. ・・・
It is to be understood that more than one reference object may be at least periodically irradiated. It is for instance possible, that the response of a reference object, preferably having surface properties which do not substantially change over time, is used for correction of background signals, and that one or more other reference objects, preferably having a surface of one or more of the polymers to be identified, is used for the correction of drift. It is possible that more than one reference objects are combined to form one structure having surfaces of different reference materials.」
「好ましくは、既知の材料及び/又は実質的に経時的に変化しない表面特性を有する材料の表面を有する参照物体が使用される。実質的に経時変化しない表面特性を有する適切な参照材料の例としては、セラミックス材料、例えば銅や真鍮などの大気中で実質的に酸化しない金属、例えばステンレス鋼やアルミニウムなどの保護酸化層を有する金属などが挙げられる。また、テフロンやポリスチレンなど、経時変化の少ない表面特性を持つポリマー基材を使用することもできる。好ましくは、参照物体の表面特性は、照射時に拡散反射が得られるようなものである。これにより、測定の精度が向上する。このような表面特性は、例えば、研削やサンドブラストなどで表面を粗くすることで実現できる。
照射された参照物体の測定された応答は、ステップb)の分析、すなわち、ポリマーの種類に関して物品を識別するための照射された物品の応答の分析に使用される。好ましい実施形態では、照射された参照物体の応答は、背景信号の補正に使用される。この実施形態では、参照物体の測定された応答が、式1による吸収の計算に使用されてもよい。

ここで、Aλは波長λでの吸収であり、Iλは波長λでの反射光の光強度である。計算された吸収は、ポリマーの種類に関して物品を識別するために、さらに分析されることがある。前記分析のために、データは、例えば、平滑化、微分、正規化などの前処理が施されることが好ましい。前処理されたデータは、その後、分類及び/又は適格性評価を行うことができる。例えば、主成分分析、部分最小二乗法、多項式回帰など、当技術分野で知られている方法が有利に用いられる。・・・
別の好ましい実施形態では、照射された参照物体の応答は、ドリフトの補正に使用される。この実施形態は、識別の精度をさらに向上させる。この実施形態では、参照物体は、好ましくは既知のポリマーから作られた表面を有し、前記既知のポリマーは、識別されるポリマーの1つである。少なくとも定期的に照射して前記表面の応答を測定することで、ドリフト、すなわちポリマーの応答の経時変化を求めることができる。・・・
複数の参照物体が少なくとも周期的に照射されることがあることを理解されたい。例えば、背景信号の補正には、好ましくは経時的に変化しない表面特性を有する参照物体の応答を使用し、ドリフトの補正には、好ましくは識別すべき1つ又は複数のポリマーの表面を有する1つ又は複数の他の参照物体を使用することが可能である。複数の参照物体を組み合わせて、異なる参照材料の表面を有する1つの構造体を形成することも可能である。」

(甲1ウ)7頁29行〜32行
「The transport system is not limited to a specific kind of transport system. A conveyer may for instance be used. Preferably, a transport system is used which comprises a transport rail, to which the articles can be movably connected.」
「搬送システムは、特定の種類の搬送システムに限定されるものではない。例えば、コンベヤを使用してもよい。好ましくは、物品が移動可能に接続された輸送レールからなる輸送システムが使用される。」

(甲1エ)9頁22〜11頁1行
「A preferred embodiment of the invention is described with reference to fig. 1. Articles to be identified, in this case carpets (6) or pieces of carpet, fixed to transport rail (2) via transport units (3) and clamps (5), are moved past two near-infrared (NIR) spectrometers (1) in the direction as indicated by the arrow, for instance at a rate of 1000 m/s. Transport rail (2) is an endless rail which forms a loop (not shown). Fixing the carpets carpets (6) to transport rail (2) takes place before they are moved past NIR-spectrometers (1). During movement of the carpets (6) past NIR-spectrometers (1) a part of the surface area of carpets (6) is irradiated by irradiation beams (20) of NIR-spectrometers (1). Carpets (6) are ' irradiated via an opening (11) in clamps (5). The irradiated parts of the carpets are in a transverse position during irradiation. Diffuse reflectance is measured using a detector (not shown) in NIR-spectrometers (1). For instance a spectrum covering the range from 2400 to 2510 nm may be measured if it is to be distinguished between polyamide-6, polyamide-6,6, PET, and polypropylene. The measured reflection is analyzed, for which analysis the absorption is calculated using the results of a prior performed reference measurement. The results are further analyzed, for instance by using a principle component analysis, to identify the carpets as to the type of polymer, in this case the type of polymer of the face fibre of the carpets. For this analysis a correction is made for drift using the results of a prior performed reference measurement. Following irradiation the carpet is moved further and released at a location in accordance with its identification. Following the release of the carpets other pieces of carpet to be identified is fixed to the clamps (5).
Reference object (30) is also fixed to transport rail (2), and moved past NIR-spectrometers (1). In this case reference object (30) is a roughened stainless steel plate. The angle of the stainless steel plate with irradiation beam (5) may be adjustable, but this angle is generally kept constant during the course of the process. A second reference object (33), in this case a piece of carpet made from a known polymer, e.g. polyamide-6, and a third reference object, in this case a piece of carpet made from a known polymer, e.g. polyamide-6,6 (not shown), are also fixed to transport rail (2), and moved past NIR-spectrometers (1). If the reference object (30) has come in front of irradiation beams (20), its presence is detected using sensor (32) which detects radiation which is reflected by reflecting patch (31) upon irradiation by the sensor. Following detection of the reference object by the sensor, reference object (30) is irradiated using irradiation beams (20) while being moved past NIR-spectrometers (1). The diffuse reflectance of reference object (30) is detected in the same wave length range as that of the carpets. The measured reflectance from the reference object (30) is used for the calculation of the absorption of the carpets which are subsequently irradiated, until the reference object is irradiated again. During movement of the second (33) and third reference objects past NIR-spectrometers (1) a part of the surface area of reference objects is irradiated by irradiation beams (20) of NIR-spectrometers (1) in the same way as for the carpets to be identified. The measured response from second reference object (33) and third reference object (not shown) is used for the correction of drift. AH reference objects remain fixed to the transport rail throughout the process, so that a reference measurement may be performed any time that a reference object is moved past NIR-spectrometers (1). Transport rail (2) may for instance be provided with 50 transport units (3) and with three reference objects (30, 33 and a third one), in which case three reference measurements are performed per 50 carpets.」
「本発明の好ましい実施形態について図1を参照して説明する。搬送ユニット(3)及びクランプ(5)を介して搬送レール(2)に固定された識別対象の物品(ここではカーペット(6)またはカーペットの断片)は、2台の近赤外(NIR)分光器(1)の前を矢印で示す方向に、例えば1000m/sの速度で移動する。搬送用レール(2)は、ループ(図示せず)を形成するエンドレスレールである。カーペット(6)の輸送レール(2)への固定は、カーペット(6)が 近赤外分光器(1)を通過する前に行われる。カーペット(6)が近赤外分光器(1)の前を移動する間に、カーペット(6)の表面積の一部が近赤外分光器(1)の照射ビーム(20)によって照射される。カーペット(6)はクランプ(5)の開口部(11)から照射される。カーペットの照射部分は、照射中は横向きになっている。拡散反射率は、近赤外分光器(1)の検出器(図示せず)を用いて測定される。例えば、ポリアミド−6、ポリアミド−6,6、PET、及びポリプロピレンを識別する場合には、2400nm〜2510nmの範囲のスペクトルを測定することができる。測定された反射は分析され、その分析のために、事前に行われた参照測定の結果を用いて吸収が計算される。結果はさらに、例えば主成分分析を用いて分析され、ポリマーの種類(ここではカーペットの表面繊維のポリマーの種類)によってカーペットを識別する。この分析のために、事前に行われた参照測定の結果を用いて、ドリフトの補正が行われる。照射後、カーペットはさらに移動され、その識別に応じた場所で放出される。カーペットの放出に続いて、識別されるべきカーペットの他の部分がクランプ(5)に固定される。
参照物体(30)も搬送用レール(2)に固定され、近赤外分光器(1)の前を通過するようになっている。この場合、参照物体(30)は、粗面化されたステンレス板である。ステンレス板と照射ビーム(5)との角度は調整可能であるが、この角度は一般にプロセスの間一定に保たれる。第2の参照物体(33)、この場合は既知のポリマー、例えばポリアミド−6から作られたカーペット断片、及び第3の参照物体、この場合は既知のポリマー、例えばポリアミド−6,6から作られたカーペット断片(図示せず)も、輸送レール(2)に固定され、近赤外分光器(1)の前を移動する。参照物体(30)が照射ビーム(20)の前に来た場合は、センサ(32)を用いてその存在を検出し、センサの照射により反射パッチ(31)で反射した放射線を検出する。センサが参照物体を検出した後、参照物体(30)は近赤外分光器(1)の前を移動しながら照射ビーム(20)を照射される。参照物体(30)の拡散反射率は、カーペットの反射率と同じ波長域で検出される。参照物体(30)からの測定された反射率は、参照物体が再び照射されるまで、その後に照射されるカーペットの吸収率の計算に使用される。第2の参照物体(33)及び第3の参照物体が近赤外分光器(1)を通過する間に、参照物体の表面積の一部が、識別されるべきカーペットの場合と同様に、近赤外分光器(1)の照射ビーム(20)によって照射される。ドリフトの補正には、第2参照物体(33)及び第3参照物体(図示せず)からの測定された応答が使用される。すべての参照物体は、プロセスを通じて輸送レールに固定されたままであるため、参照物体が近赤外分光器(1)を通過する際にはいつでも参照測定を行うことができる。搬送レール(2)には、例えば、50個の搬送ユニット(3)と3つの参照物体(30,33と3つ目の物体)を設置することができ、この場合、カーペット50枚につき3回の参照測定が行われる。」

(甲1オ)図1


(2)甲1に記載された発明
ア 甲1では、(甲1エ)の「識別対象の物品(ここではカーペット(6)またはカーペットの断片)」などの記載があり、この記載を踏まえると、識別対象の物品は、カーペットに限定されないことが理解できる。また、甲1では、(甲1ウ)の搬送システムとして「コンベヤ」を使用してもよい旨の記載があり、この記載を踏まえると、カーペット(6)などの識別対象の物品を「搬送レール(2)」に固定させ、搬送レール(2)に固定させた物品を移動させること((甲1エ)参照。)に代えて、物品をコンベヤ上に置き、コンベヤ上に置かれた物品を移動させるように設計変更できることが理解できる。

イ 上記アを含む上記(1)の記載及び図面を総合すると、甲1には、以下の発明(以下「甲1発明」という。)が記載されていると認められる。

「 物品のポリマーの種類を識別する方法であって、
識別対象の物品をコンベヤ上に置き、
コンベヤ上に置かれた物品が近赤外分光器(1)の前を移動する間に、物品に近赤外分光器(1)の照射ビーム(20)を照射し、近赤外分光器(1)の検出器を用いて、ポリアミド−6、ポリアミド−6,6、PET、及びポリプロピレンを識別するために、2400nm〜2510nmの範囲のスペクトルにおける反射を測定し、
測定された反射に対し、事前に行われた参照測定の結果を用いて背景信号の補正を行うことにより、物品の吸収率を計算し、
計算された結果に対し、事前に行われた参照測定の結果を用いてドリフトの補正を行うことにより、ポリマーの種類によって物品を識別し、
その後、物品はさらに移動され、その識別に応じた場所で放出されるものであり、
背景信号の補正には、照射時に拡散反射が得られるように、研削やサンドブラストなどにより粗面化された、経時的に変化しない表面特性を有するステンレスやポリマーなどの参照物体(30)が使用され、ドリフトの補正には、識別されるポリマーである、ポリアミド−6の第2参照物体(33)、及び、ポリアミド−6,6の第3参照物体が使用される、方法。」

2 甲2について

(1)甲2の記載
甲2には、以下の事項が記載されている。

「【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、熱硬化性樹脂や光硬化性樹脂の硬化度を計測するための、高分子材料の硬化度測定方法に関し、特に、フーリエ変換赤外分光法における赤外全反射吸収法を適用した硬化度測定方法に関する。
・・・
【0007】即ち、ATR法は、試料とATR結晶との密着性の良否が測定感度の良否を決定付け、ひいては定量精度の低下をもたらす。更に、従来はこの密着性についての十分な考慮がなされておらず、最適条件の設定がなされていなかった。
・・・
【0010】
【課題を解決するための手段】このような目的を達成するために本発明は、ATR結晶の両端面に対向させて同一材料の一対の高分子材料を圧着させて、赤外光を所定の入射角で該ATR結晶の一端から一方の高分子材料に向けて入射させたときに、該ATR結晶の他端から出力される赤外光のスペクトルに基づいてATR結晶(当審注:本発明は、高分子材料の硬化度測定方法であって、【0020】などの記載を踏まえても、高分子材料が硬化度を測定する試料であることが明らかであるから、ここでの「ATR結晶」という記載は「高分子材料」の誤記であると認める。)の硬化度を計測する、高分子材料の硬化度測定方法であって、上記高分子材料とATR結晶との圧着面の粗さの平均自乗平方を約0.2μmないし0.8μmの範囲のいずれかに設定すると共に、これらの高分子材料とATR結晶との圧着力を約1.9kg/cm2 ないし2.1kg/cm2 の範囲のいずれかに設定することとした。
・・・
【0012】
【作用】高分子材料とATR結晶との圧着面の粗さの平均自乗平方を約0.2μmないし0.8μmの範囲のいずれかに設定すると、吸光度は圧着面が未研磨状態のときよりも増加する結果、定量精度が向上する。
・・・
【0020】次に、実際の測定手順を説明する。まず、試料である高分子材料13,14の夫々の所定端面を、セラミック粒子の研磨材を用いて研磨する。ここで、高分子材料13,14の研磨面の粗さと定量感度についての相関関係を実験によって求めてみると、研磨によって定量感度が向上することが確認された。そこで、研磨面の粗さの異なる複数種類の高分子材料13,14について同様の実験を行った結果、粒径が約1μmないし約5μmの研磨材を用いて研磨して、表面粗さ(平均自乗平方)を約0.2μmないし0.8μmの範囲のいずれかに設定することによって、何れの種類の高分子材料13,14についても吸光度を最大にすることができた。よって、高分子材料13,14の表面粗さ(平均自乗平方)を約0.2μmないし0.8μmの範囲のいずれかに設定する。」

(2)甲2に記載された技術的事項
上記(1)の記載から、甲2には、以下の技術的事項(以下「甲2技術的事項」という。)が記載されていると認められる。

「 赤外全反射吸収法(ATR法)では、試料とATR結晶との密着性の良否が測定感度の良否を決定付け、従来はこの密着性についての十分な考慮がなされておらず、最適条件の設定がなされていなかったため、
ATR結晶の両端面に対向させて同一材料の一対の高分子材料を圧着させて、赤外光を所定の入射角で該ATR結晶の一端から一方の高分子材料に向けて入射させたときに、該ATR結晶の他端から出力される赤外光のスペクトルに基づいて高分子材料の硬化度を計測する、高分子材料の硬化度測定方法において、
試料である高分子材料の夫々の所定端面を、セラミック粒子の研磨材を用いて研磨し、上記高分子材料とATR結晶との圧着面の粗さの平均自乗平方を約0.2μmないし0.8μmの範囲のいずれかに設定することで、吸光度は圧着面が未研磨状態のときよりも増加する結果、定量精度を向上させたこと。」

3 甲3について
甲3には、以下の事項が記載されている。

「表面粗さ(JIS B 0601:1994, JIS B 0031:1994)より抜粋
・・・
算術平均粗さ Ra
粗さ曲線からその平均線の方向に基準長さだけを抜き取り、この抜取り部分の平均線の方向にX軸を、縦倍率の方向にY軸を取り、粗さ曲線をy=f(χ)で表したときに、次の式によって求められる値をマイクロメートル(μm)で表したものをいう。

・・・



4 甲4について
甲4には、以下の事項が記載されている。

「表面粗さ
●JIS B 0601(1994)・JIS B 0031(1994)より抜粋
・・・

・・・



5 甲5について
甲5には、以下の事項が記載されている。

「面粗度記号の対応表
JIS記号には複数の面粗度記号が存在します。様々な面粗度記号が用いられているため、図面によって異なる面粗度記号が使われているケースも少なくありません。このような場合、使われている面粗度記号を比較し換算する必要がある場合があります。Ra、Rzの計算式は異なるので、厳密に換算することは難しいのですが、概ね下の表のような換算が成立します。また、下の表には、面粗度と仕上げ面やワークとの対応も記載しています。

< 面粗度記号の対応表 >



6 甲6について
甲6には、以下の事項が記載されている。

「表面粗さの計測方法
・・・
「接触式」と「非接触式」
表面粗さを測定する方法には、大きく分けて「接触式」と「非接触式」の2つの方式があります。

「接触式」では、触針と呼ばれる先のとがったダイヤモンド製の針が試料を直接なぞることにより、表面の凹凸を測定します。表面粗さ測定に広く用いられる方法となります。

これに対して「非接触式」は、光を使用して表面粗さを測定する方法となります。共焦点方式を利用したレーザ顕微鏡、白色干渉方式を利用した白色干渉計などがあり、試料を傷つけることなく表面粗さを測定できるメリットがあります。
・・・
三角記号(JIS-1982)
1994年までのJISにおいては下記のような三角記号で表面粗さを表していました。



7 甲7について
甲7には、以下の事項が記載されている。

「【0019】
本発明の積層シートは、熱可塑性樹脂で構成されたコア層(A)の少なくとも一方の面に、結晶性樹脂で構成された被覆層(B)が形成されている。以下に、必要に応じて添付図面を参照しつつ、本発明を詳細に説明する。
・・・
【0067】
さらに、本発明の積層シート(前記冷却ロールに接触したシート面)は、表面平滑性にも優れ、JIS B 0601に準拠した中心線平均粗さRaが、0.020〜0.070μm、好ましくは0.025〜0.065μm、さらに好ましくは0.030〜0.060μm、特に0.035〜0.050μm程度である。」

8 甲8について
甲8には、以下の事項が記載されている。

「表面粗さを測定できる様々な測定機
表面粗さを測る測定機として、接触式と非接触式とに分類できます。
それぞれメリット、デメリットがあるので測定対象物に応じて、測定機を選択することがポイントです。




第5 当審の判断

進歩性について

(1)本件発明1について

ア 対比
本件発明1と甲1発明とを対比する。

(ア)甲1発明の「識別対象の物品」は、「識別に応じた場所で放出されるものであ」るから、本件発明1の「選別対象物」に相当する。よって、甲1発明の「識別対象の物品をコンベヤ上に置」くことは、本件発明1の「選別対象物を載置部の対象物載置面上に載置」することに相当する。

(イ)甲1発明の「コンベヤ上に置かれた」「物品に近赤外分光器(1)の照射ビーム(20)を照射」することは、本件発明1の「前記載置部の前記載置面に載置された前記選別対象物に赤外光を照射部から照射」することに相当する。

(ウ)甲1発明の「照射ビーム(20)」が「照射」された「物品」からの「2400nm〜2510nmの範囲のスペクトルにおける反射」を、「近赤外分光器(1)の検出器」で「測定」することは、本件発明1の「前記赤外光が照射された前記選別対象物からの反射光を受光部で受光」することに相当する。

(エ)甲1発明において、「ポリマーの種類によって物品を識別」することは、「物品」の「ポリマーの種類を識別」することを意味し、この識別のための処理手段があることは明らかである。よって、甲1発明の「近赤外分光器(1)の検出器」により「測定された」「2400nm〜2510nmの範囲のスペクトルにおける反射」によって、「物品を識別」することは、本件発明1の「前記受光部により受光された前記反射光によって得られた反射又は吸収スペクトルによって、前記選別対象物の樹脂種を演算処理部で判定する」ことに相当する。

(オ)甲1発明の「ポリマーの種類を識別する方法」は、本件発明1の「樹脂判定方法」に相当する。

すると、本件発明1と甲1発明とは、次の点で一致し、次の点で相違する。

(一致点)
「選別対象物を載置部の対象物載置面上に載置し、
前記載置部の前記載置面に載置された前記選別対象物に赤外光を照射部から照射し、
前記赤外光が照射された前記選別対象物からの反射光を受光部で受光し、
前記受光部により受光された前記反射光によって得られた反射又は吸収スペクトルによって、前記選別対象物の樹脂種を演算処理部で判定する、樹脂判定方法。」

(相違点)
本件発明1では、「選別対象物における判定対象面として載置面もしくは載置面反対側の面の粗さを処理部で処理して、前記選別対象物の前記判定対象面の面積の50%以上が、算術平均粗さRaが0.025以上の領域とし」、「前記処理部で処理済みの前記選別対象物」からの反射光を受光するのに対し、甲1発明では、粗面処理をしていない「識別対象の物品」からの反射光を受光している点。

イ 判断
上記相違点について検討する。

(ア)本件特許明細書には、以下の記載がある。
【0008】
「特許文献1に記載の技術において、白又は黒など着色された樹脂は、反射光を検出できるため樹脂種の判定が可能であるが、透明樹脂においては、赤外線の大半が透過するため、樹脂種を判定することができないという課題を有する。」、
【0010】
「本発明は、前記従来の課題を解決するもので、赤外線を用いて透明樹脂体の樹脂種を判定する樹脂判定方法及び装置を提供することを目的とする。」
【0027】
「具体的には、照射部8aは、載置部5の検出領域7の選別対象物載置面5aの上方に配置されている。照射部8aは、選別対象物の一例である樹脂体2の受光部8b側の投影面積の50%以上が、算術平均粗さRaが0.025以上の領域となる状態で、樹脂体2に赤外光などの照射光3を照射する。前記領域が投影面積の50%以上とする理由は、演算処理部10での判定精度を高めるためである。すなわち、前記領域が投影面積の50%未満であると、対象物の判定に十分な信頼性のためのスペクトルが確保できず、誤判定の検出不良が発生する可能性があるためである。投影面積の上限値は100%である。また、算術平均粗さRaは0.025未満となると、鏡面に近づくことになり、表面が正反射してしまい、反射光4が十分に得られないためである。」

上記記載を踏まえると、本件発明1は、赤外光が照射された対象物からの反射光によって対象物の樹脂種を判定する際、「透明樹脂においては、赤外線の大半が透過するため、樹脂種を判定することができない」という課題を解決するために、対象物の判定面に対して、前もって上記相違点に係る「粗面処理」をすることで、対象物が透明樹脂であっても「十分な反射光量」が得られるようにしたものである。

(イ)甲1発明では、「背景信号の補正」のための「ステンレスやポリマーなどの参照物体(30)」に対して、「十分な反射光量」が得られるように、前もって「粗面処理」をしているが、「識別対象の物品」に対しては、前もって「粗面処理」をしていないことから、前もって「粗面処理」をしなくても「十分な反射光量」が得られていると考えられる。
そして、甲1では、「識別対象の物品」が透明樹脂の場合、「十分な反射光量」が得られないことを認識していないから、甲1発明において、「識別対象の物品」に対して、前もって「粗面処理」をするという動機は存在しない。
してみると、甲1発明において、「識別対象の物品」に対して、前もって「粗面処理」をすることは、当業者が容易になし得ることではない。

(ウ)また、甲2技術的事項(第4の2(2)参照。)は、「赤外全反射吸収法(ATR法)」において、「試料(高分子材料)」と「ATR結晶」との「密着性」を向上させるために、「試料(高分子材料)」に対して、前もって「研磨処理」をするものである。
そして、甲1発明は、甲2技術的事項の「赤外全反射吸収法(ATR法)」ではないから、甲1発明では、「識別対象の物品」において、「ATR結晶」との「密着性」を向上させるという課題は生じ得ない。
してみると、甲1発明において、「識別対象の物品」に対して、「ATR結晶」との「密着性」を向上させるという課題は生じ得ないから、甲2技術的事項の適用は考えられず、仮に甲2技術的事項を適用した場合には、「識別対象の物品」に対して、前もって「研磨処理」をすることになり、前もって「粗面処理」をするものにはならないことは明らかである。

(エ)赤外光が照射された対象物からの反射光によって対象物の樹脂種を判定する際、対象物の判定面に対して、「十分な反射光量」を得るために、前もって「粗面処理」をすることが、本件出願時における周知技術といえる証拠は発見されていない。

(オ)以上のことから、上記相違点に係る本件発明1の構成とすることは、甲1発明、又は、甲1発明及び甲2技術的事項に基づいて当業者が容易に想到し得ることとはいえない。

ウ 小括
したがって、本件発明1は、当業者であっても、甲1発明、又は、甲1発明及び甲2技術的事項に基づいて容易に発明をすることができたものとはいえない。

(2)本件発明2及び3について
本件発明2及び3は、本件発明1を減縮した発明であり、上記相違点に係る本件発明1の構成を備えるものであるから、本件発明1と同じ理由により、当業者であっても、甲1発明、又は、甲1発明及び甲2技術的事項に基づいて容易に発明をすることができたものとはいえない。

(3)本件発明4について
本件発明4は、本件発明1に対応する樹脂判定装置の発明であり、上記相違点に係る本件発明1の構成に対応する構成を備えるものである。
よって、本件発明4は、本件発明1と同じ理由により、当業者であっても、甲1発明、又は、甲1発明及び甲2技術的事項に基づいて容易に発明をすることができたものとはいえない。

(4)本件発明5及び6について
本件発明5及び6は、本件発明4を減縮した発明であり、上記相違点に係る本件発明1の構成に対応する構成を備えるものであるから、本件発明4と同じ理由により、当業者であっても、甲1発明、又は、甲1発明及び甲2技術的事項に基づいて容易に発明をすることができたものとはいえない。

2 サポート要件について
申立人は、「樹脂対象物の対象面における算術平均粗さRaが0.025以上」とする構成要件が、鏡面仕上げ(甲3〜甲7参照。)を含むことから、本件発明1〜6は、「赤外光を用いて透明樹脂体の樹脂種を判定する」という発明の課題を解決できず、発明の詳細な説明に記載したものでない旨主張している。
上記主張について検討する。
発明の詳細な説明には、「樹脂対象物の対象面における算術平均粗さRaが0.025以上」である点について、【0027】には、「算術平均粗さRaは0.025未満となると、鏡面に近づくことになり、表面が正反射してしまい、反射光4が十分に得られないためである。」と記載されている。この記載から、「樹脂対象物の対象面に対して算術平均粗さRaを0.025以上にすると、樹脂対象物の対象面からの反射光量が十分に得られる」ことが理解できる。
そして、甲3〜甲6(第4の3〜6参照。)には、JIS規格において、算術平均粗さRaと仕上げ面との関係が定義され、算術平均粗さRa0.025以上では、鏡面仕上げを含むことが示されている。また、甲7(第4の7参照。)には、算術平均粗さRa0.025〜0.070μmの樹脂シートは、表面平滑性に優れることが示されている。
しかしながら、甲3〜甲7は、いずれも「樹脂対象物の対象面に対して算術平均粗さRaを0.025以上にしても、樹脂対象物の対象面からの反射光量が十分に得られない」場合を含むことを示す証拠とはいえないから、サポート要件の判断に影響を与えるものではない。
よって、「樹脂対象物の対象面における算術平均粗さRaが0.025以上」である本件発明1〜6では、「樹脂対象物の対象面からの反射光量が十分に得られる」ことにより、「赤外光を用いて透明樹脂体の樹脂種を判定する」という発明の課題を解決できることが理解できるから、本件発明1〜6は、発明の詳細な説明に記載したものといえる。
したがって、申立人の上記主張は採用できない。

明確性要件について
申立人は、算術平均粗さの測定に用いる測定機器・測定方式には、種々存在し(甲8参照。)、これらの測定機器・測定方式の間で、算術平均粗さの値にばらつきがあるところ、「樹脂対象物の対象面における算術平均粗さRaが0.025以上」となることの測定に、どのような測定機器・測定方式を用いるのか、当業者が理解することができないから、本件発明1〜6の「樹脂対象物の対象面における算術平均粗さRaが0.025以上」であるか否かの外縁が不明確であり、本件発明1〜6は不明確である旨主張している。
上記主張について検討する。
甲8(第4の8参照。)には、表面粗さ測定機器・測定方式として、表面粗さを、マイクロレベルで測定できるものからサブナノレベルで測定できるものまで示されている。
よって、甲8に示されるような測定機器・測定方式を用いて表面粗さを測定することで、「樹脂対象物の対象面における算術平均粗さRaが0.025以上」であるか否かの判断はできるから、出願時の技術常識を踏まえると、本件発明1〜6の「樹脂対象物の対象面における算術平均粗さRaが0.025以上」であるか否かの外縁が不明確であるとはいえず、本件発明1〜6は不明確であるとはいえない。
したがって、申立人の上記主張は採用できない。

第6 むすび
以上のとおりであるから、特許異議申立書に記載した申立理由によっては、本件請求項1ないし6に係る特許を取り消すことはできない。
また、他には、本件請求項1ないし6に係る特許を取り消すべき理由を発見しない。

よって、結論のとおり決定する。


 
異議決定日 2022-03-09 
出願番号 P2018-209900
審決分類 P 1 651・ 121- Y (G01N)
P 1 651・ 537- Y (G01N)
最終処分 07   維持
特許庁審判長 福島 浩司
特許庁審判官 ▲高▼見 重雄
渡戸 正義
登録日 2021-04-30 
登録番号 6876983
権利者 パナソニックIPマネジメント株式会社
発明の名称 樹脂判定方法及び装置  
  • この表をプリントする

プライバシーポリシー   セキュリティーポリシー   運営会社概要   サービスに関しての問い合わせ