• ポートフォリオ機能


ポートフォリオを新規に作成して保存
既存のポートフォリオに追加保存

  • この表をプリントする
PDF PDFをダウンロード
審決分類 審判 全部申し立て 特36条6項1、2号及び3号 請求の範囲の記載不備  A23L
審判 全部申し立て 1項3号刊行物記載  A23L
審判 全部申し立て 2項進歩性  A23L
管理番号 1400506
総通号数 20 
発行国 JP 
公報種別 特許決定公報 
発行日 2023-08-25 
種別 異議の決定 
異議申立日 2023-04-11 
確定日 2023-07-19 
異議申立件数
事件の表示 特許第7152189号発明「ビールテイスト飲料」の特許異議申立事件について、次のとおり決定する。 
結論 特許第7152189号の請求項1ないし3に係る特許を維持する。 
理由 第1 手続の経緯

特許第7152189号(以下、「本件特許」という。)についての出願は、平成30年5月25日の出願であって、令和4年10月3日にその特許権の設定登録(請求項の数3)がされ、同年同月12日に特許掲載公報が発行され、その後、その特許に対し、令和5年4月11日に特許異議申立人 榎本 修(以下、「特許異議申立人A」という。)より特許異議の申立て(対象となる請求項:請求項1ないし3)がされるとともに、同年同月12日特許異議申立人 山内 慶子(以下、「特許異議申立人B」という。)より特許異議の申立て(対象となる請求項:請求項1ないし3)がされたものである。

第2 本件特許発明

本件特許の請求項1ないし3に係る発明(以下、これらの発明を順に「本件特許発明1」、「本件特許発明2」などという場合があり、また、これらをまとめて「本件特許発明」という場合がある。)は、願書に添付された特許請求の範囲の請求項1ないし3に記載された事項により特定される次のとおりのものである。

「【請求項1】
カラメルI類と、増粘性多糖類及び界面活性剤からなる群より選択される少なくとも1種の起泡剤と、を含有し、
前記起泡剤が、アルギン酸類、オクテニルコハク酸デンプン及びグリセリン脂肪酸エステルからなる群より選択される少なくとも1種である、ビールテイスト飲料。
【請求項2】
前記起泡剤がアルギン酸類である、請求項1に記載のビールテイスト飲料。
【請求項3】

NIBEM値が60以上である、請求項1又は2に記載のビールテイスト飲料。」

第3 特許異議申立理由の概要

1 特許異議申立人Aが申し立てた特許異議申立理由の概要

特許異議申立人Aが申し立てた請求項1ないし3に係る特許に対する特許異議申立理由の概要は、次のとおりである。

(1) 申立理由A1−1(甲第A1号証を主たる証拠とする新規性
本件特許の請求項1ないし3に係る発明は、本件特許の出願前に日本国内又は外国において、頒布された又は電気通信回線を通じて公衆に利用可能となった下記の甲第A1号証に記載された発明であり、特許法第29条第1項第3号に該当し特許を受けることができないものであるから、それらの特許は、同法第113条第2号に該当し、取り消すべきものである。

(2) 申立理由A1−2(甲第A2号証を主たる証拠とする新規性
本件特許の請求項1及び3に係る発明は、本件特許の出願前に日本国内又は外国において、頒布された又は電気通信回線を通じて公衆に利用可能となった下記の甲第A2号証に記載された発明であり、特許法第29条第1項第3号に該当し特許を受けることができないものであるから、それらの特許は、同法第113条第2号に該当し、取り消すべきものである。

(3) 申立理由A1−3(甲第A3号証を主たる証拠とする新規性
本件特許の請求項1ないし3に係る発明は、本件特許の出願前に日本国内又は外国において、頒布された又は電気通信回線を通じて公衆に利用可能となった下記の甲第A3号証に記載された発明であり、特許法第29条第1項第3号に該当し特許を受けることができないものであるから、それらの特許は、同法第113条第2号に該当し、取り消すべきものである。

(4) 申立理由A1−4(甲第A4号証を主たる証拠とする新規性
本件特許の請求項1ないし3に係る発明は、本件特許の出願前に日本国内又は外国において、頒布された又は電気通信回線を通じて公衆に利用可能となった下記の甲第A4号証に記載された発明であり、特許法第29条第1項第3号に該当し特許を受けることができないものであるから、それらの特許は、同法第113条第2号に該当し、取り消すべきものである。

(5) 申立理由A1−5(甲第A5号証を主たる証拠とする新規性
本件特許の請求項1ないし3に係る発明は、本件特許の出願前に日本国内又は外国において、頒布された又は電気通信回線を通じて公衆に利用可能となった下記の甲第A5号証に記載された発明であり、特許法第29条第1項第3号に該当し特許を受けることができないものであるから、それらの特許は、同法第113条第2号に該当し、取り消すべきものである。

(6) 申立理由A2−1(甲第A1号証を主たる証拠とする進歩性
本件特許の請求項1ないし3に係る発明は、本件特許の出願前に日本国内又は外国において、頒布された又は電気通信回線を通じて公衆に利用可能となった下記の甲第A1号証に記載された発明に基いて、本件特許の出願前にその発明の属する技術の分野における通常の知識を有する者(以下、「当業者」という。)が容易に発明をすることができたものであり、特許法第29条第2項の規定により特許を受けることができないものであるから、それらの発明に係る特許は、同法第113条第2号に該当し、取り消すべきものである。

(7) 申立理由A2−2(甲第A2号証を主たる証拠とする進歩性
本件特許の請求項1ないし3に係る発明は、本件特許の出願前に日本国内又は外国において、頒布された又は電気通信回線を通じて公衆に利用可能となった下記の甲第A2号証に記載された発明に基いて、本件特許の出願前に当業者が容易に発明をすることができたものであり、特許法第29条第2項の規定により特許を受けることができないものであるから、それらの発明に係る特許は、同法第113条第2号に該当し、取り消すべきものである。

(8) 申立理由A2−3(甲第A3号証を主たる証拠とする進歩性
本件特許の請求項1ないし3に係る発明は、本件特許の出願前に日本国内又は外国において、頒布された又は電気通信回線を通じて公衆に利用可能となった下記の甲第A3号証に記載された発明に基いて、本件特許の出願前に当業者が容易に発明をすることができたものであり、特許法第29条第2項の規定により特許を受けることができないものであるから、それらの発明に係る特許は、同法第113条第2号に該当し、取り消すべきものである。

(9) 申立理由A2−4(甲第A4号証を主たる証拠とする進歩性
本件特許の請求項1ないし3に係る発明は、本件特許の出願前に日本国内又は外国において、頒布された又は電気通信回線を通じて公衆に利用可能となった下記の甲第A4号証に記載された発明に基いて、本件特許の出願前に当業者が容易に発明をすることができたものであり、特許法第29条第2項の規定により特許を受けることができないものであるから、それらの発明に係る特許は、同法第113条第2号に該当し、取り消すべきものである。

(10) 申立理由A2−5(甲第A5号証を主たる証拠とする進歩性
本件特許の請求項1ないし3に係る発明は、本件特許の出願前に日本国内又は外国において、頒布された又は電気通信回線を通じて公衆に利用可能となった下記の甲第A5号証に記載された発明に基いて、本件特許の出願前に当業者が容易に発明をすることができたものであり、特許法第29条第2項の規定により特許を受けることができないものであるから、それらの発明に係る特許は、同法第113条第2号に該当し、取り消すべきものである。

(11) 申立理由A2−6(甲第A6号証を主たる証拠とする進歩性
本件特許の請求項1ないし3に係る発明は、本件特許の出願前に日本国内又は外国において、頒布された又は電気通信回線を通じて公衆に利用可能となった下記の甲第A6号証に記載された発明に基いて、本件特許の出願前に当業者が容易に発明をすることができたものであり、特許法第29条第2項の規定により特許を受けることができないものであるから、それらの発明に係る特許は、同法第113条第2号に該当し、取り消すべきものである。

(12) 申立理由A2−7(甲第A7号証を主たる証拠とする進歩性
本件特許の請求項1ないし3に係る発明は、本件特許の出願前に日本国内又は外国において、頒布された又は電気通信回線を通じて公衆に利用可能となった下記の甲第A7号証に記載された発明に基いて、本件特許の出願前に当業者が容易に発明をすることができたものであり、特許法第29条第2項の規定により特許を受けることができないものであるから、それらの発明に係る特許は、同法第113条第2号に該当し、取り消すべきものである。

(13) 申立理由A3(サポート要件)
本件特許の請求項1ないし3に係る特許は、下記の点で特許法第36条第6項第1号に規定する要件を満たしていない出願に対してされたものであるから、同法第113条第4号に該当し、取り消すべきものである。

なお、申立理由A3の具体的理由は、おおむね次のとおりである。

本件特許の明細書の発明の詳細な説明の【0004】、【0005】、【0059】及び【0063】の記載を考慮すると、本件特許発明が解決しようとする課題は、「カラメルI類とは異なるカラメル(例えばカラメルIII類)を配合させた場合と比べて、泡の見た目がより白いビールテイスト飲料を提供すること」であると認められる。
また、本件特許の明細書の発明の詳細な説明の【0006】の記載を考慮すると、本件特許発明1には、課題を解決するための手段として、「ビールテイスト飲料が、カラメルI類と、アルギン酸類、オクテニルコハク酸デンプン及びグリセリン脂肪酸エステルからなる群より選択される少なくとも1種の気泡剤とを含有すること」が記載されているものと認められる。
サポート要件の適否について検討するに、本件特許の明細書の発明の詳細な説明には、上記本件特許発明1に記載された課題を解決するための手段によって、上記本件特許発明が解決しようする課題を解決できるといえる作用機序の説明が一切記載されていない。また、甲第A8号証、甲第A9号証、甲第A18号証及び甲第A22号証の記載から、様々な色度や色調のカラメルI、カラメルIII及びカラメルIVが市販されていたものと認められるところ、本件特許の明細書の発明の詳細な説明の記載では、実際に使用されたカラメルI類及びカラメルIII類を特定することができないことから、カラメルIII類よりも色度が大きく、色調が暗いカラメルI類を配合した場合であっても、カラメルIII類を配合させた場合と比べて、泡の見た目がより白いビールテイスト飲料を提供できることが裏付けられているとはいえない。
そうすると、本件特許の明細書の発明の詳細な説明の記載を考慮しても、上記本件特許発明1に記載された課題を解決するための手段によって、本件特許発明が解決しようとする課題、即ち「カラメルI類とは異なるカラメル(例えばカラメルIII類)を配合させた場合と比べて、泡の見た目がより白いビールテイスト飲料を提供すること」を解決できることを当業者は認識できるものではない。
したがって、本件特許発明1は、その課題を解決することができない態様を包含していると認められ、発明の詳細な説明に記載したものではない。
また、本件特許発明2及び3も同様である。

(14) 証拠方法
・甲第A1号証:特開2016−174571号公報(下記の甲第B1号証と同じ)
・甲第A2号証:特開2006−166758号公報(下記の甲第B3号証と同じ))
・甲第A3号証:サッポロビール株式会社のニュースリリース、2013年4月9日、URL:https://www.sapporobeer.jp/news_release/items/0000020569/pdf/20130409gokuzero.pdf
・甲第A4号証:国際公開第2014/119064号
・甲第A5号証:特開2016−82894号公報
・甲第A6号証:特許第6178558号公報
・甲第A7号証:Mintel GNPD(世界新商品データベース)に掲載された技術情報、Asahi Breweries社がニュージーランドで販売したノンアルコールビールテイスト飲料「Asahi Dry Zero」、記録番号(ID#):5987355、URL:https://www.gnpd.com
・甲第A8号証:公益財団法人 日本食品化学研究振興財団のウェブサイト情報、平成26年1月30日、URL:http://www.ffcr.or.jp/shokuhin/upload/202fd3d76dd4b6257b8fd71987b73040407057e6.pdf
・甲第A9号証:安全工学、特定非営利活動法人 安全工学会、56(5)、356−361(2017)
・甲第A10号証:New Food Industry、株式会社食品資材研究会、21(5)、8−10(1979)
・甲第A11号証:国立研究開発法人科学技術振興機構のJ−GLOBALのウェブページ印刷物、URL:https://jglobal.jst.go.jp/detail?JGLOBAL_ID=201002018201871122
・甲第A12号証:英独和ビール用語辞典、財団法人日本醸造協会、平成16年2月15日、61、89、90頁
・甲第A13号証:化学と生物、公益社団法人 日本農芸化学会、13(8)、504−509(1975)
・甲第A14号証:科学技術情報発信・流通総合システム(J−STAGE)のウェブページ印刷物、URL:https://www.jstage.jst.go.jp/article/kagakutoseibutsu1962/13/8/13_8_504/_article/-char/ja
・甲第A15号証:ResearchGateにて公開された論文、「Not just froth and bubble!」、Dr. Evan Evans and Prof. Charlie Bamforth、2008年10月、URL:https://www.researchgate.net/publication/305441931_Not_just_froth_and_bubble
・甲第A16号証:月刊フードケミカル、株式会社食品化学新聞社、27(11)、49−53(2011)
・甲第A17号証:J.Am.Soc.Brew.Chem.、American Society of Brewing Chemists, Inc.、55(4)、147−152(1997)
・甲第A18号証:ウェイバックマシン(Wayback Machine)に保存された2013年1月27日付けの天野実業株式会社のウェブサイト情報、URL:https://web.archive.org/web/20130127010644/http:/www.amanofoods.co.jp/technology/tech06.html
・甲第A19号証:オルガノフードテック株式会社のウェブサイト情報、URL:https://oft.organo.co.jp/product/p0104/
・甲第A20号証:食品工業、光琳書院、37(12)、71−76(1994)
・甲第A21号証:月刊フードケミカル、株式会社食品化学新聞社、19(4)、35−39(2003)
・甲第A22号証:森田フードシステム株式会社のウェブサイト情報、URL:https://www.morita-fs.co.jp/product.php?c=1(下記の甲第B5号証と同じ)
・甲第A23号証:特開2016−7138号公報
・甲第A24号証:月刊フードケミカル、株式会社食品化学新聞社、26(11)、71−73(2010)
なお、証拠の表記については、特許異議申立人Aが提出した特許異議申立書(以下、「特許異議申立書A」という。)における記載におおむね従った。

2 特許異議申立人Bが申し立てた特許異議申立理由の概要

特許異議申立人Bが申し立てた請求項1ないし3に係る特許に対する特許異議申立理由の概要は、次のとおりである。

(1) 申立理由B1−1(甲第B1号証を主たる証拠とする進歩性
本件特許の請求項1ないし3に係る発明は、本件特許の出願前に日本国内又は外国において、頒布された又は電気通信回線を通じて公衆に利用可能となった下記の甲第B1号証に記載された発明に基いて、本件特許の出願前に当業者が容易に発明をすることができたものであり、特許法第29条第2項の規定により特許を受けることができないものであるから、それらの発明に係る特許は、同法第113条第2号に該当し、取り消すべきものである。

(2) 申立理由B1−2(甲第B2号証を主たる証拠とする進歩性
本件特許の請求項1ないし3に係る発明は、本件特許の出願前に日本国内又は外国において、頒布された又は電気通信回線を通じて公衆に利用可能となった下記の甲第B2号証に記載された発明に基いて、本件特許の出願前に当業者が容易に発明をすることができたものであり、特許法第29条第2項の規定により特許を受けることができないものであるから、それらの発明に係る特許は、同法第113条第2号に該当し、取り消すべきものである。

(3) 申立理由B1−3(甲第B3号証を主たる証拠とする進歩性
本件特許の請求項1ないし3に係る発明は、本件特許の出願前に日本国内又は外国において、頒布された又は電気通信回線を通じて公衆に利用可能となった下記の甲第B3号証に記載された発明に基いて、本件特許の出願前に当業者が容易に発明をすることができたものであり、特許法第29条第2項の規定により特許を受けることができないものであるから、それらの発明に係る特許は、同法第113条第2号に該当し、取り消すべきものである。

(4) 申立理由B2(サポート要件)
本件特許の請求項1ないし3に係る特許は、下記の点で特許法第36条第6項第1号に規定する要件を満たしていない出願に対してされたものであるから、同法第113条第4号に該当し、取り消すべきものである。

なお、申立理由B2の具体的理由は、おおむね次のとおりである。

本件特許発明の課題は、「泡の見た目がより白いビールテイスト飲料を提供すること」である。
しかしながら、本件特許の明細書の実施例で調製されたサンプル2−5(泡の色度:74.0)、サンプル3−2(泡の色度:79.4)、サンプル4−1(泡の色度:43.9)は、カラメルIII類を含む飲料の泡の色度(33.4や38.4)に比べて色度が高く、上記課題が解決されていない。
また、本件特許発明1ないし3は、カラメルI類の含有量が規定されておらず、カラメルI類を多量に含む飲料も包含する規定となっている。本件特許の明細書の表2の記載から明らかなとおり、カラメルI類を多量に含む飲料は、泡の色度が高くなり、上記課題が解決されないことは明らかである。
したがって、本件特許発明1ないし3は、上記課題を解決されない態様が含まれる規定となっており、サポート要件を満たさない。

(5) 証拠方法
・甲第B1号証:特開2016−174571号公報(上記の甲第A1号証と同じ)
・甲第B2号証:特開2015−208253号公報
・甲第B3号証:特開2006−166758号公報(上記の甲第A2号証と同じ)
・甲第B4号証:国際公開第2013/031713号
・甲第B5号証:森田フードシステム株式会社のウェブサイト、https://www.morita-fs.co.jp/product.php(上記の甲第A22号証と同じ)
・甲第B6号証:特開2014−82940号公報
・甲第B7号証:東京聖栄大学紀要 第10号、「カラメル色素の食品への利用と安全性」、平成30年3月1日
・甲第B8号証:運営会社株式会社アンディの「たべるご」のウェブサイト、https://taberugo.net/215、平成28年11月10日
・甲第B9号証:改訂BCOJビール分析法 2013年増補改訂「8.29 泡 NIBEM−Tを用いた泡持ち測定法」
なお、証拠の表記については、特許異議申立人Bが提出した特許異議申立書(以下、「特許異議申立書B」という。)における記載におおむね従った。

第4 当審の判断

以下のとおり、当審は、特許異議申立理由は、いずれもその理由がないものと判断する。

1 申立理由A1−1、A2−1及びB1−1(甲第A1号証(甲第B1号証)を主たる証拠とする新規性進歩性)について
(1) 甲第A1号証(甲第B1号証)の記載事項等
なお、甲第A1号証と甲第B1号証は同じ証拠であるので、以下、「甲第A1号証」との表記にまとめる。
ア 甲第A1号証の記載事項
甲第A1号証には、「希釈用起泡性飲料」に関し、次の記載がある。

「【請求項1】
起泡性飲料原料に、起泡剤を含有させ、飲用時に希釈、起泡させて飲用する希釈用起泡性飲料において、希釈用起泡性飲料原料液に、アルコールを含有させ、希釈用起泡性飲料製造時の泡立ち抑制と飲用時の良好な泡立ちを両立させた容器詰希釈用起泡性飲料。
・・・
【請求項3】
起泡性飲料原料に含有させる起泡剤が、アルギン酸プロピレングリコールであることを特徴とする、請求項1又は2に記載の容器詰希釈用起泡性飲料。
・・・
【請求項6】
起泡性飲料原料が、ビールティスト飲料用の飲料原料であることを特徴とする請求項1〜5のいずれかに記載の容器詰希釈用起泡性飲料。
【請求項7】
ビールティスト飲料用の起泡性飲料原料が、アルコール、起泡剤、酸味料、苦味料、及び香料を含有することを特徴とする請求項6に記載の容器詰希釈用起泡性飲料。
【請求項8】
希釈用起泡性飲料が、飲用時に炭酸水で希釈して飲用に供するためのものであることを特徴とする請求項1〜7に記載の容器詰希釈用起泡性飲料。」

「【0001】
本発明は、飲用時に希釈、起泡させて飲用する容器詰希釈用起泡性飲料に関し、特に、ビールティスト飲料のような起泡性飲料の原料に起泡剤を含有させ、飲用時に希釈、起泡させて飲用する容器詰希釈用起泡性飲料において、起泡剤を含んでいるにも関わらず、容器詰飲料製造時の容器充填の際も、過剰な泡立ちが生じず、また、飲用時に炭酸水或いは水などの希釈液で希釈する際にも、良好な泡立ちを確保することができ、希釈用起泡性飲料製造時の泡立ち抑制と飲用時の良好な泡立ちを両立させた容器詰希釈用起泡性飲料を提供することに関する。」

「【0013】
本発明の課題は、飲用時に希釈、起泡させて飲用する容器詰希釈用起泡性飲料を提供すること、特に、ビールティスト飲料のような起泡性飲料の原料に起泡剤を含有させ、飲用時に希釈、起泡させて飲用する容器詰希釈用起泡性飲料において、起泡剤を含んでいるにも関わらず、容器詰飲料製造時の容器充填の際も、過剰な泡立ちが生じず、また、飲用時に炭酸水或いは水などの希釈液で希釈する際にも、良好な泡立ちを確保することができ、希釈用起泡性飲料製造時の泡立ち抑制と飲用時の良好な泡立ちを両立させた容器詰希釈用起泡性飲料を提供することにある。」

「【0017】
本発明の容器詰希釈用起泡性飲料において、起泡性飲料原料に含有させる起泡剤としては起泡性飲料に用いられている公知の起泡剤を選択することができるが、ビールティスト飲料のような起泡性飲料においては、特に、アルギン酸プロピレングリコールを好ましい起泡剤として用いることができる。」

「【0019】
本発明の容器詰希釈用起泡性飲料は、ビールティスト飲料用の希釈用起泡性飲料に適用することができ、希釈用起泡性飲料の飲料原料として、ビールティスト飲料用の飲料原料を用い、該飲料原料に、起泡剤及びアルコールを含有させ、該起泡性飲料の容器詰希釈用起泡性飲料として、調製することができる。該ビールティスト飲料用の希釈用起泡性飲料は、アルコール、起泡剤、酸味料、苦味料、及び香料を含有する希釈用起泡性飲料として調製することができる。本発明の容器詰希釈用起泡性飲料は、飲用時に炭酸水或いは水などの希釈液で希釈し、起泡させて、起泡性飲料として、飲用に供することができる。」

「【発明の効果】
【0022】
本発明は、起泡性飲料原料に起泡剤を含有させ、飲用時に希釈、起泡させて飲用する容器詰希釈用起泡性飲料において、起泡剤を含んでいるにも関わらず、容器充填時並びに希釈飲用時いずれにおいても過剰な泡立ちの問題が生じない、容器詰め希釈用起泡性飲料を提供でき、製造後も沈殿や濁りが生じず、保存後も安定で容器に充填した際も良好な外観を有する容器詰め希釈用起泡性飲料を提供できる。本発明の希釈用起泡性飲料は、ビールティスト飲料のような起泡性飲料にも適用することができ、飲用時に、炭酸水等で希釈、起泡することにより、ビール様の良好な泡の形成を可能とし、ビールテイスト飲料本来の香味、味覚を保持したビールテイスト飲料を調製できる容器詰希釈用起泡性飲料を提供する。」

「【0025】
<起泡剤>
本発明においては、希釈用起泡性飲料の飲用時の希釈、起泡に際して、良好な起泡と泡持ちを確保するために、起泡性飲料原料に起泡剤を含有させる。該起泡剤としては、アルギン酸プロピレングリコールを代表とするプロピレングリコール脂肪酸エステル類、グリセリン脂肪酸エステル類やショ糖脂肪酸エステル類などの脂肪酸エステル類、サポニン、ペクチン、タマリンドガム、アラビアガムなどの天然物由来のもの、そのほかオクテニルコハク酸デンプンなどいずれも使用可能である。ビールテイスト飲料のような起泡性飲料を対象とする場合には、起泡性飲料の香味、味覚への影響や、生じる泡の性状などの観点から、起泡剤として、アルギン酸プロピレングリコールが特に適している。起泡剤の濃度は、希釈用起泡性飲料原料液の液種に応じて、適宜、調整することができるが、希釈後の起泡性飲料に対して、0.005〜0.4w/v%の範囲の濃度となるように、希釈用起泡性飲料原料液中の起泡剤の濃度を設定することができる。」

「【0032】
<ビールテイスト飲料への適用>
本発明においては、本発明の希釈用起泡性飲料の特に好ましい適用対象として、ビールテイスト飲料を挙げることができる。該ビールテイスト飲料の原料液の調製には、通常、該ビールテイスト飲料の製造に用いられる原材料及び添加剤を用いることができる。例えば、モルトエキス、甘味料、苦味料、食物繊維、香料、酸味料、安定剤、保存料(安息香酸ナトリウム)等を挙げることができる。甘味料としては、ショ糖、果糖ぶどう糖液糖、グルコース、マルトース、高甘味度甘味料(アセスルファムK、スクラロースなど)などが、苦味料としてはホップエキスやナリンジン、クワッシャなどを含む植物抽出物などが、酸味料としてはクエン酸、乳酸、酢酸、グルコン酸、リンゴ酸、フィチン酸などが挙げられる。その添加量は目的の香味によって決められる。更に、ビールテイスト飲料の香味、性状によりビールに近づけるためには、そのほかに香料や色素などを添加することが好ましい。」

「【0048】
[実施例8]
<ビアテイスト飲料>
アルギン酸プロピレングリコール 0.2%(w/v)、エタノール30%(v/v)に、Eファイバー10%(w/v)、ブランチオリゴ1%(w/v)、モルトエキス1%(w/v)、異性化ホップエキス0.5%(w/v)、カラメル色素0.3%(w/v)、酸味料、甘味料、香料を加えた希釈用起泡性飲料を作成し、充填時の泡立ちと希釈飲用時の泡立ちを評価した。なお、このとき希釈用起泡性飲料中のアルコール濃度は30%(v/v)であり、希釈飲料中の起泡剤の濃度は0.033%(w/v)である。各評価は実施例6と同様に行った。結果を表6に示す。実際の希釈用ビアテイスト飲料においても、エタノール濃度と起泡剤の量を調整することで、充填時の泡立ち抑制と希釈飲用時の良好な泡立ちを両立でき、分岐鎖多糖を含有させることで、外観安定性を保持しながら、ボディ感を付与できることが分かった。
【0049】
【表6】



イ 甲第A1号証に記載された発明
上記アの記載、特に実施例8の記載を中心に整理すると、甲第A1号証には次の発明が記載されているものと認める。

「アルギン酸プロピレングリコール0.2%(w/v)、エタノール30%(v/v)に、Eファイバー10%(w/v)、ブランチオリゴ1%(w/v)、モルトエキス1%(w/v)、異性化ホップエキス0.5%(w/v)、カラメル色素0.3%(w/v)、酸味料、甘味料、香料を加えた希釈用起泡性飲料であるビアテイスト飲料。」(以下、「甲A1発明」という。)

(2) 対比・判断
ア 本件特許発明1について
(ア) 対比
本件特許発明1と甲A1発明とを対比する。
甲A1発明の「ビアテイスト飲料」は,本件特許発明1の「ビールテイスト飲料」に相当する。
また、甲A1発明の「アルギン酸プロピレングリコール」は、甲第A1号証の【0025】の記載からみて、「起泡剤」として添加されているものであるから、本件特許発明1の「増粘性多糖類及び界面活性剤からなる群より選択される少なくとも1種の起泡剤と、を含有し、」との特定事項を満たすものであるとともに、「前記起泡剤が、アルギン酸類、オクテニルコハク酸デンプン及びグリセリン脂肪酸エステルからなる群より選択される少なくとも1種である、」との特定事項をも満たす。
さらに、甲A1発明の「カラメル色素」は、本件特許発明1の「カラメルI類」のうち、「カラメル」である限りにおいて一致する。
してみると、両者は、
「カラメルと、増粘性多糖類及び界面活性剤からなる群より選択される少なくとも1種の起泡剤と、を含有し、
前記起泡剤が、アルギン酸類、オクテニルコハク酸デンプン及びグリセリン脂肪酸エステルからなる群より選択される少なくとも1種である、ビールテイスト飲料。」
で一致し、次の点で相違する。

(相違点A1)
ビールテイスト飲料に含まれるカラメルについて、本件特許発明1には「カラメルI類」と特定されるのに対して、甲A1発明にはそのような特定がない点。

(イ) 判断
上記相違点A1について検討する。
甲第A1号証の全ての記載をみても、甲A1発明の「カラメル色素」は、具体的に何か明らかにされていないものであるから、相違点A1は実質的な相違点である。
よって、本件特許発明1は、甲A1発明ではない。
また、甲第A1号証及び他の全ての証拠の記載をみても、甲A1発明において、起泡剤と組み合わせて「泡の見た目がより白い」ものとするために、「カラメル」として「カラメルI種」とする、すなわち、相違点A1に係る本件特許発明1の特定事項を満たすものとする動機がない。
したがって、本件特許発明1は、甲A1発明に基いて、当業者が容易に発明をすることができたものではない。

(ウ) 特許異議申立人Aの主張について
特許異議申立人Aは、甲第A8号証及び甲第A9号証をあげ、カラメル色素は4種類に分類されているにすぎないこと、そのうち、カラメルIIについては、食品添加物として使用されていないことから、実質的には3つ(カラメルI、カラメルIII又はカラメルIV)の選択肢の1つにすぎず、実質的な相違点ではない旨主張する(特許異議申立書A p.46-47)。
しかしながら、甲A1発明において、カラメルの種類を選択する必要がある以上、「カラメルI」であるか否かは明らかな相違点であるといえるから、当該特許異議申立人Aの主張は採用できない。
また、特許異議申立人Aは、甲第A6号証及び甲第A9号証をあげ、安全性の観点から、甲A1発明のカラメルとして「カラメルI」を用いることは、当業者であれば容易に想到し得たことであり、さらには、甲第A13号証及び甲第A15号証をあげつつ、その効果も格別のものではない旨主張する(特許異議申立書A p.47-50)が、この点については、上記(イ)のとおり判断されるから、特許異議申立人Aの当該主張も採用できない。

(エ) 特許異議申立人Bの主張について
特許異議申立人Bは、甲第B4号証及び甲第B5号証をあげ、色度が低い「カラメルI類」を選択する動機があること(特許異議申立書B p.15-16)、甲第B6号証をあげつつ、泡安定性のために「カラメルI類」を選択する動機付けがあること(特許異議申立書B p.16-18)、甲第B7号証をあげつつ、安全性の観点から「カラメルI類」を用いることは当業者が容易に想到し得る事項であること(特許異議申立書B p.18-19)、甲第B4号証をあげつつ、効果の予測性があること(特許異議申立書B p.19-20)などを主張する。
しかしながら、何れも、上記(イ)と同様に判断されるものであり、特許異議申立人Bの上記主張は何れも採用できない。

イ 本件特許発明2及び3について
本件特許発明2及び3は、本件特許発明1の全ての特定事項を有するものである。
そして、本件特許発明1は、上記アの検討のとおり、甲A1発明ではなく、甲A1発明に基いて当業者が容易に発明をすることができたものではないから、本件特許発明2及び3もまた、甲A1発明ではなく、甲A1発明に基いて当業者が容易に発明をすることができたものでもない。

(3) 申立理由A1−1、A2−1及びB1−1についてのまとめ
上記(2)のとおりであるから、申立理由A1−1、A2−1及びB1−1は、その理由がない。

2 申立理由A1−2、A2−2及びB1−3(甲第A2号証(甲第B3号証)を主たる証拠とする新規性進歩性)について
(1) 甲第A2号証(甲第B3号証)の記載事項等
なお、甲第A2号証と甲第B3号証は同じ証拠であるので、以下、「甲第A2号証」との表記にまとめる。
ア 甲第A2号証の記載事項
甲第A2号証には、「大麦、小麦及び麦芽を使用しない発泡アルコール飲料の製造方法及びその製造方法により製造した発泡アルコール飲料、並びに麦芽アルコール飲料の製造方法及びその製造方法により製造した麦芽アルコール飲料」に関し、次の記載がある。

「【請求項1】
大麦、小麦及び麦芽を使用することなく、炭素源を含有するシロップ、窒素源、ホップ、色素、起泡・泡品質を改善する原材料及び水を原料として発酵前液を製造し、該発酵前液を酵母の使用によって発酵させることによる大麦、小麦及び麦芽を使用しない発泡アルコール飲料の製造方法において、オクテニルコハク酸澱粉を原材料の一部として使用することを特徴とする発泡アルコール飲料の製造方法。
【請求項2】
前記オクテニルコハク酸澱粉は、エマルスターであることを特徴とする請求項1に記載の発泡アルコール飲料の製造方法。
・・・
【請求項9】
請求項1〜4のいずれかに記載の発泡アルコール飲料の製造方法により得られる発泡アルコール飲料。」

「【技術分野】
【0001】
本発明は、大麦、小麦及び麦芽を使用しない発泡アルコール飲料の製造方法及びその製造方法により製造した発泡アルコール飲料、並びに麦芽アルコール飲料の製造方法及びその製造方法により製造した麦芽アルコール飲料に関する。」

「【発明が解決しようとする課題】
【0009】
したがって、本発明は上述に鑑みてなされたものであり、従来の問題点を解決した麦芽、大麦、小麦を原料に使用しないビール様発泡アルコール飲料などの発泡アルコール飲料及び麦芽アルコール飲料を提供することにあり、従来に比して大幅に泡立ち、泡持ちなどの泡特性が向上するように改善するとともに優れた香味をも実現したビール様発泡アルコール飲料などの発泡アルコール飲料及び麦芽アルコール飲料の製造方法並びにその製造方法によって製造された発泡アルコール飲料及び麦芽アルコール飲料を提供することを目的とする。」

「【実施例】
【0044】
以下、実施例により本発明の製法にしたがって実施した具体例を更に詳細に説明するが、本発明はこれらの実施例に限定されるものではない。
【0045】
ここでは、上述したようなオクテニルコハク酸澱粉を原材料の一部として使用する場合に適用して実施した試験醸造を説明する。なお、本実施例は、400Lスケールの醸造設備において試験的に実施したものである。異なった使用量でオクテニルコハク酸澱粉を使用した12種類のビール様発泡アルコール飲料、1種類のスピリッツ、5種類の発泡酒を製造し、これらについて官能検査、及び泡持ちの比較試験を行った。
【0046】
実施例1及び2は、それぞれ6種類のビール様発泡アルコール飲料を、実施例3はスピリッツを、実施例4は発泡酒を、400Lスケールの醸造設備において試験的に実施し、何れも原材料以外の工程条件は同じとし、最終的に試験製品の最終アルコール濃度をすべてアルコール5.0容量%に調整した。
(実施例1)
実施例1は、麦芽、大麦を使用することなく、炭素源を含有するシロップ、ホップ、色素、香味・発酵性を改善する原材料及び水を原料として発酵前液を製造し、該発酵前液を酵母を使用して発酵させることによりビール様発泡アルコール飲料を製造する方法に糖質を泡立ち、泡持ちを改善する原材料としてオクテニルコハク酸澱粉(松谷化学工業株式会社製:エマルスター、以下同じ)を使用することにより本発明を適用した例で、以下の手順で実施した。
【0047】
以下の原料を使用して発酵前液を調整する。
【0048】
使用原料:ビール様発泡アルコール飲料を製造するために、エマルスターを使用しないコントロールの試験醸造(#1−1)、エマルスター3.0kg(#1−2)、同5.0kg(#1−3)、同10.0kg(#1−4)、同20.0kg(#1−5)、同25.0kg(#1−6)とした。各エマルスターの使用量は得られる発泡アルコール飲料1kl当たりの使用量である。そして何れの試験も原料のシロップは14.64kgの米糖化液(特開2004−08131号公報)、残りはDE50のシロップ(日本コーンターチ社製:コーンシラップ S75)を使い全原料量で69kgになる様に調整した。何れのシロップも商業的に入手可能であり、固形分75%である。また、DEとはDextrose equivalentの略で、でん粉の糖化率を示す。この実施例1では、エンドウタンパクを使用しないこと以外は、発明の実施の形態で述べたビール様発泡アルコール飲料の製造工程に従って製造した。
【0049】
すなわち、カラメル色素240g(池田糖化工業社製:コクヨカラメル、以下同じ),ホップペレット400gに300−350Lのお湯を加えて、更にシロップを加えて溶解させ、60−90分間煮沸する。
【0050】
その後、ワールプールと呼ばれる沈殿槽でホップ粕などを除去し、エキスの濃度を12.0重量%に調整し、10℃までプレートクーラーで冷却し、発酵前液を得る。この発酵前液に、それぞれの使用量のエマルスターを添加し、さらにビール酵母を3000万cells/mL添加して、6−12℃で5日間発酵させる。その後、−1℃で貯酒を行った。
【0051】
発酵液は珪藻土を利用して濾過して酵母を取り除き、最終的なビール様発泡アルコール飲料を得た。
【0052】
前述した様に、本実施例では、エマルスターを使って、ビール様発泡アルコール飲料を製造し、これらの6つの試験について香味、泡立ち、泡持ちについて調べた。
【0053】
【表1】

香味の評価基準:項目毎に以下の通り、4段階評価とした。
味 :0(粗く劣る)、1(やや雑味)、2(並)、3(良好)
後味 :0(切れず)、1(やや切れず)、2(並)、3(切れる)
表1の官能評価はコントロール試験醸造の#1−1の香味を基準としている。
【0054】
また、上記香味の評価基準について、評価1から評価3を香味の許容範囲とする。
10名のパネルで官能評価を行った結果、エマルスターを使用した#1−2、#1−3、#1−4及び#1−5は、コントロール試験醸造の#1−1と比べて遜色ない、ビール、発泡酒などの麦芽アルコール飲料で好まれる香味となった。一方でエマルスターの使用量の多い#1−6では、粗く劣った傾向となり、後味の切れが劣り、香味バランスが劣った。
【0055】
また、表1は、これらの6つの試験について泡立ちについても調べた。この泡立ちは、泡立ちの評価法(Hartong変法に準ずる)で測定することにより行った。下記にその評価方法を記載する。
1.大瓶に詰めたサンプル液を2.4kg/cm2のガス圧に調整し、20℃に一夜静置する。
2.サンプルを装置*にセットし開栓5分後よりNIBEM用コップに分注する(なるべく一定速度で行う)。始めの2回(約100ml)は液量が不均一なので捨てる。
3.3回目に注いだ時、いずれかのコップが泡で一杯になったら注入を止める。
4.泡が一杯になった時点の泡の高さを測定する(h)。
5.泡が一杯になった時点から30秒後の泡の高さを測定する(h3)。
6.上記測定を3回行い、その平均をとる(測定毎にグラスは乾いたものと交換する)。
7.泡立ち(%)=(h3/h)×100
*:注入装置:(J.De.Clerck Lehrbuch der Brauerei Band II 1965,p722 図参照)
上記の方法で得られた値は、試験醸造のビール様発泡アルコール飲料をコップやグラスなどの飲料用容器に注いで、泡を立てた後、その泡が減少する比率を示しており、泡立ち(%)の値が高いほど泡立ちの特性が高く良好で、それに対して低いほど泡立ちの特性が劣ることを示す。
【0056】
泡の評価基準:項目毎に以下の通り、4段階評価とした。
×:劣る
△:やや劣る
○:概ね並
◎:良好
表1の泡評価はコントロール試験醸造の#1−1を基準としている。
【0057】
泡の総合評価(泡立ち評価法及び#1−1〜#1−6を同時にグラスに注ぎ、10名のパネルの目視による泡持ちの評価)を行った結果、エマルスターを使用した#1−2は#1−1と比べ若干良い評価となり、#1−3、#1−4、#1−5及び#1−6は、良好な結果となった。
(実施例2)
実施例2は、麦芽、大麦を使用することなく、炭素源を含有するシロップ、ホップ、色素、香味・発酵性を改善する原材料及び水を原料として発酵前液を製造し、該発酵前液を酵母を使用して発酵させることによりビール様発泡アルコール飲料を製造する方法に泡立ち、泡持ちを改善する原材料としてオクテニルコハク酸澱粉(松谷化学工業株式会社製:エマルスター、以下同じ)を使用することにより本発明を適用した例で、以下の手順で実施した。
【0058】
以下の原料を使用して発酵前液を調整する。
【0059】
使用原料:ビール様発泡アルコール飲料を製造するために、エマルスターを使用しないコントロールの試験醸造(#2−1)、エマルスター3.0kg(#2−2)、同5.0kg(#2−3)、同10.0kg(#2−4)、同20.0kg(#2−5)、同25.0kg(#2−6)とした。各エマルスターの使用量は得られる発泡アルコール飲料1kl当たりの使用量である。そして何れの試験も原料のシロップは14.64kgの米糖化液(特開2004−08131号公報)、残りはDE50のシロップ(日本コーンターチ社製:コーンシラップ S75)を使い全原料量で69kgになる様に調整した。何れのシロップも商業的に入手可能であり、固形分75%である。また、DEとはDextrose equivalentの略で、でん粉の糖化率を示す。本実施例は、実施例1とは異なり、#2−1〜#2−6のすべての試験醸造でエンドウタンパクを使用して、発明の実施の形態で述べたビール様発泡アルコール飲料の製造工程に従って製造した。
【0060】
すなわち、エンドウタンパク200g(オルガノローディアフード社製:エンドウタンパク、以下同じ)カラメル色素240g(池田糖化工業社製:コクヨカラメル、以下同じ),ホップペレット400gに300−350Lのお湯を加えて、更にシロップを加えて溶解させ、60−90分間煮沸する。
【0061】
その後、ワールプールと呼ばれる沈殿槽でホップ粕などを除去し、エキスの濃度を12.0重量%に調整し、10℃までプレートクーラーで冷却し、発酵前液を得る。この発酵前液に、それぞれの使用量のエマルスターを添加し、さらにビール酵母を3000万cells/mL添加して、6−12℃で5日間発酵させる。その後、−1℃で貯酒を行った。
【0062】
発酵液は珪藻土を利用して濾過して酵母を取り除き、最終的なビール様発泡アルコール飲料を得た。
【0063】
前述した様に、本実施例では、エマルスターを使って、ビール様発泡アルコール飲料を製造し、これらの6つの試験について香味、泡立ち、泡持ちについて調べた。
【0064】
【表2】

香味の評価基準:項目毎に以下の通り、4段階評価とした。
味 :0(粗く劣る)、1(やや雑味)、2(並)、3(良好)
後味 :0(切れず)、1(やや切れず)、2(並)、3(切れる)
表2の官能評価はコントロール試験醸造の#2−1の香味を基準としている。
【0065】
また、上記香味の評価基準について、評価1から評価3を香味の許容範囲とする。
10名のパネルで官能評価を行った結果、エマルスターを使用した#2−2、#2−3、#2−4及び#2−5は、コントロール試験醸造の#2−1と比べて遜色ない、ビール、発泡酒などの麦芽アルコール飲料で好まれる香味となった。一方でエマルスターの使用量の多い#2−6では、粗く劣った傾向となり、後味の切れが劣り、香味バランスが劣った。
【0066】
また、表2は、これらの6つの試験について泡立ちについても調べた。この泡立ちは、泡立ちの評価法(Hartong変法に準ずる)で測定することにより行った。下記にその評価方法を記載する。
1.大瓶に詰めたサンプル液を2.4kg/cm2のガス圧に調整し、20℃に一夜静置する。
2.サンプルを装置*にセットし開栓5分後よりNIBEM用コップに分注する(なるべく一定速度で行う)。始めの2回(約100ml)は液量が不均一なので捨てる。
3.3回目に注いだ時、いずれかのコップが泡で一杯になったら注入を止める。
4.泡が一杯になった時点の泡の高さを測定する(h)。
5.泡が一杯になった時点から30秒後の泡の高さを測定する(h3)。
6.上記測定を3回行い、その平均をとる(測定毎にグラスは乾いたものと交換する)。
7.泡立ち(%)=(h3/h)×100
*:注入装置:(J.De.Clerck Lehrbuch der Brauerei Band II 1965,p722 図参照)
上記の方法で得られた値は、試験醸造のビール様発泡アルコール飲料をコップやグラスなどの飲料用容器に注いで、泡を立てた後、その泡が減少する比率を示しており、泡立ち(%)の値が高いほど泡立ちの特性が高く良好で、それに対して低いほど泡立ちの特性が劣ることを示す。
【0067】
泡の評価基準:項目毎に以下の通り、4段階評価とした。
×:劣る
△:やや劣る
○:概ね並
◎:良好
表2の泡評価はコントロール試験醸造の#2−1を基準としている。
【0068】
泡の総合評価(泡立ち評価法及び#2−1〜#2−6を同時にグラスに注ぎ、10名のパネルの目視による泡持ちの評価)を行った結果、エマルスターを使用した#2−2は#2−1と比べ若干良い評価となり、#2−3、#2−4、#2−5及び#2−6は、良好な結果となった。
【0069】
また、実施例2の#2−1のエマルスターを使用しないコントロールの試験データを実施例1の#1−1のエマルスターもエンドウタンパクも使用しないコントロールの試験データと比較すると、エンドウタンパクを使用した#2−1の泡立ちがエンドウタンパクを添加しない#1−1よりも良好であり、さらに、#2−2、#2−3、#2−4、#2−5及び#2−6の泡立ち(%)をそれぞれ#1−2、#1−3、#1−4、#1−5及び#1−6の泡立ち(%)と比較しても、エマルスターだけでなく、エンドウタンパクを使用した実施例2が実施例1よりも泡立ちの特性が優ることを示した。
【0070】
(実施例3)
通常、スピリッツ類は原料酒を蒸留して製造するが、我々は上述したビール様発泡アルコール飲料の製造方法を応用して、ビール様発泡スピリッツを製造する非常に独特な製造方法を開発した。さらに、該発酵前液を酵母を使用して発酵させることによりビール様発泡アルコール飲料を製造する方法に泡特性を改善する原材料としてエマルスター(松谷化学工業株式会社製:エマルスター、以下同じ)を使用することにより本発明を適用した例で、以下の手順で実施した。
【0071】
使用原料:スピリッツを製造するために、エマルスター6.90kg(#3)とした。エマルスターの使用量は得られるスピリッツ1kl当たりの使用量である。原料のシロップは3.5kgの米糖化液、残りはDE57のシロップ(日本コーンスターチ社製:ハイマルトース M)を使い全原料量で69kgになる様に調整した。何れのシロップも商業的に入手可能であり、固形分75%である。また、DEとはDextrose equivalentの略で、でん粉の糖化率を示す。発明の実施の形態で述べたビール様発泡アルコール飲料の製造工程に従って製造した。
【0072】
すなわち、エンドウタンパク400g(オルガノローディアフード社製:エンドウタンパク、以下同じ)、カラメル色素240g(池田糖化工業社製:コクヨカラメル、以下同じ),ホップペレット400gに300−350Lのお湯を加えて、更にシロップを加えて溶解させ、60−90分間煮沸する。
【0073】
その後、ワールプールと呼ばれる沈殿槽でホップ粕などを除去し、エキスの濃度を11.0重量%に調整し、10℃までプレートクーラーで冷却し、発酵前液を得る。この発酵前液にビール酵母を3000万cells/mL添加し、6−12℃で5日間発酵させる。その後、−1℃で貯酒を行った。
【0074】
発酵液は珪藻土を利用して濾過して酵母を取り除き、最終的なスピリッツを得た。
【0075】
スピリッツは、真性エキスが2.00重量%未満になる様に発酵度の高いマルトース、又はフラクトース、あるいはグルコース比率の高いシロップを原料に使うか、あるいはDE50のシロップで使って予め発酵前もろみ液のエキス濃度を調整する方法もある。さらに雑酒をろ過時の真性エキス2.00重量%未満にすればスピリッツに転用できる。真性エキスとは前述した仮性エキスからアルコールによる比重の影響を除いたものであり、仮性エキスより正確なエキス分を示している。
【0076】
本実施例の最終製品ではアルコール濃度を5.00容量%に調整し、真性エキスは1.95重量%となり、これはスピリッツの定義に合致する2.0重量%以下であった。
【0077】
前述した様に、本実施例では、エマルスターを使って、スピリッツを製造し、この試験について香味・泡持ちについて調べた。
【0078】
【表3】

香味の評価基準:項目毎に以下の通り、4段階評価とした。
味 :0(粗く劣る)、1(やや雑味)、2(並)、3(良好)
後味 :0(切れず)、1(やや切れず)、2(並)、3(切れる)
泡の評価基準:項目毎に以下の通り、4段階評価
×:劣る
△:やや劣る
○:概ね並
◎:良好
表3の官能評価は#3の香味の絶対評価である。
【0079】
10名のパネルで官能評価を行った結果、エマルスターを使用した#3は、ビール、発泡酒などの麦芽アルコール飲料と遜色ない評価となった。
【0080】
表3の泡評価は#3の絶対評価である。
【0081】
泡の総合評価(泡立ち評価法及び#3を同時にグラスに注ぎ、10名のパネルの目視による泡持ちの評価)を行った結果、エマルスターを使用した#3は良好な評価となった。
【0082】
本実施例の製品及び製造法は、一般的に醸造酒を蒸留して製造するスピリッツの製法とは明らかに異なっており、非常に独特な製造方法で新規性が高いものと理解できる。さらに、発酵終了以降に、香料、糖などを添加して、エキス分を2.00重量%以上にすればリキュールにもなる。
【0083】
(実施例4)
実施例4は、麦芽使用量は15.0kgとし、麦芽を除く原料を47.5kgとした場合の麦芽アルコール飲料、例えば、発泡酒を製造する方法について泡特性を改善する原材料として、エマルスター(松谷化学工業株式会社製:エマルスター、以下同じ)を使用することにより本発明を適用した例で、以下の手順で実施した。この実施例における仕込工程のダイヤグラムを図1に示す。麦芽全量を仕込槽に入れ、さらに温水を加えて混合し液温を50℃程度とし約30分保ち、その後約10分かけて徐々に昇温して液温は約65℃とし、麦芽に含まれる糖化酵素が十分に機能する温度となる。マイシェをこの温度に約40分間保持し、その後10分程の時間をかけて約76℃に昇温させ、約5分間保持して酵素作用による糖化を行った。
【0084】
糖化工程終了後、濾過を行って透明な麦汁を得た。次いで、この麦汁を煮沸釜に移し、この時点で当該のエマルスターを添加し、ホップを加えて60〜90分煮沸後、麦汁を沈澱槽に移して、沈澱物を分離、除去した。その後、該麦汁を発酵温度まで冷却し、これを冷麦汁として用いた。その後、麦汁エキス11.8%としてビール酵母3000万cells/mLを添加し、発酵温度13.0℃で発酵し、熟成工程を経てビール様のろ過を行った。
【0085】
以下試験用麦汁を調整する。
【0086】
発泡酒用麦汁を製造するために、エマルスターを使用しない(#4−1)、エマルスターを5kg(#4−2)、同10kg(#4−3)、同20kg(#4−4)、及び同25kg(#4−5)とした。各エマルスターの使用量は得られる麦芽アルコール飲料1kl当たりの使用量である。
【0087】
前述した様に、本実施例では、エマルスターを使って、アルコール容量5.0%の発泡酒を製造し、これらの5つの試験について香味、泡持ちについて調べた。
各試験ではアルコール、炭酸ガス含量は同一とし、香味が比較できるようにした。
【0088】
【表4】

香味の評価基準:項目毎に以下の通り、4段階評価とした。
味 :0(粗く劣る)、1(やや雑味)、2(並)、3(良好)
後味 :0(切れず)、1(やや切れず)、2(並)、3(切れる)
表4の官能評価はコントロール試験醸造の#4−1の香味を基準としている。
【0089】
また、上記香味の評価基準について、評価1から評価3を香味の許容範囲とする。
10名のパネルで官能評価を行った結果、エマルスターを使用した#4−2、#4−3及び#4−4は、コントロール試験醸造の#4−1と比べて遜色ない、ビール、発泡酒などの麦芽アルコール飲料で好まれる香味となった。一方でエマルスターの使用量の多い#4−5では、粗く劣った傾向となり、のど越しの切れが劣り、香味バランスが劣った。
【0090】
また、表4は、これらの5つの試験について泡特性について調べた。この泡特性は泡持ちNIBEM値を測定することにより行った。NIBEM値(単位:sec)とは、一定条件下でビールや発泡酒の泡持ちをNIBEM法(注がれた泡の崩壊速度を電気伝導度で測定する方法)で測定された値であり、ビールや発泡酒で一般的に泡持ち評価に使用されている。すなわち、NIBEM値が高い値を示せば、泡持ちが良いと評価できる。
【0091】
泡の評価基準:項目毎に以下の通り、4段階評価とした。
×:劣る
△:やや劣る
○:概ね並
◎:良好
表4の泡評価はコントロール試験醸造の#4−1を基準としている。
【0092】
泡の総合評価(泡立ち評価法及び#4−1〜#4−5を同時にグラスに注ぎ、10名のパネルの目視による泡持ちの評価)を行った結果、エマルスターを使用した#4−2は#4−1と比べ若干良い評価となり、#4−3、#4−4及び#4−5は、良好な結果となった。
【0093】
したがって、表1及び2に示したデータから、エマルスターの使用量の範囲が、試験醸造して得たビール様発泡アルコール飲料1klに対し、3〜20kgのビール様発泡アルコール飲料は、優れた泡持性を保持することが確認された。また、上記の使用範囲のビール様発泡アルコール飲料は、当該飲料特有のすっきりとした爽快感を有しつつも、他の使用量の試験と比較してビールや発泡酒などの麦芽アルコール飲料で好まれる、優れた香味や後味の切れを維持することが確認された。また、エマルスターだけの添加でも泡立ち、泡持ちなどの泡特性は向上するが、エンドウタンパクをも添加することによって、さらなる泡特性の向上を図ることが確認された。
【0094】
さらに、表4に示したデータから、エマルスターの使用量の範囲が、試験醸造して得た発泡酒1klに対し、5〜20kgの発泡酒は、上記ビール様発泡アルコール飲料と同様に、優れた泡持性を保持することが確認された。また、他の使用量の試験と比較して、優れた香味や後味の切れを維持することが確認された。
【0095】
またさらに、表3に示したデータから、新規なスピリッツを提供できることが確認された。
【0096】
以上説明したように、上記の結果から、本発明の発泡アルコール飲料及び麦芽アルコール飲料の製造方法において、エマルスターに代表されるオクテニルコハク酸澱粉は、泡立ち、泡持ちを改善する一方で、優れた香味を有するための原材料として使用できる。よって、本発明によると、泡特性の向上を図ることが出来ると共に大麦、小麦及び麦芽などの麦類を一切使用しない発砲アルコール飲料の特徴であるスッキリ感を備えつつも、芳醇さ、濃厚さを有したビール様発泡アルコール飲料を提供することが可能となる。さらに、ビールや発泡酒などの麦芽アルコール飲料においても、優れた香味を維持しつつ、泡特性の向上を図る原料として使用することが可能である。」

イ 甲第A2号証に記載された発明
上記アの記載、特に実施例の記載を中心に整理すると、甲第A2号証には、次の発明が記載されているものと認める。

「カラメル色素(池田糖化工業社製:コクヨカラメル)と、泡持ちを改善する原材料としてオクテニルコハク酸澱粉とを含有するビール様発泡アルコール飲料。」(以下、「甲A2発明」という。)

(2) 対比・判断
ア 本件特許発明1について
(ア) 対比
本件特許発明1と甲A2発明とを対比する。
甲A2発明の「ビール様発泡アルコール飲料」は、本件特許発明1の「ビールテイスト飲料」に相当する。
また、甲A2発明の「オクテニルコハク酸澱粉」は、本件特許発明1の「オクテニルコハク酸デンプン」に相当し、「アルギン酸類、オクテニルコハク酸デンプン及びグリセリン脂肪酸エステルからなる群より選択される少なくとも1種である、」との特定事項を満たす。
さらに、甲A2発明の「カラメル色素(池田糖化工業社製:コクヨカラメル)」は、本件特許発明1の「カラメルI類」のうち、「カラメル」である限りにおいて一致する。
してみると、両者は、
「カラメルを含有する、ビールテイスト飲料。」
で一致し、次の点で相違する。

(相違点A2−1)
ビールテイスト飲料に含まれるカラメルについて、本件特許発明1には「カラメルI類」と特定されるのに対して、甲A2発明にはそのような特定がない点。

(相違点A2−2)
ビールテイスト飲料に含まれる増粘性多糖類及び界面活性剤からなる群より選択される少なくとも1種の剤について、本件特許発明1は「増粘性多糖類及び界面活性剤からなる群より選択される少なくとも1種の起泡剤と、を含有し、前記起泡剤が、アルギン酸類、オクテニルコハク酸デンプン及びグリセリン脂肪酸エステルからなる群より選択される少なくとも1種である、」と特定するのに対し、甲A2発明は「泡持ちを改善する原材料としてオクテニルコハク酸澱粉」を含有するものである点。

(イ) 判断
相違点A2−1について検討する。
相違点A2−1は、上記1(2)ア(ア)における相違点A1と同旨であり、上記1(2)ア(イ)と同様に判断される。
してみれば、他の相違点について検討するまでもなく、本件特許発明1は甲A2発明ではなく、また、甲A2発明に基いて当業者が容易に発明をすることができたものではない。

(ウ) 特許異議申立人A及びBの主張について
特許異議申立人A及びBはともに、甲A2発明が「泡持ちを改善するもの」であることをあげた上で、おおむね上記1(2)ア(ウ)及び(エ)と同旨の主張するが、同様の理由により、何れの主張も採用することができない。

イ 本件特許発明2及び3について
本件特許発明2及び3は、本件特許発明1の全ての特定事項を有するものである。
そして、本件特許発明1は、上記アの検討のとおり、甲A2発明ではなく、甲A2発明に基いて当業者が容易に発明をすることができたものではないから、本件特許発明3もまた甲A2発明ではなく、さらに、本件特許発明2及び3は、甲A2発明に基いて当業者が容易に発明をすることができたものでもない。

(3) 申立理由A1−2、A2−2及びB1−3についてのまとめ
上記(2)のとおりであるから、申立理由A1−2、A2−2及びB1−3は、その理由がない。

3 申立理由A1−3及びA2−3(甲第A3号証を主たる証拠とする新規性進歩性)について
(1) 甲第A3号証の記載事項等
ア 甲第A3号証の記載事項
甲第A3号証には、「「サッポロ 極ZERO(ゴクゼロ)」新発売」との、サッポロビール株式会社のニュースリリースに関し、次の記載がある。






イ 甲第A3号証に記載された発明
上記アの記載からみて、甲第A3号証には次の発明が記載されているものと認める。

「カラメル色素と、安定剤としてアルギン酸エステルとを含有するビールテイスト飲料。」(以下、「甲A3発明」という。)

(2) 対比・判断
ア 本件特許発明1について
(ア) 対比
本件特許発明1と甲A3発明とを対比する。
甲A3発明の「カラメル色素」は、本件特許発明1の「カラメルI類」のうち、「カラメル」である限りにおいて一致する。
してみると、両者は、
「カラメルを含有する、ビールテイスト飲料。」
で一致し、次の点で相違する。

(相違点A3−1)
ビールテイスト飲料に含まれるカラメルについて、本件特許発明1には「カラメルI類」と特定されるのに対して、甲A3発明にはそのような特定がない点。

(相違点A3−2)
ビールテイスト飲料について、本件特許発明1は「増粘性多糖類及び界面活性剤からなる群より選択される少なくとも1種の起泡剤と、を含有し、前記起泡剤が、アルギン酸類、オクテニルコハク酸デンプン及びグリセリン脂肪酸エステルからなる群より選択される少なくとも1種である、」と特定するのに対し、甲A3発明は「安定剤としてアルギン酸エステル」を含有するものである点。

(イ) 判断
相違点A3−1について検討する。
相違点A3−1は、上記1(2)ア(ア)における相違点A1と同旨であり、上記1(2)ア(イ)と同様に判断される。
してみれば、他の相違点について検討するまでもなく、本件特許発明1は甲A3発明ではなく、また、甲A3発明に基いて当業者が容易に発明をすることができたものではない。

(ウ) 特許異議申立人Aの主張について
特許異議申立人Aは、おおむね上記1(2)ア(ウ)及び(エ)と同旨の主張するが、同様の理由により、その主張を採用することができない。

イ 本件特許発明2及び3について
本件特許発明2及び3は、本件特許発明1の全ての特定事項を有するものである。
そして、本件特許発明1は、上記アの検討のとおり、甲A3発明ではなく、甲A3発明に基いて当業者が容易に発明をすることができたものではないから、本件特許発明2及び3もまた、甲A3発明ではなく、甲A3発明に基いて当業者が容易に発明をすることができたものでもない。

(3) 申立理由A1−3及びA2−3についてのまとめ
上記(2)のとおりであるから、申立理由A1−3及びA2−3は、その理由がない。

4 申立理由A1−4及びA2−4(甲第A4号証を主たる証拠とする新規性進歩性)について
(1) 甲第A4号証の記載事項等
ア 甲第A4号証の記載事項
甲第A4号証には、「非発酵ビール様発泡性飲料」に関し、次の記載がある。

「[請求項1] 起泡剤及び色素を含有し、かつプリン体濃度が0.2mg/100mL以下である、非発酵ビール様発泡性飲料。
・・・
[請求項4] 飲料のNIBEM値が80以上である、請求項1〜3のいずれか一項に記載の非発酵ビール様発泡性飲料。
・・・
[請求項6] 前記起泡剤が、大豆食物繊維、大豆サポニン、キラヤサポニン、大豆ペプチド、及びアルギン酸エステルからなる群より選択される1種以上である、請求項1〜5のいずれか一項に記載の非発酵ビール様発泡性飲料。
[請求項7] 前記色素がカラメル化反応物である、請求項1〜6のいずれか一項に記載の非発酵ビール様発泡性飲料。」

「[0001] 本発明は、発酵工程を経ずに製造され、プリン体濃度が非常に低いにもかかわらずビールとほぼ同様の香味を有する非発酵ビール様発泡性飲料に関する。」

「[0007] 本発明は、プリン体濃度が非常に低いにもかかわらず、「ビールらしさ」、特にビール様の泡持ちや色度を保持している非発酵ビール様発泡性飲料を提供することを目的とする。」

「[0012] また、本発明及び本願明細書における非発酵ビール様発泡性飲料とは、発酵工程を経ずに製造される飲料であって、ビールらしさと炭酸ガスによる発泡性を有する飲料を意味する。非発酵ビール様発泡性飲料は、アルコール飲料であってもよく、アルコール含量が1容量%未満であるいわゆるノンアルコール飲料又はローアルコール飲料であってもよい。具体的には、ビール、発泡酒、ローアルコール発泡性飲料、ノンアルコールビール等が挙げられる。
[0013] 本発明に係る非発酵ビール様発泡性飲料は、起泡剤及び色素を含有し、かつ、プリン体濃度が0.2mg/100mL以下であることを特徴とする。本発明に係る非発酵ビール様発泡性飲料は、プリン体を含む原料の添加量を調整し、さらに発酵工程を経ずに製造されることによって、活性炭処理やゼオライト処理等のプリン体除去工程を要することなく、プリン体濃度を従来になく低く抑えることができる。本発明に係る非発酵ビール様発泡性飲料のプリン体濃度は、0.2mg/100mL未満が好ましく、0.01mg/100mL以下がより好ましく、0.08mg/100mL未満がさらに好ましい。」

「[0016] 本発明に係る非発酵ビール様発泡性飲料が含有する起泡剤としては、例えば、大豆食物繊維、大豆ペプチド、大豆サポニン、アルギン酸エステル、キラヤサポニン等が挙げられる。これらの起泡剤は、1種類のみを用いてもよく、2種類以上を併用して用いてもよい。本発明に係る非発酵ビール様発泡性飲料としては、大豆食物繊維、大豆サポニン、アルギン酸エステル、及びキラヤサポニンからなる群より選択される1種以上を含有することが好ましく、大豆食物繊維、大豆サポニン及びキラヤサポニンからなる群より選択される1種以上を含有することがより好ましい。
[0017] 本発明に係る非発酵ビール様発泡性飲料における当該起泡剤の含有量は、用いる起泡剤の種類や組合せ、最終製品に求められる品質特性等に応じて適宜調整される。本発明に係る非発酵ビール様発泡性飲料としては、気泡剤が、飲料のNIBEM値が80以上となるように添加されていることが好ましく、100以上となるように添加されていることがより好ましく、150以上となるように添加されていることがさらに好ましい。なお、NIBEM値は、注がれた泡の崩壊速度を電気伝導度で測定したものであり、ビール等の泡持ち評価に一般的に用いられているものである。非発酵ビール様発泡性飲料のNIBEM値は、EBC(European Brewery Convention)のAnalytica−EBC標準法、又はこれに準じた方法により測定できる。
[0018] 本発明に係る非発酵ビール様発泡性飲料が含有する色素としては、ビールらしい色を付与可能であり、かつ飲食可能な色素であれば特に限定されるものではないが、カラメル化反応物(カラメル色素)が特に好ましい。」

「[0067][製造例1(ベース液の調製)]
表4に記載の組成により酸味料を含有する調合液を調製した後、これに炭酸ガスを3.0gas volになるように加えることにより、ベース液を調製した。ベース液の原料としては、表4中に示すベーガン通商株式会社製の「50%発酵乳酸BM−G」(製品名)、扶桑化学工業株式会社の「クエン酸フソウ(無水)」(製品名)、「ヘルシャスA」(製品名)を用いた。
[0068][表4]

[0069][実施例2]
製造例1で製造したベース液に、キラヤサポニン(製品名:キラヤニンC−100、丸善製薬株式会社製)を様々な濃度で添加し、サンプル2−1〜2−4を製造した。実施例1と同様にして、サンプル2−1〜2−4のNIBEM値を測定し、さらに泡立ち、泡持ち、泡質、及び総合評価についての官能評価を実施した。測定結果及び評価結果を表5に示す。この結果、キラヤサポニンの含有量が0.05g/L以上のサンプル2−2〜2−4では、NIBEM値が80以上であり、泡品質に優れ、外観上良好なビールらしさを有していた。」

「[0075][実施例4]
表7に記載の組成により、酸味料、色素、及び起泡剤を含有する調合液を調製した後、これに炭酸ガスを3.0gas volになるように加えることにより、サンプル4−1を調製した。サンプル4−1の原料としては、表7中に示すベーガン通商株式会社製の「50%発酵乳酸BM−G」(製品名)、天野実業株式会社製の「カラメルSP」(製品名)、丸善製薬株式会社製の「キラヤニンC−100」(製品名)、扶桑化学工業株式会社の「クエン酸フソウ(無水)」(製品名)、「ヘルシャスA」(製品名)を用いた。
[0076][表7]

[0077] サンプル4−1のプリン体含有量を参考例1と同様にして測定したところ、アデニン、グアニン、キサンチン、及びヒポキサンチンのいずれも検出されなかったことから、サンプル4−1のプリン体含有量は検出限界値未満(0.08mg/100mL)であるとわかった。さらに、サンプル4−1の糖質含量を測定したところ、0.1g/100mLであったことがわかった(共に、財団法人日本食品分析センターにて分析した。)。」

イ 甲第A4号証に記載された発明
上記アの記載、特に、実施例2又は実施例4の記載を中心に整理すると、甲第A4号証には次の発明が記載されているものと認める。

「天野実業株式会社製の「カラメルSP」と、起泡剤として丸善製薬株式会社製の「キラヤニンC−100」とを含有する、非発酵ビール様発泡性飲料。」(以下、「甲A4発明」という。)

なお、実施例2および実施例4では「アルギン酸エステル」を用いているものではなく、また、甲第A4号証の[0016]の記載は、単なる選択肢としてアルギン酸エステルがあげられているにすぎないから、特許異議申立人Aが特許異議申立書Aのp.83-84で主張する「甲4発明」に相当する発明を認定することはできない。

(2) 対比・判断
ア 本件特許発明1について
(ア) 対比
本件特許発明1と甲A4発明とを対比する。
甲A4発明の「非発酵ビール様発泡性飲料」は、本件特許発明1の「ビールテイスト飲料」に相当する。
また、甲A4発明の「天野実業株式会社製の「カラメルSP」」は、甲第A18号証によると「I類カラメル商品」であるから、本件特許発明1の「カラメルI類」に相当する。
さらに、甲A4発明の「起泡剤として丸善製薬株式会社製の「キラヤニンC−100」」は、キラヤサポニンであると認められることから、本件特許発明1の「増粘性多糖類及び界面活性剤からなる群より選択される少なくとも1種の起泡剤」に相当する。
してみると、両者は、
「カラメルI類と、増粘性多糖類及び界面活性剤からなる群より選択される少なくとも1種の起泡剤と、を含有する、ビールテイスト飲料。」
で一致し、次の点で相違する。

(相違点A4)
起泡剤について、本件特許発明1は「アルギン酸類、オクテニルコハク酸デンプン及びグリセリン脂肪酸エステルからなる群より選択される少なくとも1種である、」と特定されるのに対し、甲A4発明にはそのような特定がない点。

(イ) 判断
上記相違点A4について検討する。
甲A4発明の起泡剤はキラヤサポニンであるから、相違点A4は実質的な相違点である。
よって、本件特許発明4は、甲A4発明ではない。
また、甲第A4号証及び他の全ての証拠の記載をみても、甲A4発明において、「カラメルSP」と組み合わせて、「泡の見た目がより白い」ものとするために、「気泡剤」として「アルギン酸エステル、オクテニルコハク酸デンプン及びグリセリン脂肪酸エステルからなる群より選択される少なくとも1種」を採用する、すなわち、相違点A4に係る本件特許発明1の特定事項を満たすものとする動機がない。
すると、甲A4発明において、相違点A4に係る本件特許発明1の特定事項を満たすことは、当業者が容易になし得たこととはいえない。
したがって、本件特許発明1は、甲A4発明に基いて当業者が容易に発明をすることができたものでもない。

(ウ) 特許異議申立人Aの主張について
特許異議申立人は、甲第A4号証には、起泡剤は2種類以上併用して用いてもよいこと([0016])、起泡剤としてキラヤサポニンと共に、アルギン酸エステルも記載されていること([0016])をあげ、相違点A4に係る本件特許発明1の特定事項を満たすことは当業者が容易になし得たことであり、さらに、甲第A6号証、甲第A13号証及び甲第A15号証をあげつつ、本件特許発明1に格別顕著な効果は認められない旨主張する(特許異議申立書p.84-86)。
しかしながら、上記(イ)のように判断されるから、特許異議申立人Aの上記主張は採用できない。

イ 本件特許発明2及び3について
本件特許発明2及び3は、本件特許発明1の全ての特定事項を有するものである。
そして、本件特許発明1は、上記アの検討のとおり、甲A4発明ではなく、甲A4発明に基いて当業者が容易に発明をすることができたものではないから、本件特許発明2及び3もまた、甲A4発明ではなく、甲A4発明に基いて当業者が容易に発明をすることができたものでもない。

(3) 申立理由A1−4及びA2−4についてのまとめ
上記(2)のとおりであるから、申立理由A1−4及びA2−4は、その理由がない。

5 申立理由A1−5及びA2−5(甲第A5号証を主たる証拠とする新規性進歩性)について
(1) 甲第A5号証の記載事項等
ア 甲第A5号証の記載事項
甲第A5号証には、「非発酵ビール様発泡性飲料」に関し、次の記載がある。

「【請求項1】
クアシン、アブシンチン、ナリンジン、ゲンチオオリゴ糖、ペプチド、ミネラル、及びカラメルからなる群より選択される2種以上の苦味物質を含有することを特徴とする、非発酵ビール様発泡性飲料。」

「【技術分野】
【0001】
本発明は、ホップを原料としない場合であっても、ビールらしい苦味を有する非発酵ビール様発泡性飲料に関する。」

「【0006】
本発明は、ホップを原料としない場合であっても、ビールらしい苦味を有する非発酵ビール様発泡性飲料を提供することを目的とする。」

「【0011】
また、本発明及び本願明細書における非発酵ビール様発泡性飲料とは、発酵工程を経ずに製造される飲料であって、ビールらしさと炭酸ガスによる発泡性を有する飲料を意味する。非発酵ビール様発泡性飲料は、アルコール飲料であってもよく、アルコール含量が1容量%未満であるいわゆるノンアルコール飲料又はローアルコール飲料であってもよい。具体的には、発泡酒、ローアルコール発泡性飲料、ノンアルコールビール等が挙げられる。
【0012】
本発明に係る非発酵ビール様発泡性飲料は、クアシン、アブシンチン、ナリンジン、ゲンチオオリゴ糖、ペプチド、ミネラル、及びカラメル(糖のカラメル化反応物)からなる群より選択される2種以上の苦味物質を含有することを特徴とする。非発酵ビール様発泡性飲料の原料とする苦味物質として特定の苦味物質を2種類以上組み合わせて用いることにより、ホップに由来するビールらしい苦味と同質若しくは近似する苦味を付与することができる。」

「【0021】
ビールの外観上の最大の特徴は、容器に注いだ際に白い綺麗な泡が立つことである。そこで、本発明に係る非発酵ビール様発泡性飲料としては、NIBEM値が80以上であることが好ましく、100以上であることがより好ましく、150以上であることがさらに好ましい。なお、NIBEM値は、注がれた泡の崩壊速度を電気伝導度で測定したものであり、ビール等の泡持ち評価に一般的に用いられているものである。非発酵ビール様発泡性飲料のNIBEM値は、EBC(European Brewery Convention)のAnalytica−EBC標準法、又はこれに準じた方法により測定できる。
【0022】
本発明に係る非発酵ビール様発泡性飲料は、1種又は2種以上の起泡剤を含有することが好ましい。起泡剤としては、例えば、大豆食物繊維、大豆ペプチド、大豆サポニン、アルギン酸エステル、キラヤサポニン等が挙げられる。これらの起泡剤は、1種類のみを用いてもよく、2種類以上を併用して用いてもよい。本発明に係る非発酵ビール様発泡性飲料としては、大豆食物繊維、大豆ペプチド、アルギン酸エステル、及びキラヤサポニンからなる群より選択される1種以上を含有することが好ましく、大豆食物繊維、大豆ペプチド及びキラヤサポニンからなる群より選択される1種以上を含有することがより好ましい。本発明に係る非発酵ビール様発泡性飲料における当該起泡剤の含有量は、用いる起泡剤の種類や組合せ、最終製品に求められる品質特性等に応じて適宜調整される。本発明に係る非発酵ビール様発泡性飲料としては、起泡剤が、飲料のNIBEM値が80以上となるように添加されていることが好ましい。」

「【実施例】
【0034】
次に実施例を示して本発明をさらに詳細に説明するが、本発明は以下の実施例に限定されるものではない。
【0035】
[製造例1(ベース液の調製)]
表1に記載の組成により調合液を調製した後、これに炭酸ガスを3.0gas volになるように加えることにより、ベース液を調製した。ベース液の原料としては、表1中に示す松谷化学株式会社の「ファイバーソルII」(製品名)、不二製油株式会社の「ソヤファイブ−S−LN」(製品名)、キリン協和フーズ株式会社の「サネット」(製品名)、第一アルコール株式会社の「酒類原料用アルコール」、和光純薬工業株式会社の「リン酸」、「クエン酸」及び「リンゴ酸」を用いた。
【0036】
【表1】

【0037】
[実施例1]
製造例1で製造したベース液に、クワッサ抽出物を飲料中のクアシン濃度が表2となるように、また、「カラメルSP」(商品名、天野実業株式会社製のカラメル)を飲料中の濃度が表2となるように、それぞれ添加してサンプルを調製した。各サンプルに対して、苦味についての官能評価を実施した。官能評価は、3名の専門パネルにより3段階評価(◎:十分にビールらしい苦味である、○:ビールらしい苦味がある、×:苦味はあるが、ビールらしい苦味ではない)にて行った。評価結果を表2に示す。
【0038】
【表2】

【0039】
この結果、クアシン単独使用では、舌にイガイガ感が残り、苦味の質としてはビールらしさに欠けていたが、クアシン30〜90ppbを含有させたサンプルのうち、カラメル150〜1200ppmも含有させたものでは、ビールらしい厚みのある苦味を達成することができた。
【0040】
[実施例2]
製造例1で製造したベース液に、クワッサ抽出物を飲料中のクアシン濃度が表3となるように、また、「テイストBT」(商品名、オルガノフードテック株式会社製)を飲料中の濃度が表3となるように、それぞれ添加してサンプルを調製した。「テイストBT」は、「カラメルSP」よりもやや苦味の強いカラメルである。実施例1と同様にして、各サンプルに対して、苦味についての官能評価を実施した。評価結果を表3に示す。
【0041】
【表3】

【0042】
この結果、実施例1と同様に、クアシン30〜90ppbを含有させたサンプルのうち、カラメル150〜1200ppmも含有させたものでは、ビールらしい厚みのある苦味を達成することができた。」

イ 甲第A5号証に記載された発明
上記アの記載、特に実施例1および実施例2の記載にそれぞれ着目して整理すると、甲第A5号証には、次の発明が記載されているものと認める。

「松谷化学株式会社の「ファイバーソルII」(製品名)、不二製油株式会社の「ソヤファイブ−S−LN」(製品名)、キリン協和フーズ株式会社の「サネット」(製品名)、第一アルコール株式会社の「酒類原料用アルコール」、和光純薬工業株式会社の「リン酸」、「クエン酸」及び「リンゴ酸」を含む調合液を調製した後、これに炭酸ガスを加えることにより、ベース液を調製し、さらに、クワッサ抽出物と「カラメルSP」(商品名、天野実業株式会社製のカラメル)を加えた、非発酵ビール様発泡性飲料。」(以下、「甲A5実施例1発明」という。)

「松谷化学株式会社の「ファイバーソルII」(製品名)、不二製油株式会社の「ソヤファイブ−S−LN」(製品名)、キリン協和フーズ株式会社の「サネット」(製品名)、第一アルコール株式会社の「酒類原料用アルコール」、和光純薬工業株式会社の「リン酸」、「クエン酸」及び「リンゴ酸」を含む調合液を調製した後、これに炭酸ガスを加えることにより、ベース液を調製し、さらに、クワッサ抽出物と「テイストBT」(商品名、オルガノフードテック株式会社製)を加えた、非発酵ビール様発泡性飲料。」(以下、「甲A5実施例2発明」という。)

なお、甲第A5号証には、カラメルI類に相当するカラメルを添加した実施例の記載はあるものの、「カラメルI類」を用いることについての記載はないから、特許異議申立人Aが特許異議申立書Aのp.96で主張するような、「甲5発明」及び「甲5’発明」を認定することはできない。

(2) 対比・判断
ア 本件特許発明1について
(ア) 対比
本件特許発明1と甲A5実施例1発明とを対比する。
甲A5実施例1発明の「非発酵ビール様発泡性飲料」は、本件特許発明1の「ビールテイスト飲料」に相当する。
また、甲A5実施例1発明の「カラメルSP(商品名、天野実業株式会社製のカラメル)」は、I類カラメル商品である(甲第A18号証)から、本件特許発明1の「カラメルI類」に相当する。
してみると、両者は、
「カラメルI類を含有する、ビールテイスト飲料。」
で一致し、次の点で相違する。

(相違点A5)
ビールテイスト飲料において、本件特許発明1は「増粘性多糖類及び界面活性剤からなる群より選択される少なくとも1種の起泡剤と、を含有し、前記起泡剤が、アルギン酸類、オクテニルコハク酸デンプン及びグリセリン脂肪酸エステルからなる群より選択される少なくとも1種である、」と特定するのに対し、甲A5実施例1発明にはそのような特定がない点。

(イ) 判断
相違点A5について検討する。
甲A5実施例1発明の非発酵ビール様発泡性飲料に含まれるものの中に、相違点A5に係る本件特許発明1の特定事項に相当する剤はないから、相違点A5は実質的な相違点である。
よって、本件特許発明1は、甲A5実施例1発明ではない。
また、甲第A5号証及びその他の全ての証拠の記載をみても、甲A5実施例1発明において、「カラメルI類」と組み合わせて、「泡の見た目がより白い」ものとするために、「気泡剤」として「アルギン酸エステル、オクテニルコハク酸デンプン及びグリセリン脂肪酸エステルからなる群より選択される少なくとも1種」を採用する、すなわち、相違点A5に係る本件特許発明1の特定事項を満たすものとする動機がない。
したがって、本件特許発明1は、甲A5実施例1発明に基いて当業者が容易に発明をすることができたものではない。

(ウ) 特許異議申立人Aの主張について
特許異議申立人Aは、おおむね、上記4(2)ア(ウ)と同旨の主張をする(特許異議申立書A p.97-98)が、同様に判断されるから採用することができない。

(エ) 甲A5実施例2発明について
本件特許発明1と甲A5実施例2発明とを対比しても、上記(ア)ないし(ウ)と同様に判断される。

以下、「甲A5実施例1発明」と「甲A5実施例2発明」をあわせて、「甲A5発明」という。

イ 本件特許発明2及び3について
本件特許発明2及び3は、本件特許発明1の全ての特定事項を有するものである。
そして、本件特許発明1は、上記アの検討のとおり、甲A5発明ではなく、甲A5発明に基いて当業者が容易に発明をすることができたものではないから、本件特許発明2及び3もまた、甲A5発明ではなく、甲A5発明に基いて当業者が容易に発明をすることができたものでもない。

(3) 申立理由A1−5及びA2−5についてのまとめ
上記(2)のとおりであるから、申立理由A1−5及びA2−5は、その理由がない。

6 申立理A2−6(甲第A6号証を主たる証拠とする進歩性)について
(1) 甲第A6号証の記載事項等
ア 甲第A6号証の記載事項
甲第A6号証には、「発泡性飲料用泡安定化剤」に関し、次の記載がある。

「【請求項1】
発泡性飲料の製造に際して、原材料に、泡安定化剤として、糖類を加熱して製造されたカラメルI色素を飲料中の濃度が140〜510ppmとなるように添加することを特徴とする発泡性飲料の泡の安定化方法。
【請求項2】
発泡性飲料の泡の安定化が、発泡性飲料の起泡後、200秒以上泡を安定化できるものであることを特徴とする請求項1に記載の発泡性飲料の泡の安定化方法。
【請求項3】
発泡性飲料が、ビール風味非アルコール飲料、炭酸清涼飲料、又は発泡性果汁飲料からなる炭酸発泡性飲料であることを特徴とする請求項1又は2に記載の発泡性飲料の泡の安定化方法。」

「【技術分野】
【0001】
本発明は、カラメル色素を有効成分とする発泡性飲料用泡安定化剤及び該発泡性飲料用泡安定化剤を用いた発泡性飲料の泡の安定化方法、特に、ビール風味非アルコール飲料、炭酸清涼飲料、又は発泡性果汁飲料のような炭酸発泡性飲料の製造に際して、カラメル色素を泡安定化剤として用いて、該飲料の起泡した泡を安定化させ、持続する泡を形成する炭酸発泡性飲料を提供することに関する。」

「【背景技術】
【0002】
ビールや発泡酒等の発泡性アルコール飲料やビール風味のノンアルコール清涼飲料における泡は、視覚的な美味しさを表現し、炭酸ガスが外部へ逃げるのを抑え、空気による劣化を防ぎ美味しさを保持し、泡立ちを通じて香り立ちを良くする等の機能を有する。このため泡持ちや泡立ちを良くすることは、飲料を作る上で重要な要素となる。
【0003】
かかる飲料の泡持ちや泡立ちの良さは、ビールや発泡酒等の発泡性アルコール飲料やビール風味のアルコール飲料に限らず、サイダー、コーラ、炭酸ジュースのような非アルコール飲料の炭酸清涼飲料においても同様であり、飲んだ際の清涼感や口当たりの楽しさから、キメ細かい泡を発生させ、安定的な泡が保持できるようにする技術が求められている。
【0004】
発泡酒・新ジャンル等の発泡性アルコール飲料では、麦芽由来の蛋白質がビールに比べて少ないか又は全くないことから泡立ちや泡持ちが劣るという課題がある。このためこれらの発泡性アルコール飲料では、従来より、起泡・泡持ち向上物質の添加が提案されてきた。例えば、WO2004/000990には、ビール様アルコール飲料の製造に際して、起泡・泡持ち向上物質として、大豆サポニン、ユッカサポニン、キラヤサポニン、茶サポニン高麗人参サポニンからなる植物抽出サポニン系物質、卵白ペプタイド、牛血清アルブミン、キサンタンガム、プルラン、グアーガム、ローカストビーンガム、カラギナン、ペクチン、アラビアガム、タマリンド種子多糖類、寒天、タラガム、ジェランガムからなる増粘剤又はアルギン酸エステルを添加する方法が開示が開示されている。
【0005】
また、WO2005/005593には、ビール、発泡酒、或いは麦芽及び麦類を使用しないビール様発泡アルコール飲料において、泡特性を改善するためにエンドウ豆から抽出した、エンドウタンパクを使用する方法について、特開2006−204172号公報には、ビール、発泡酒、或いは麦芽及び麦類を使用しないビール様発泡アルコール飲料等の発泡性発酵飲料において、ソルガムを糖化及び液化酵素により液化、糖化を行い、得られた糖化液を濃縮したソルガム分解物を用いて泡特性を改善する方法について、それぞれ開示されている。
【0006】
一方で、炭酸を含有させたサイダー等の炭酸清涼飲料や、発泡性の果汁飲料等の非アルコール発泡性飲料では、蛋白による泡持ちがないため、発生する泡が粗く、泡安定性も低く、炭酸による刺激が強すぎるなど、必ずしも好ましいものとはいえないものであった。このため、この種の非アルコール発泡性飲料においても、従来より、泡立ちの改善方法が提案されている。例えば、特開昭61−92554号公報には、清涼飲料の製造に際して、果汁や、水、その他の清涼飲料製造用の原料に、サポニン及び炭酸ガスを含有させて、ビール状の泡立ちを有する高発泡性清涼飲料を製造する方法が、特開平5−38275号公報には、発泡性非アルコ−ル性飲料の製造において、サポニン又はサポニン含有製剤と、オリゴ糖、或いはオリゴ糖と多糖類とを共に配合し、これに炭酸ガスを含有せしめることにより、泡立ちと泡持ちの改良された発泡性非アルコ−ル性飲料等を製造する方法が開示されている。
【0007】
このように、ビールや発泡酒等の発泡性アルコール飲料やビール風味のアルコール飲料に限らず、サイダー、コーラ、炭酸ジュースのような非アルコール飲料の炭酸清涼飲料においても、飲んだ際の清涼感や口当たりの楽しさから、キメ細かい泡を発生させ、安定的な泡が保持できるようにするため、サポニンのような各種の泡立ち、泡持ち改善物質の添加等が開示されているが、これらの、泡立ち、泡持ち改善物質の添加は、該物質の添加が、発泡性飲料味覚に影響を与えたり、或いは、泡立ち、泡持ち改善効果において、十分な効果が得られなかったりして、必ずしも満足のいくものとはなっていないのが現状である。特に、昨今、その提供が話題になっている、ビール風味の非アルコール飲料等においては、その製造に際しての成分の調整から、十分な泡立ち、泡持ちを付与することが難しい面があり、そのような発泡性飲料に、味覚及び効果の上から適合した泡安定化剤の提供が望まれているところである。
【0008】
他方で、発泡酒等の発泡性アルコール飲料やビール風味のアルコール飲料、或いはコーラ、その他の着色飲料においては、その飲料の着色のためにカラメル色素が用いられている(特開2006−262735号公報、特開2011−36129号公報、特開2012−125258号公報、特表2001−520873号公報)。これらの着色飲料におけるカラメル色素の使用は、あくまでも、飲料の着色のための着色料としての使用であって、カラメル色素を発泡性飲料の泡安定化に用いた例は、これまでに知られていない。飲料へのカラメルの利用に関しては、“New Food Industry Vol. 21,N0.5,P8-10.”に解説がなされており、その「起泡性」についての記載もなされているが、「泡の起泡性」と、「泡の安定性」とは別の性質であり、該記載がカラメル色素の泡安定性を教示しているものではない。」

「【発明が解決しようとする課題】
【0011】
本発明の課題は、発泡性飲料用泡安定化剤及び該発泡性飲料用泡安定化剤を用いた発泡性飲料の泡の安定化方法を提供すること、特に、ビール風味非アルコール飲料、炭酸清涼飲料、又は発泡性果汁飲料のような炭酸発泡性飲料の製造に際して、該飲料の味覚を保持し、かつ、起泡した泡を有効に保持することが可能な発泡性飲料用泡安定化剤により、安定化した泡と、優良な味覚とを有する、炭酸発泡性飲料を提供することを課題とする。
【課題を解決するための手段】
【0012】
本発明者らは、上記課題を解決すべく、ビール風味非アルコール飲料、炭酸清涼飲料、又は発泡性果汁飲料のような炭酸発泡性飲料に対して、該飲料の味覚を保持し、かつ、起泡した泡を有効に保持することが可能な発泡性飲料用泡安定化物質について鋭意探索した結果、カラメル色素が、該炭酸発泡性飲料に対して、発生する泡を消泡することなく長時間安定化することを可能とし、しかも、該発泡性飲料の味覚に対して、違和感がなく、該発泡性飲料の本来の味覚を保持することが可能であることを見出し、本発明を完成するに至った。」

「【0019】
本発明における炭酸発泡性飲料としては、ビール風味非アルコール飲料、炭酸清涼飲料、又は発泡性果汁飲料等の炭酸発泡性飲料を挙げることができる。該飲料において、ビール風味非アルコール飲料としては、ビール風味を備え、かつアルコールを含まない飲料を意味する。原料として、麦芽、大豆等の穀物類、及びホップ等を適宜用いることができるが、これらが必須となるものではない。また、本発明における炭酸清涼飲料とは、炭酸ガスによる発泡性を有する飲料で、かつアルコールを含有しない飲料を意味する。コーラやサイダー、ジンジャエール等の炭酸飲料が含まれるがこれらに限定されるものではない。
【0020】
本発明で発泡性飲料用泡安定化剤の有効成分として用いられるカラメル色素は、食品グレードの砂糖、ブドウ糖、澱粉加水分解物、糖蜜などの糖類を熱処理して得られる濃褐色の物質であり、種類又は定義によって限定されるものではないが、飲料用の添加物として用いられる観点からはタイプIが好ましい。カラメル色素は、製造法により、糖類を加熱して製造されるタイプI、糖類に亜硫酸を加えて加熱して製造されるタイプII、糖類にアンモニウム化合物(THI)を加えて加熱して製造されるタイプIII、糖類に亜硫酸とアンモニウム化合物(THI)を加えて加熱して製造されるタイプIVのタイプが存在するが、本発明において、飲料用の添加物として用いられる観点からは、タイプI、タイプIII、タイプIVが好ましく、タイプIが最も好ましい。本発明で用いられるカラメル色素は、少なくとも300〜40000mg/kgの5−HMF及び50〜300μg/kgのFuranを含むことができ、より好ましくは500〜30000mg/kgの5−HMF及び100〜200μg/kgのFuranを含ことができる。
【0021】
本発明において、安定化した泡と、優良な味覚とを有する炭酸発泡性飲料を製造するには、発泡性飲料の製造工程において、原材料に、カラメル色素を添加することにより行なわれるが、本発明においては、カラメル色素を少なくとも100mg/L(100ppm)以上添加することが必要であり、より好ましくは140mg/L(140ppm)以上、510mg/L(510ppm)以下の範囲で添加することが好ましい。
【0022】
本発明の発泡性飲料の泡の安定化方法においては、発泡性飲料の製造工程において、泡の安定化剤としてカラメル色素を発泡性飲料の製造原料に添加することにより行なわれるが、該泡の安定化剤としてのカラメル色素の添加の点を除いて、発泡性飲料の製造原料及び製造原料は公知のものと特に変わるところはない。」

「【実施例】
【0024】
<泡の安定性評価>
実施例において、泡の安定性は以下の方法により評価した:
評価方法として、液体に微細な孔を通した空気を通気することにより、強制的に泡を形成させ、その泡の消長を経時的に測定することで、泡の安定性を評価する方法を採用した。
【0025】
[評価方法]
ドイツKRUSS社製の動的フォームアナライザーDFA100という測定機器を用いて、泡安定性の評価を行う。評価に使用するサンプルを底面に通気用フィルターを取り付けたメスシリンダーに50ml注ぐ。サンプルを注いだメスシリンダーを測定用台座に据え付け、通気量を0.3L/min、通気時間を15secに設定して通気を行う。通気15秒経過後、出来上がった泡の高さを測定する。ここでいう泡の高さとは、液と泡の界面から、泡の上端部までの高さを指す。気泡終了後、200秒経過まで、経時的に泡高さを測定し、測定終了後までの泡の減少量を測定する。本測定においては、200秒経過後、泡がより多く残っているもの、つまり泡高さが高いものほど、泡安定性がよいと判断される。
【0026】
<色度の評価>
飲料の色度を次のとおり評価した:色度の評価はBCOJビール分析法8.8 色度 8.8.2 吸光度法に従って計測した。得られたサンプルを10mmのセルに入れ、430mmの単色光で吸光度を測定し、その値に係数を乗じることでEBC色度を得る。
【0027】
[実施例1]
[カラメル色素の泡安定性寄与の確認]
カラメル色素の泡安定性寄与を確認するため、飲料を用いてカラメル色素の評価を行った。本実施例においては、飲料を非発酵のノンアルコールビールテイスト飲料とし、以下の方法により製造し、評価を行った。
【0028】
<評価方法>
北米産2条大麦麦芽を定法にて粉砕し、これに水を加え、重量比が麦芽:水=1:6として糖化させた。糖化の方法としては、50℃にて麦芽を添加し、65℃まで温度を上げていくインフュージョン糖化法を採用した。更に、78℃にて加熱失活させた後、ろ紙濾過法によって固液分離を行い、ろ液を得た。得られたろ液の一部を取り、温水を加えて、糖度を2.0重量%に調整した。糖度調整したろ液に1g/L量のホップを添加し、100℃にて90分間煮沸を行った。煮沸後の液をろ紙濾過法によって再度固液分離を行い、4℃まで冷却して、本発明の非発酵ノンアルコールビールテイスト飲料1〜4を得た。本飲料に対して、規定のカラメル色素(タイプI:池田糖化工業(株)製)を添加して、前述の泡安定性の評価を行った。カラメル色素の添加量(mL)と色度(EBC)の関係は、次の通りである:添加量0(EBC1.67)、添加量1.4(EBC9.98)、添加量2.8(EBC20.83)、添加量5.1(EBC40.10)。
【0029】
<結果>
評価結果を、図1に示す。図1から明らかなとおり、カラメル色素を添加していない飲料1と比較して、カラメル色素を140ppm以上〜510ppm添加することで、有意に泡の安定性の向上が見られた。」

「【図1】



イ 甲第A6号証に記載された発明
上記アの記載、特に実施例1の記載を中心に整理すると、甲第A6号証には次の発明が記載されているものと認める。

「カラメル色素(タイプI:池田糖化工業(株)製)を添加した、非発酵ノンアルコールビールテイスト飲料。」(以下、「甲A6発明」という。)

(2) 対比・判断
ア 本件特許発明1について
(ア) 対比
本件特許発明1と甲A6発明とを対比する。
甲A6発明の「非発酵ノンアルコールビールテイスト飲料」は、本件特許発明1の「ビールテイスト飲料」に相当する。
また、甲A6発明の「カラメル色素(タイプI:池田糖化工業(株)製)」は、本件特許発明1の「カラメルI類」に相当する。
してみると、両者は、
「カラメルI類を含有する、ビールテイスト飲料。」
で一致し、次の点で相違する。

(相違点A6)
ビールテイスト飲料において、本件特許発明1は「増粘性多糖類及び界面活性剤からなる群より選択される少なくとも1種の起泡剤と、を含有し、前記起泡剤が、アルギン酸類、オクテニルコハク酸デンプン及びグリセリン脂肪酸エステルからなる群より選択される少なくとも1種である、」と特定するのに対し、甲A6発明にはそのような特定がない点。

(イ) 判断
相違点A6について検討する。
甲A6発明の非発酵ノンアルコールビールテイスト飲料に含まれるものの中に、相違点A6に係る本件特許発明の特定事項に相当する剤はない。
また、甲第A6号証及びその他の全ての証拠の記載をみても、甲A6発明において、「カラメルI類」と組み合わせて、「泡の見た目がより白い」ものとするために、「気泡剤」として「アルギン酸エステル、オクテニルコハク酸デンプン及びグリセリン脂肪酸エステルからなる群より選択される少なくとも1種」を採用する、すなわち、相違点A6に係る本件特許発明1の特定事項を満たすものとする動機がない。
すると、甲A6発明において、相違点A6に係る本件特許発明1の特定事項を満たすものとすることは、当業者が容易なし得たことではない。
したがって、本件特許発明1は、甲A6発明に基いて当業者が容易に発明をすることができたものではない。

(ウ) 特許異議申立人Aの主張について
特許異議申立人Aは、上記相違点A6に関して、甲第A6号証には、発泡性アルコール飲料では、従来より、起泡・泡持ち向上物質の添加が提案されてきたこと(【0004】)、起泡・泡持ち向上物質として、アルギン酸エステルを添加する方法が記載(【0004】)されていることなどをあげ、甲A6発明において、起泡・泡持ち向上物質としてアルギン酸エステルをさらに添加することは、当業者であれば容易になし得たことであり、また、甲第A13号証及び甲第A15号証の記載もあわせてみれば、本件特許発明1の効果は、格別顕著なものではない旨主張する(特許異議申立書A p.108-109)。
しかしながら、当該主張については、上記(イ)のとおり判断されるから、特許異議申立人Aの上記主張は採用できない。

イ 本件特許発明2及び3について
本件特許発明2及び3は、本件特許発明1の全ての特定事項を有するものである。
そして、本件特許発明1は、上記アの検討のとおり、甲A6発明に基いて当業者が容易に発明をすることができたものではないから、本件特許発明2及び3もまた、甲A6発明に基いて当業者が容易に発明をすることができたものではない。

(3) 申立理由A2−6についてのまとめ
上記(2)のとおりであるから、申立理由A2−6は、その理由がない。

7 申立理由A2−7(甲第A7号証を主たる証拠とする進歩性)について
(1) 甲第A7号証の記載事項等
ア 甲第A7号証の記載事項
2018年2月に製造され、ニュージーランドで販売され、2018年9月にデータとして登録・掲載されたMintelの商品データベース内のデータを表示したものである甲第7号証には、「Asahi Dry Zero」に関し、次の記載がある。








イ 甲第A7号証に記載された発明
上記アの記載、特に、成分に関する記載を中心に整理すると、甲第A7証からは、次の発明が公然実施されていたものと認める。

「Fibres(Dietary)、大豆ペプチド、ホップ、フレーバー、acidulant、カラメルI(着色料)、ビタミンC(酸化防止剤)、アセルスファムK(甘味料)を含有する、ノンアルコールビールテイスト飲料。」(以下、「甲A7発明」という。)

(2) 対比・判断
ア 本件特許発明1について
(ア) 対比
本件特許発明1と甲A7発明とを対比する。
甲A7発明の「ノンアルコールビールテイスト飲料」は、本件特許発明1の「ビールテイスト飲料」に相当する。
また、甲A7発明の「カラメルI(着色料)」は、本件特許発明1の「カラメルI類」に相当する。
してみると、両者は、
「カラメルI類を含有する、ビールテイスト飲料。」
で一致し、次の点で相違する。

(相違点A7)
ビールテイスト飲料において、本件特許発明1は「増粘性多糖類及び界面活性剤からなる群より選択される少なくとも1種の起泡剤と、を含有し、前記起泡剤が、アルギン酸類、オクテニルコハク酸デンプン及びグリセリン脂肪酸エステルからなる群より選択される少なくとも1種である、」と特定するのに対し、甲A7発明にはそのような特定がない点。

(イ) 判断
甲A7発明のノンアルコールビールテイスト飲料に含まれるものの中に、相違点A7に係る本件特許発明1の特定事項に相当する剤はない。
また、甲A7発明は上市された製品であり、その組成を変更する動機付けはない。
すると、甲A7発明において、相違点A7に係る本件特許発明1の特定事項を満たすものとすることは、当業者が容易なし得たことではない。
したがって、本件特許発明1は、甲A7発明に基いて当業者が容易に発明をすることができたものではない。

(ウ) 特許異議申立人Aの主張について
特許異議申立人Aは、上記相違点A7に関し、甲第A1号証ないし甲第A6号証、甲第A23号証及び甲第A24号証をあげつつ、甲A7発明において、起泡剤として周知のアルギン酸類、オクテニルコハク酸デンプン又はグリセリン脂肪酸エステルを用いることは、当業者の通常の創作能力の発揮にすぎない旨主張する(特許異議申立書A p.115-116)。
しかしながら、上記(イ)のとおり、甲A7発明は上市された製品であるから、当該製品の組成を変更する動機付けがあるとはいえない。
したがって、上記特許異議申立人Aの主張は採用できない。

イ 本件特許発明2及び3について
本件特許発明2及び3は、本件特許発明1の全ての特定事項を有するものである。
そして、本件特許発明1は、上記アの検討のとおり、甲A7発明に基いて当業者が容易に発明をすることができたものではないから、本件特許発明2及び3もまた、甲A7発明に基いて当業者が容易に発明をすることができたものではない。

(3) 申立理由A2−7についてのまとめ
上記(2)のとおりであるから、申立理由A2−7は、その理由がない。

8 申立理由B1−2(甲第B2号証を主たる証拠とする進歩性)について
(1) 甲第B2号証の記載事項等
ア 甲第B2号証の記載事項
甲第B2号証には、「非発酵ビールテイスト飲料及びその製造方法」に関し、次の記載がある。

「【請求項1】
ポリフェノールの総含有量が100ppm以上であり、濁度が2EBC°以下であることを特徴とする、非発酵ビールテイスト飲料。
・・・
【請求項6】
サポニン、アルギン酸エステル、アカシアガム、キサンタンガム、及びグァーガムからなる群より選択される1種以上からなる気泡素材を含有する、請求項1〜5のいずれか一項に記載の非発酵ビールテイスト飲料。」

「【技術分野】
【0001】
本発明は、ポリフェノールの総含有量が高いにもかかわらず、清澄で光沢ある外観を有する非発酵ビールテイスト飲料、及びその製造方法に関する。」

「【発明が解決しようとする課題】
【0007】
本発明は、ポリフェノールの総含有量が高いにもかかわらず、清澄で光沢ある外観を有する非発酵ビールテイスト飲料、及びその製造方法を提供することを目的とする。」

「【0011】
本発明及び本願明細書において、非発酵ビールテイスト飲料とは、発酵工程を経ずに製造され、アルコール含有量に関わらず、ビールと同等の又はそれと似た風味・味覚及びテクスチャーを有し、高い止渇感・ドリンカビリティーを有する発泡性飲料である。すなわち、本発明に係る非発酵ビールテイスト飲料は、アルコール飲料であってもよく、アルコール含量が1容量%未満であるいわゆるノンアルコール飲料又はローアルコール飲料であってもよい。非発酵ビールテイスト飲料としては、具体的には、発泡酒、ローアルコール発泡性飲料、ノンアルコールビール等のビールテイスト飲料が挙げられる。その他、発酵工程を経ずに製造された飲料を、アルコール含有蒸留液及び炭酸ガスと混和して得られたリキュール類であってもよい。アルコール含有蒸留液とは、蒸留操作により得られたアルコールを含有する溶液であり、スピリッツ等の一般に蒸留酒に分類されるものを用いることができる。」

「【0027】
ビールテイスト飲料において、泡品質は重要な外観品質である。ビールの泡は、主に麦芽由来の気泡性タンパク質によるものであり、ペプチド等の含窒素化合物の含有量が少ないビールテイスト飲料は、気泡性タンパク質の含有量も少ないため、ビール様の泡が立ちにくい場合がある。このため、本発明に係る非発酵ビールテイスト飲料は、窒素を含有していない気泡素材を含有することが好ましい。窒素を含有していない気泡素材としては、サポニン、アルギン酸エステル、増粘多糖類等が挙げられる。本発明に係る非発酵ビールテイスト飲料としては、サポニン、アルギン酸エステル、アカシアガム、キサンタンガム、及びグァーガムからなる群より選択される1種以上からなる気泡素材を含有することが好ましい。」

「【0030】
本発明に係る非発酵ビールテイスト飲料は、本発明の目的を損なわない範囲において、酸類、酵母エキス、香料、着色料、苦味料、香草等の原料を含有することができる。酸類としては、乳酸、クエン酸、グルコン酸、リンゴ酸、酒石酸、フマル酸、コハク酸、アジピン酸、フマル酸等の有機酸や、塩酸、リン酸等の鉱酸、及びこれらの塩類が例示できる。香料としては、モルトフレーバー、ホップフレーバー、ビールフレーバー、アルコールフレーバー、カラメルフレーバー等を挙げることができる。着色料としては、カラメル等が挙げられる。」

「【0050】
[実施例3]
10gの難消化性デキストリン(松谷化学社製)、0.025gのアセスルファムK、0.3gのカラメル、0.7gのリン酸、0.5gのクエン酸ナトリウム、飲料中の最終イソα酸含有量が0.005gとなる量のホップ、リンゴ由来ポリフェノール、及び表4に記載の気泡素材を混合した混合物を、1Lになるように水でメスアップし、1時間煮沸を行った後、蒸発分の水を追加し、液中に炭酸ガスを吹き込むことで炭酸ガスを2.9ガスボリュームとなるように溶解させて、飲料中の総ポリフェノール含有量が1500ppmである12種類の非発酵ビールテイスト飲料を得た。ホップ及びリンゴ由来ポリフェノールは、参考例1で用いたものと同種のものを用いた。アルギン酸エステルはキミロイドBF(KIMICA社製)又はBiofoamK(KERRY社製)を、アルギン酸エステルとアカシアガムの混合品はBiofoamAT(KERRY社製)を、ポリデキストロースはライテスII(ダニスコ社製)を、大豆ペプチドはハイニュート(不二製油社製)を、大豆多糖類はソヤファイブ(不二製油社製)を、大豆サポニンはソイヘルスSA(不二製油社製)を、キラヤサポニンはキラヤニンC100(丸善製薬社製)を、キサンタンガムはティカンタンガムSD−L−W(TIC GUM社製)を、グァーガムはビストップD−2029(三栄源FFI社製)を、メチルセルロースはMCE15(信越化学工業社製)を、ヒドロキシプロピルメチルセルロースはSE6(信越化学工業社製)を、それぞれ使用した。小麦ペプチド及び酵母マンナンも、それぞれ市販品を使用した。
【0051】
得られた12種類の非発酵ビールテイスト飲料のコク、ボディ感、及び濁りについて、参考例1と同様にして評価した。また、これらの非発酵ビールテイスト飲料の泡品質を、ビール類専門パネル3名により評価した。評価結果を、配合した気泡素材及びその濃度と共に表4に示す。表4のコク、ボディ感、及び泡品質の評価中、「◎」は非常に良い、「○」は良い、「△」は普通、「×」は良くない、を意味する。また、濁りの評価は、濁度が2EBC°以下を「○」、2EBC°超を「×」とした。
【0052】
【表4】

【0053】
この結果、気泡素材としてサポニン、アルギン酸エステル、アカシアガム、キサンタンガム、及びグァーガムを用いた非発酵ビールテイスト飲料では、気泡素材を配合しないものよりも泡品質が改善されており、かつ濁りもなく清澄であった。特にキラヤサポニンを用いることにより、混濁無く泡品質を向上させることができた。」

イ 甲第B2号証に記載された発明
上記アの記載、特に実施例3の記載を中心に整理すると、甲第B2号証には次の発明が記載されているものと認める。

「難消化性デキストリン(松谷化学社製)、アセスルファムK、カラメル、リン酸、クエン酸ナトリウム、ホップ、リンゴ由来ポリフェノール、及び起泡素材としてアルギン酸エステルを原料として得られた非発酵ビールテイスト飲料。」(以下、「甲B2発明」という。)

(2) 対比・判断
ア 本件特許発明1について
(ア) 対比
本件特許発明1と甲B2発明とを対比する。
甲B2発明の「非発酵ビールテイスト飲料」は、本件特許発明1の「ビールテイスト飲料」に相当する。
また、甲B2発明の「カラメル」は、本件特許発明1の「カラメルI類」のうち、「カラメル」の限りにおいて一致する。
さらに、甲B2発明の「アルギン酸エステル」は「起泡素材」として添加されているものであるから、本件特許発明1の「増粘性多糖類及び界面活性剤からなる群より選択される少なくとも1種の起泡剤と、を含有し、前記起泡剤が、アルギン酸類、オクテニルコハク酸デンプン及びグリセリン脂肪酸エステルからなる群より選択される少なくとも1種である、」との特定事項を満たす。
してみると、両者は、
「カラメルと、増粘性多糖類及び界面活性剤からなる群より選択される少なくとも1種の起泡剤と、を含有し、
前記起泡剤が、アルギン酸類、オクテニルコハク酸デンプン及びグリセリン脂肪酸エステルからなる群より選択される少なくとも1種である、ビールテイスト飲料。」
で一致し、次の点で相違する。

(相違点B2)
ビールテイスト飲料に含まれるカラメルについて、本件特許発明1には「カラメルI類」と特定されるのに対して、甲B2発明にはそのような特定がない点。

(イ) 判断
上記相違点B2について検討する。
甲第B2号証の全ての記載をみても、甲B2発明の「カラメル」は、具体的に何か明らかにされていない。
また、甲第B2号証及び他の全ての証拠の記載をみても、甲B2発明において、起泡剤と組み合わせて「泡の見た目がより白い」ものとするために、「カラメル」として「カラメルI種」とする、すなわち、相違点B2に係る本件特許発明1の特定事項を満たすものとする動機がない。
したがって、本件特許発明1は、甲B2発明に基いて、当業者が容易に発明をすることができたものではない。

(ウ) 特許異議申立人Bの主張について
特許異議申立人Bは、相違点B2について、おおむね1(2)ア(エ)と同旨の主張をするが、同様の理由により、その主張を採用することができない。

イ 本件特許発明2及び3について
本件特許発明2及び3は、本件特許発明1の全ての特定事項を有するものである。
そして、本件特許発明1は、上記アの検討のとおり、甲B2発明に基いて当業者が容易に発明をすることができたものではないから、本件特許発明2及び3もまた、甲B2発明に基いて当業者が容易に発明をすることができたものではない。

(3) 申立理由B1−2についてのまとめ
上記(2)のとおりであるから、申立理由B1−2は、その理由がない。

9 申立理由A3及びB2(サポート要件)について
(1) サポート要件の判断基準
特許請求の範囲の記載が、サポート要件に適合するか否かは、特許請求の範囲の記載と発明の詳細な説明の記載とを対比し、特許請求の範囲に記載された発明が、発明の詳細な説明に記載された発明で、発明の詳細な説明の記載により当業者が当該発明の課題を解決できると認識できる範囲のものであるか否か、また、その記載や示唆がなくとも当業者が出願時の技術常識に照らし当該発明の課題を解決できると認識できる範囲のものであるか否かを検討して判断すべきものである。

(2) サポート要件についての判断
本件特許発明の課題(以下、「発明の課題」という。)は、「泡の見た目が他のカラメル(例えばカラメルIII類)を配合させた場合と比べて、より白いビールテイスト飲料を提供すること」(【0004】及び【0005】)である。
そして、本件特許の明細書の発明の詳細な説明には、「本発明者らは、所定の起泡剤を含むビールテイスト飲料において、カラメルI類を配合させた場合に、他のカラメル(例えばカラメルIII類)を配合させた場合と比べて、泡の見た目がより白くなることを見出した」(【0004】)こと、「本発明は、カラメルI類と、増粘性多糖類及び界面活性剤からなる群より選択される少なくとも1種の起泡剤と、を含有する、ビールテイスト飲料を提供する」(【0006】)こと、「本発明に係るビールテイスト飲料は、カラメルI類と所定の起泡剤とを含有するため、泡の見た目がより白くなっている」(【0006】)ことが記載され、カラメルと特定の気泡剤を含むビールテイスト飲料において、カラメルとして、カラメルI類、カラメルIII類を用いた実施例・比較例の記載もある(【表3】及び【表4】)。
してみると、当業者であれば、「カラメルI類と、増粘性多糖類及び界面活性剤からなる群より選択される少なくとも1種の起泡剤と、を含有する、ビールテイスト飲料」との事項を満たすことにより、発明の課題を解決できるものと認識できる。
そして、本件特許発明1ないし3はいずれも、上記の発明の課題を解決できると認識できると特定事項を全て有し、さらに限定するものであるから、当然、発明の課題を解決できると認識できる。
よって、本件特許発明1ないし3はいずれも、特許法第36条第6項第1号に規定する要件に適合する。

(3) 特許異議申立人A及びBの主張について
特許異議申立人Aは、解決しようする課題を解決できるといえる作用機序の説明がないこと、カラメルI類であっても、カラメルIII類のものより色調が暗いものもありうることなどをあげ、本件特許発明はサポート要件を満たしていない旨主張する。
しかしながら、甲第A22号証で示されているのは、あくまでカラメルそれ自体の色であって、飲料の泡の色ではない。
また、カラメルI類のもので具体的に発明の課題を解決しないことを示す証拠が示されているものでもないから、特許異議申立人Aの当該主張は何れも採用しない。

また、特許異議申立人Bは、実施例のサンプルによっては、カラメルIII類を用いた例よりも色度が高いものが示されていること、カラメルI類の含有量の規定がないことなどをあげ、本件特許発明はサポート要件を満たしていいない旨主張する。
しかしながら、特許異議申立人Bが実施例に関して主張する点は、そもそもカラメルの種類以外の条件も異なるものであるから比較されるべきものではない。
また、カラメルI類の含有量についても、条件を揃えた際には定性的な効果が発現するであろうことは、当業者であれば理解できるから、特許異議申立人Bの当該主張は何れも採用しない。

(4) 申立理由A3及びB2についてのまとめ
上記(2)及び(3)のとおりであるから、申立理由A3及びB2は、何れもその理由がない。

第5 結語

以上のとおりであるから、特許異議申立人A及びBが提出した特許異議申立書に記載した特許異議申立理由によっては、本件特許の請求項1ないし3に係る特許を取り消すことはできない。
また、他に本件特許の請求項1ないし3に係る特許を取り消すべき理由を発見しない。
よって、結論のとおり決定する。
 
異議決定日 2023-07-07 
出願番号 P2018-100891
審決分類 P 1 651・ 121- Y (A23L)
P 1 651・ 537- Y (A23L)
P 1 651・ 113- Y (A23L)
最終処分 07   維持
特許庁審判長 加藤 友也
特許庁審判官 植前 充司
三上 晶子
登録日 2022-10-03 
登録番号 7152189
権利者 サッポロビール株式会社
発明の名称 ビールテイスト飲料  
代理人 長谷川 芳樹  
代理人 坂西 俊明  
代理人 福島 直樹  
代理人 清水 義憲  

プライバシーポリシー   セキュリティーポリシー   運営会社概要   サービスに関しての問い合わせ